2013年09月15日

さらばウエストハイランド

IMG_0990.jpg
Fife  Pittenweemにて


ご訪問有り難うございます。

スコットランド旅の最後は、東部エジンバラに入りますが市内はスキップして
スコテイッシュケンネルクラブのドッグショーに行く事にしていました。


IMG_9391.jpg

会場はエジンバラ空港近くだったため、宿泊は近隣のエアポートホテル。
これまでのB&Bやカントリーホテルと違って、高いのに無機質な宿でしたが仕方ありません。


IMG_9536.jpg
ドッグショーのカタログ

IMG_9538.jpg

中身はこのようになっており
クラス別に勝者を見学者が書き込んでいきます。

結果が分からなくなったり、見逃した場合には

IMG_9526.jpg

リング横のボードに張り出されます。

IMG_9519.jpg

今年のクラフツのテリアグループ戦を制したのはスカイテリアでした。
確か、英外交官と共に最初に日本に来たテリアはスカイテリアでした。
当時の日本人はこの黒い長毛犬を見て
悪魔と見間違ったかもしれませんね。
迫力のスカイテリアでした。

IMG_9465.jpg
BOBはこちら

インターナショナルなロンドンや
世界中からスペクテイターが訪れるクラフツと違って
アジア人はわたしとアンジパパだけでしたが
ウエステイの犬種を愛でるという共通項で
いろいろな人とお話したり知り合えることができました。

イギリスから日本に入っている犬舎のことなど、日本の事情もみなさんよくご存知で
ウエステイオーナーだというと、どのライン?とも聞かれました。

IMG_9078.jpg
スコットランドのシンボル あざみ

帰国してほぼ三週間が経ちますが、今でもまだ旅の興奮が冷めません。
旅先で出逢った、お名前も分からない人、わん達、ウエステイオーナーさん。

そしてなによりもこのウエステイをはぐくんだスコットランドの自然を体感できて
とても良い旅になりました。

勇気を出して出たこの旅のきっかけをくれたのはアンジです。

IMG_1049.jpg
アンジ

アンジの見た事のないウエスの故郷に赴き、歴史だけでなく
マルコム大佐が後世に残したかったウエステイへの想いは
この地を訪れてみて少しだけ分かったような気がしました。


IMG_0938.jpg

さらばウエストハイランド、また逢う日まで。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーー 足跡クリックをお願いします。
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)

posted by Angie Mom at 20:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers