2012年10月09日

Angels calling -天使の声

hailey.jpg

わたしがヘイリーの事を知ったのは一枚の写真だった。 
ウエステイの写真はよく見るけれど
歩行補助機をつけたこの愛らしい女の仔の写真は印象深かった。

南オーストラリアで暮らしていたヘイリーは
お産も数度経験し、幸せな生活を送っていた。
ところが二年ほど前から病気で後ろ足が立たなくなった。
しかし飼い主がアメリカから取り寄せたピンク色の歩行補助機で
再び元気に動けるようになった。

その後、ヘイリーは障害に負けず明るい犬生を送り
ウエステイレスキューのチャリティーマスコットとして
活動していた。

この写真は同じくチャリテイー活動をしているデザイナーによる
犬用のコスチュームのモデルとなった一枚だった。

誰かが呼んでいるのだろうか
体がよじれるほど上を見上げている。
半身不随になっても、このような一瞬の仕草から
ヘイリーの機敏で勇敢な性格がうかがわれる。

わたしを魅了したこの写真が公開された6日後に
ヘイリーが虹の橋を渡るとはその時は知る由もなかった。
飼い主の方が公開したヘイリーの追悼写真には
涙が階段になり思い出が途になるなら、すぐに天国に行ってあなたを連れ帰ろう
とメッセージが添えられていた。
 
今週旅先で、上の写真がジグソーパズルになり
オーストラリアのオークションに出品されたことを知った。
落札額はウエステイレスキュー団体へ寄付されるとの事だった。

そのパズルには題名がつけられていてわたしははっとした。
Angels Calling  天使の呼び声
ヘイリー、あなたがあの時聞いていたのは 
あなたを迎えにきた天使の呼び声だったの?

わたしはこのヘイリーのジグソーパズルを落札しました。

逢う事も時間を共有することもなかったけれど
犬として普通に自然に生きて
障害を超えてその愛らしさと強さと勇気を周りに与え
12歳半で天に召されたヘイリー
何よりも飼い主と共に幸せに暮らして
今もレスキューに貢献しているウエステイ

こんにちわ、そしてさようなら、 ヘイリー
It is my previledge knowing you
(あなたのことを知る事ができて光栄です)

IMG_1160.jpg 

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ 
posted by Angie Mom at 22:31| Comment(16) | 外国のワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers