2013年03月10日

クラフツ 2013

163286868.jpg
世界最大のドッグショー、クラフツに出陳されるウエス


3月7日木曜日 イギリス バーミンガム地方は雨、ブリードコンペテイションが行われました。

今年のジャッジは Mrs Britten
Hall 1 Ring 8、 ウエスはいつもRing8

ANIMALS+Cru_25.jpg


2万頭超のエントリーの中、海外遠征組は2000頭を越えました。
今年のウエス出陳数は155頭(雄は72頭、雌83頭)と 
2012年の117頭、2011年の 115頭でしたから今年は大幅増加と喜ばしい。
今年のベストオブブリードはカナダの犬でした。

ブリードスタンダードを強調する繁殖による健康被害と
それを助長するドッグショーが大きく批判された昨年に比べると
今年は記事やテレビ番組で同様の主張を見かけないのは
ドッグショーにおいて健康に対する人々の意識が高まったせいか
獣医師によるスクリーニングにひっかかりそうな犬は
ドッグショーに出なくなったせいでしょうか。

ドッグショーが中心のアメリカのウエストミンスターに比べて
クラフツは犬の祭典です。

ドッグショーはその一部で、
アジリテイー、オビーデイエンス、フライボール、
セラピー犬、レスキュー犬活動、介助犬など
さまざまなコンペテイションやデモンストレーションと
楽しいだけなくエデュケーショナルなイベントであることに
とても魅力を感じます。



IMG_7886.jpg

このひとはすっかり元気になりました。

散歩中にアンジ地方も煙霧の嵐発生!
大急ぎで帰宅し、飼い主と共にシャワーを浴びて
みんなで昼寝の午後です。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーーよろしければ足跡クリックを。
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)


posted by Angie Mom at 16:03| Comment(2) | 外国のワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers