2013年03月16日

ホールドッグジャーナルの2013年ドライフードレビュー (長文ご注意)

IMG_7912.jpg

ごはんを食べた後は、ソファーでまったり


ご訪問有り難うございます。


犬を飼って初めて購読を始めたのが、Whole Dog Journal。

犬用のフード、トレーニング、健康についての記事を集めたアメリカの雑誌です。

何よりこのジャーナルは、毎年独自の評価基準で市場のドッグフードを審査して

トップクオリテイーのフードの推奨リストを発表していることで有名です。

 

アンジには本当は生食を与えたいのですが、栄養バランスの難しさと手間から、

平日は良質なドライフードをこのリストから選んでやっています。

このジャーナルが良質ドッグフードの推奨リストを公開しはじめたのは16年前。 

著者によると、当時、推奨リストに載せるに値するフードは少なく、

トップクオリテイーのフードを製造していたのは名の知られてない小さい会社で、

市場に出回っていたフードのほとんどは、加工した肉、骨、動物性脂質で出来ており、

消費者に親切ではなく、

犬の健康のための活動家の書いた雑誌などは 歯牙にもかけないといった態度で、

高品質のフードを製造している会社でさえ、成分の開示には消極的であったとのことです。

 

わたしはこの数年推奨リストを見ていますが、 今年のリストにはある変化に気がつきました。 

というのは市場シェアの高い大手メーカーのフードが初めて推奨リストに載ったからです。 

これはドッグフード業界自体の製品の質があがりつつあることを意味します。

 

今ペットフード業界で、ホリステイック、ナチュラル、スーパープレミアムといった

フードの市場規模は高い成長率を記録し、

ペットフード業界の成長率よりも伸び幅が高くなっています。 

そこに大手メーカーが目をつけないはずはなく、Hill’s Pet Nutrition,  Eukanubaも

ようやくこのジャーナルの基準を満たすフードを作るようになりました。


最新の同ジャーナルに、推奨フードの選び方のヒントがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


Tip#1  可能な限り個人独立経営のペットショップで買うこと。個人経営の方が、スタッフも製品知識があり親切である。

眼鏡、ルーペを持参すること。 小さい文字をきちっと読まねばなりませんから。

ー 成分表 (成分が量の多い分に書かれている)

ー 分析保証 (蛋白質、資質、穀物、水分、他の最小限量の記載)

ー 消費期限 製造日と両方記載されていると望ましい

ー AAFCO statement フードが完全でバランスが取れているというステートメント


良質なフードを見分ける時に留意する事:

ー 動物性蛋白質が何の肉かも含めて最初に記載されていること

ー チキン、ビーフ、ラムのように何の肉か記載されていること。 肉や家禽類などの記載ではいけない

ー 新鮮な肉が最初に記載されている場合は、別の動物性蛋白食が副食として記載されているのを確認すること。新鮮な肉は水分が多いので通常副食の蛋白質が3番以内に補充されている。

ー 加工処理されていない野菜、果物、穀物が入っていることがビタミン、酵素、抗酸化成分の点で望ましい。 ひとつやふたつの加工品(トマト汁など)は仕方ないがそれ以上入るのは望ましくない。

ー 賞味期限まで6ヶ月あること。1年近くあるともっと良い。人口保存料 (BHA, BHT)が入っていると製造日から2年ぐらいあるので注意。


注意する成分:

- Meat by-products or poultry by-products. 加工肉、家禽類の肉などの記載。

- A “generic” fat source such as “animal fat.”  動物性資質という記載。

- Added sweeteners. 甘味料

- Artificial colors, flavors, or preservatives (i.e., BHA, BHT, ethoxyquin).  着色料、味付け、保存料。トコフェノールのような自然の保存料は良いが、長く保存は出来ない。


個々人の工夫:

フードを変えるのには慣らすてめに時間がかかる。

ほとんどの犬はフードを変えるほど消化器は発達する。

数ヶ月ごとにフードスイッチを推奨する。

フードを変えるとアレルギーの発生を押さえるし、時間をかけて栄養バランスが取れる。 

同じものだけを食べ続けるとミネラルのレベルが固まってしまう可能性がある。


最後に犬をよく観察して、どんな影響があるか見ておく事。 

成分パネル表を切り取ってカレンダーに貼っておきましょう。そして微調整をしていきましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさんもこれを機会に、わんのフードの成分を確認してみては如何でしょう。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーーよろしければ足跡クリックを。
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)

posted by Angie Mom at 22:53| Comment(0) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers