2013年10月30日

BBC 犬の不思議 ワンダーオブドッグズ(備忘録)

IMG_9847.jpg
ユーカリドッグラン

ご訪問有り難うございます。

この夏、BBCのテレビ番組、The wonder of Dogs を興味深く見ました。
BBCと言えば数年前に犬の乱繁殖による健康被害をテーマとしたPedigree Dogs Exposedという
衝撃的なドキュメンタリーが記憶に新しいですが
今回の番組は、犬の歴史と生態を楽しく解説する番組です。

オックスフォードにあるブライドウエルという1500人の町に暮らす120匹の犬を集めて
さまざまなゲームやテストをしながら
犬種別の能力の差異や、犬の特徴を楽しく解き明かしていきます。

その中で学んだことを備忘録としてまとめますが
YOUTUBEでも見られますので、ネタバレが嫌な方はどうぞ読み飛ばしてください。

p01hjb9l.jpg


三回シリーズのこの番組でわたしは初めて

ポインターが獲物をポイントする図
同じ猟犬のスプリンガースパニエルが走り飛ぶ図 
そしてヨークシャーテリアがヨークシャーの紡績工場でネズミを捕る図
を見て
イギリスの犬は100年前までは人間のために仕事をするために繁殖されていたことを
今頃になって知りました。

その使役犬も、今ではすっかりコンパニオンドッグ(家庭犬)になり
純血種を飼う飼い主も、見た目以外の犬種の知識をもたなくなっています。

わが犬ウエステイにも昔は害獣の駆除という仕事があったことは聞き及ぶのみで
その気質や本能を使う事がない現代のウエステイがちょっと不憫にも思えました。


以下は自分が学んだ内容のサマリ:

エピソード1

同じ種で体の大きさが10倍以上も違う動物はほ乳類では他におらず
犬が多様性に富んでいる証左である。

ところがその多様性に富む犬はどれも骨の数は301個から成り立っていて(除くしっぽの骨)
チワワもグレートデーンも骨格は同じ。

姿形の違いは人間の場合はさまざまな遺伝子の組み合わせにによって起こるが
犬は差異を定義する遺伝子の数は少なく、
足の長さや体の大きさも、それぞれひとつの遺伝子にのみ制御されている。

15000年ほど前に狼が家畜化されたと言われているが
そのさまざまな形から、犬種別の能力など得手不得手はあり
泳ぎの得意な犬種 (ラブラドール、プードル)に比べて
四角い犬(ブルドッグ)や胴長の犬(ダックスなど)は一般に泳ぎが苦手。

小型犬が濡れた時にするブルブルは大型犬のそれよりもスピードが早く
その理由は小型犬が体熱を損なわないようなしくみ。

もともと労働者階級が地元のパブで犬を見せ合っていたドッグショーは
そのうちに中産階級のイベントとなり
John Henry Woshが、初めてポインターの標準型を
メージャーという犬に基づいて定めたのがスタンダードの始まり。

ビクトリア朝以降、それまで犬は犬種でなく仕事によって分類されていたが
ドッグショーが盛んになると犬を飼う事自体が流行し
コンパニオン(家庭犬)としての要素が強くなった。

エピソード2

犬の嗅覚力は犬種によって差異があり、マズルが長い犬ほど嗅覚が優れている。
人間の狩猟に役立つよう
獲物の前でフリーズしてポインテイングするポインターや
鳥を草むらから追い出すスプリンガースパニエル
もともと漁村で働いていたウオータードッグのラブラドールは水かきがあるし
ソフトマウス(獲物を傷つけずに持ち帰るため)の特徴が7代に渡る作出で実現。

これに対してテリアは、ハードマウスで
その小振りなので、獲物と対峙するより
発達した顎で獲物をしっかり喰わえて振り回し、殺す気質を備えている。
ヨークシャーテリアは、産業革命以降のヨークシャーにある紡績工場で
ウールの油を食すネズミを狭い機械の裏手に入って捕るテリアとして繁殖される。

それ以外にも聴覚に優れた犬(コリー)や
羊追いに優れた犬(ボーダーコリー)など特別な資質を繁殖によって強調され犬種が確立。

それぞれ能力に違いはあれどすべての犬種に共通してみられるのは
人間を喜ばせたいという欲求であり
人間を慰める能力はセラピードッグなどに活用されている。

IMG_9894.jpg

感想
これまでウエステイの気質や能力について考えた事がありませんでした。
現代ではもはや仕事をしなくなった家庭犬の眠った能力を呼び覚ますためにも
仕事に代わる楽しい刺激や興奮、喜びを与えてやりたいと思います。

以上
(エピソード3は割愛)



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ よろしければ足跡クリックをどうぞ
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)


posted by Angie Mom at 20:54| Comment(2) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

理想のドッグショー

IMG_1318.jpg

 

先日、某クラブの秋季本部展を見学する機会がありました。

こちらのクラブは何十年にも渡るクラブ活動とドッグショーを催行しています。

 

スコッチテリアはウエステイと共にスコットランドを代表するテリアで

ウエステイと同じく新犬籍登録が減少している犬種ですが
違いはいまだ単犬種クラブがいくつかあって
こちらのクラブも地道なクラブ活動と
犬種の知識や情報を得られる機会を会員に提供しています。

このクラブのドッグショーはJKCの認定のカードにはつながりませんが
ドッグショーはとても印象深いものでした。

IMG_1338.jpg

生憎の天候で出陳数は限られたといいながら7頭も集まり
オーナーハンドラーがショーイングします。
素晴らしいのは、チャンピオンタイトルを持っている犬も出陳されていたり
5歳以上の犬も多く参加していていたことです。

つまり若くしてチャンピオン犬となったら引退して終わりではなく
オーナーも見学者も、長〜くその犬を参考犬として楽しめるのです。

ショー会場の真ん中には、年季の入ったトリミング台(といっていいのか)が置かれています。

IMG_1311.jpg

このトリミング台はきっと何十年にも渡って

何百というスコッチテリアが乗ったであろう歴史を感じさせます。

そしてショーが始まり驚いたのは、
審査にかける時間がとてもとても長いことでした。

IMG_1339.jpg

数分歩いて終わってしまうJKCの審査と違い

何度も歩いたり、犬同士を挨拶させたり、オーナーとお話したりしながら

審査は延々と続きます。


多頭出陳の場合、オーナーが両方の犬をハンドリングできない場合もあり

人に頼むにしても、オーナーとは歩容が異なるわけですが

このドッグショーの審査はそのような表面的な審査だけでなく
犬の資質を真に見出す真摯なものでした。

それだけなくなによりも素晴らしいのは
オーナーにとってもっとも大事な評価のフィードバックが
審査員から寄せられることです。
トリミングなのか、歩容なのか、ハンドリングなのか、体型なのか
勝った理由、負けた理由は分からないながら一喜一憂する
一般のドッグショーとは違い
オーナーへのフィードバックはとても参考になり、また励みになる重要な点です。

うちの仔の良いところはどこなのか、改善点はどこなのかを第三者の評価として知り得ることこそが
ドッグショーの原点であるのだなと感じました。
そしてショーの途中では、見学者も参加して
好きな犬、トリミングが綺麗な犬、一番かわいい犬を選ぶゲームなどもあり
見学者も参加して楽しめる和やかな会でもありました。

今回のドッグショー見学は
オーナーが無理せずに犬種を楽しめる世界があることを教えてくれました。
推測ですが、昔のドッグショーはこういうものだったのではないかと思います。
それが出陳数の増加などの変化と共に、
巷のドッグショーの形になっていったのでしょうか。

いずれにしても今回のようなショーを楽しまれるオーナーさんが羨ましく、
素敵なオーナーライフを見せていただきました。

IMG_1313.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ 足跡クリックをどうぞよろしく
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)


posted by Angie Mom at 19:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

ウエステイ テイファに捧げる In Memory of Westie Tiffa

テイファへ

風のように駆け抜けたあなたに捧げます。





にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ 
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)

posted by Angie Mom at 21:14| Comment(4) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

テイファの死を悼む

わたしは一週間ほど前から体調を崩しました。
早めに医者に行き薬ものみましたが、
普段にない疲労感に
アンジの散歩も距離を短縮せざるを得ないほど不調でした。

その頃、アンジの姉妹のテイファちゃんは入院していたそうです。

先週後半、旅の道中で
テイファちゃんの悲報を受け
茫然自失となり、溢れる涙を拭うことさえ出来ませんでした。


PB026783a.jpg


あなたの事を知ったのは3年前
そしてようやくアンジと共に逢えたのは5ヶ月前
ふたりとも無言だったけど
遠い記憶にあらがえない縁を感じたね

IMG_8303a.jpg


犬生の定めを受け入れて
遠くに離れていった姉妹

優しい家族からいっぱい愛情を受けて
あなたはたくさんの友達と過ごしたね

若くして難病を煩う運命を何故神様は与えたのか
みんなが回復を祈ったのに
それでも神様は何故に天に召したのか

遠くても一番近いあなたを失うのは
手足をもぎとられるようにつらいです
涙はいまだ涸れず
あなたのいない世界は
太陽も空も緑もすべて色褪せて見えます

IMG_0227a.jpg


アンジにはあなたのことを伝えました
アンジはわたしの涙と声にならない声に
耳を立てて顔を覗き込むようにして聞いていました

惜しまれて逝ったテイファ
美しいウエステイだったテイファ
皆から愛されたテイファ
アンジのたったひとりの姉妹のテイファ

IMG_8311a.jpg


あなたと今生で逢えて良かった
もっと仲良くなりたかったな
アンジと一緒に散歩したかったな

RIP(安らかに)なんて言いません
だってきっとあなたは今、天国でも元気に走り回っているはずだから

わたしたちを置いて行っちゃったけど
妹の事も忘れないで
待っていてね

いつかまたみんなで逢えるときまで

IMG_8382a.jpg





posted by Angie Mom at 21:44| Comment(2) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

おうちでマイクロバブル

ご訪問有り難うございます。

巷では皮膚疾患のあるわんにマイクロバブルバスが良いと聞きますが、
数ヶ月前に、ヘアーサロンの店長さんが、’マイクロバブルって知ってますか?’

’勿論、(犬のトリミングで)知っています’

店長さんがサロンで洗髪に試したらとても良かったので
店長さんのご自宅にも装備したというのです。
装備といってもシャワーヘッドを代えるだけ。

IMG_0660.jpg

信頼する店長さんのおすすめなので早速分けてもらい
家で試してみました。

まず人間には、洗髪や洗顔、お風呂では、今までのシャワーとは明らかに
汚れ/皮脂の落ちる度合いが違うのか清涼感があるし
マイクロバブルが水分浸透しているのでしょうか
肌は翌日もスベスベです。アンジパパにも好評。

次にアンジのシャンプーにも使ってみると
なるほど洗い上がりが良くいつもに増してフワフワになりました。
今では足が泥だらけになった時、石けんを使わない足の水洗いにも利用しています。

IMG_0666.jpg

この夏訪れたエジンバラのドッグショーでは
オーナーさんが、ウエステイは洗わない方が良いと異口同音に言っていて
薄汚れて出陳されているウエスも多く見ましたが、それはあくまでも寒冷地でのこと。

人間でさえ乾燥したイギリスから日本に帰国するだけで
肌がしっとりするのを感じるぐらいですから
高温多湿の日本で暮らすわんのシャンプーの頻度があがっても自然でしょう。

しかし皮脂には皮膚バリアの機能もあるので
マイクロバブルでの洗い過ぎに注意すれば
わんの皮膚炎症にも効果ありではないかと思いました。


IMG_0673.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーー 足跡クリックをお願いします。
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)

posted by Angie Mom at 20:47| Comment(4) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

遠出

IMG_1150.jpg
日本のアザミ

IMG_1153.jpg
スコットランドのアザミより太っちょです。


ご来訪有り難うございます。

御用があって先週末は那須に行きました。
晴天の良き日でしたが、行きは東北自動車道の大事故による通行止めで
一般道を迂回してとても時間がかかり、
同乗のアンジにもちょっと負担だったかも知れません。

しかし現地では新鮮な空気と緑を楽しめました。
週末の那須で二日とも天気に恵まれました。

IMG_1166.jpg
緑のドッグランも楽しめました。

IMG_1175.jpg
テラスランチのテーブルの下で神妙に


気候もよくなりアンジの食欲も戻って来たので
楽しい秋を過ごしたいと思います。

IMG_1099.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーー 足跡クリックをお願いします。
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)


posted by Angie Mom at 20:03| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers