2019年10月15日

ウエスティ VS ケアン

79706F80-1A92-49D9-949F-406392387FDA.jpeg


ウエスティの飼い主なら、ウエスティはケアンから派生したという説はご存知かもしれません。
白犬と云いながら、背中が小麦色だったり、時々黒い毛が生えたり、
それらをケアンへの「先祖返り」と云ったりします。

しかし、ウエスティとケアンでは犬種的な共通点はテリアであることと構成ぐらいで
気質は随分と違うそうです。
先日、その2つの犬種を比較した記事があったのでご紹介します。


D5AB75A5-4D1C-48B5-9A27-2CA84B681EF4.jpeg
ーーーーー

ケアンはブリンドル、黒、クリーム、タン、ウイートンという色の種類がありウエスティに似ていますが犬種スタンダードには違いがあります。
ウエスティは、見た目、洗練されていてグルーミングにも定型がありますが、ケアンの場合はそれほど精緻でなく野趣あふれ自然な見た目が重要で、精緻なグルーミングは要らず、スポーティで構成に合わせてぐらいで良い。

では気質はというと両犬は全く似ていません。

ウエスティは頑固なテリア犬ですが、ある意味、行動の予見が可能で、大胆で面白みがあり、頑強でいつでも行動を起こす準備が出来ており、ちょっと風変わりなるも、犬種としては安定しています。

D1788B26-47C7-438B-83F8-E813E8DE1036.jpeg
確かに動きはぎこちない

ところがケアンは一言で言うなら、弾けたウエスティです。ケアンはクレージーで、体躯はウエスティより少し大きいですが、ケアンのハッピー度はウエスティの比ではありません。より大胆で恐れ知らずでその行動は正確です。ウエスティは大胆でも若干ぎこちないですが、ケアンは大胆で精緻です。ウエスティは獲物がいたらとりあえず追いますが、ケアンは匂いを取り、目視し、そして仕留めます。ケアンにとって全てはゲームでゲームになり得ないと退屈してしまいます。ケアンのいるおうちはいつのまにか彼らが作り上げたテーマパークと化しています。

ウエスティのショーリングは見栄えがして、それぞれのウエスティが集中し、素晴らしいコンディションでショーイングされますが、ケアンのショーは想像を超えます。ケアンもトップコンディションですが、必ず楽しむことを忘れません。 ヘリコプターのように回る尻尾、ジャンプ、活き活きと飛び跳ね、吠え、鳴き、チェストバンプをします。
彼らにとっては全てがゲームなのです。

原文はこちら  


ウエスティのオーナーさんの中にはケアンと一緒に飼っておられる人もいますが、さて気質の違いは見て取れるでしょうか。
なかなかケアンに会う機会のないわたしは参考になりました。


posted by Angie Mom at 18:06 | Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers