2018年01月20日

ユラ逝く

C5E83750-5067-41E5-8C41-D1D385814A8B.jpeg

アンジの母ユラが12歳の生涯を閉じました。
昨年から肝臓の病気で療養していましたが力尽きました。
立ち上がれなく、食べられなくなってから2日でしたのでユラらしい最期でした。
4年前に亡くなった先代ブリーダーさんの命日の週と重なったのも運命的なものを感じます。

犬は親を見て選べと言いますが、
最初に犬を飼うときは人はむしろ運命的な出逢いに導かれることが多いです。
かくいう我が家もブリーダーさんで成犬アンジを見初めた訳で
当時はには母が誰かだとか、血統などは考えも及ばず、むしろそういう事に抵抗感さえ感じていました。

しかし物言わぬ我が犬が体現するその血統に興味を寄せてみると
知る由もなかった歴史と繁殖者の情熱が注がれた命である事に感動するばかり。

7232F3D3-4D0A-46DA-BCDD-E7587F82C077.jpeg
ユラ左

アンジ家ものちになってアンジの父母と逢える機会があり
また別の視点から我が犬を捉えられたり、ウエスティ犬種への興味を深められたのも思わぬたのしみでした。

62E597DF-0660-4F4E-A9C9-54735433AB1F.jpeg

特に母親は別格です。お乳をもらい躾を受ける絆は特別な存在です。
ユラは家族と群れに囲まれて幸せな犬生を送りました。
そして命のバトンをもらったアンジはそのバトンを次世代に渡す事も出来ました。

63B1C476-142C-44CA-8F00-82E77A39CFE4.jpeg
最後の写真

ユラ、さようなら
アンジを産んでくれてありがとう。
淋しいけれどつないだ命は守っていくから。
夢で逢いに行くから待っててね。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!
posted by Angie Mom at 19:00| Comment(1) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers