2014年01月30日

天空のひまわり

a0940_000037.jpg


先日の犬舎火災で犠牲となられた故人の死を悼み

ご遺族の方には心より哀悼の意を表します。


この犬舎はアンジの父方の実家で、故人には長年に渡りお世話になりました。

一オーナのわたしでさえ悲報に動揺し、悲しみが日々深まるのですから
ご遺族と関係者の方々の心中は察するに余りあります。

事故でご本人も犠牲になられ、故人が心血を注いで作出した多くの犬たちが失われたことは
ウエスティ界の大きな喪失であり
“日本のウエステイの一時代は終わった” と感じた方もおられましょう。

故人が日本中の犬舎と協力と競争を重ねて30年以上、
日本におけるウエスティブリーディングを黎明期から発展させた中心的存在であったことは

わが犬の6代血統書からもうかがわれます。


そのような日本有数の犬舎の事故は悲劇的で
ご遺族や関係者だけでなく
無力ながらもお役に立ちたいと現場に駆けつけずにはおれなかった

われわれオーナーも悲しみで胸が引き裂かれる思いです。

故人のみならず、往年の名傑犬も犠牲となり
我が仔の父母や兄弟を亡くされたオーナーさんもおいでと思います。

それにしても火災の際、
日本の消防法では人命救助活動は明記されていますが
ペットなどの命の救助は含まれていません。

以前から米国の市民運動で

地元の消防署にペット用の酸素吸入器を備えてもらったり

現場で救助された犬に消防士さんが自分の酸素マスクをあてがっている動画をみて

日本でもこのようなケアをしてもらいたいと思っていましたが

そのためには根幹の昭和61年の消防法が見直されないと

現場の消防隊も動けないそうです。


あまりにも大きな犠牲を強いた今回の事故から学べることがあるとすれば

こういった問題を今後意識していくことなのでしょう。


日本のウエスティの新犬籍登録数は2006年を最後に減少を辿るばかりです。
世代交代や廃業で閉じられた犬舎も多い中、今回の事故で
2014
年の新犬籍登録数は更に減るでしょう。

身を賭して日本発のウエスティ作出に努力された故人に
最大の敬意を表し

わが仔の命を紡いでくださり
ウエスティと人生を豊かに送る機会を下さったことに感謝し
プロだけでなくわれわれ愛好家も故人の意思を継いで

健全なウエスティが次世代に引き継がれるよう願わずにはいられません。


犬舎号でもあるひまわりは

咲き終えて花を落としたかも知れません。
潰えたかに見える種は小さくとも

きっと新たな命に繋がると信じています。

アンジを迎える時、

『この仔は素晴らしい仔です』の故人の言葉を

セールストークと内心思っていたわたしは

何年もしてからようやく

我が犬の健全性がわかったていたらくでした。

 

犬舎に連れて行くたびに

『服を着せるな』

『夏だからとコートを短くするな』

『足を大切に』

と叱られました。

 

実家のお父さん、そして母方のお母さん、

アンジの命を有難うございます。
健全性の大切さを教えていただき
有難うございます。


ひまわりが咲き誇る天空のサンフラワーメドーからアンジを見て

これからもわたしを叱ってください。



2014年1月30日 Angiemom

IMG_0334.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ 

posted by Angie Mom at 19:58| Comment(3) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

日本ウエスよ、永遠なれ

Sunlight-on-a-Sunflower-Meadow-Fotolia_39907923a.jpg

失われた命に哀悼の意を表し、
大切に紡いでいただいた命であるアンジをこれからも大切にします。

IMG_0301b.jpg


コメント欄閉めさせていただきます。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ 
posted by Angie Mom at 19:49| ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

年始動静

IMG_1696.jpg
1月3日の富士 (山梨上空)


アンジのコートもすっかり伸びました。

IMG_1732.jpg
今年もゴロスリしています

コートの伸びた野趣溢れる(?)ウエスティも好き、とは言い訳。
年末年始はほとんどコート管理を怠って伸び放題。

冬は乾燥していて白犬はすぐ土ぼこりを吸うので、
長年冬や小雨の時の散歩は、足先だけが出るカッパを着せています。
見るとカッパの前足や後ろ足の後ろ側の部分が真っ黒になっていますので
一定の防塵効果はありそうです。

IMG_1593.jpg

幸い地面へのスリスリはしませんが
落ち葉を踏みしめたり土の上を歩くので足は汚れ、帰宅後、拭くか水洗いします。

コートはテリアブラシでブラッシングするだけで
ニオイもなくシャンプーも充分2週間以上持ちます。

IMG_1739.jpg

しっかり散歩した後は、放心状態。(目開いてます)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

飼い主は正月明けに佐賀県を旅しました。
初日は唐津、二日目は嬉野を廻り、途中、伊万里焼きの窯元廻りをしました。
伊万里焼きとは、伊万里港から船積みされた焼き物の総称だそうです。


IMG_0265.jpg
柿右衛門窯元

今回とても面白かったのは、鍋島藩の秘窯と言われる大川内山(おおかわちやま)を訪れたことです。

IMG_0246.jpg

中国景徳鎮に習って三方を山に囲まれた村に窯元が軒を連ねています。
旧鍋島藩は外様ながらも良質の磁器を作り幕府に献上していたそうです。

IMG_0242.jpg

大川内山の喫茶店に入ると、鍋島焼きの磁器でドリンクや料理が振る舞われます。
どれも一点もので柄も違います。

良質の土を使い磁器の白さも映え、見るだけでなく使う事もできる、贅沢な美術品という感じ。
こんなカップでお茶するととても優雅です。

IMG_0289.jpg
こちらは寒椿

IMG_0287.jpg
こちらは鍋島染め付け

それぞれの窯元さんがオンラインショッピングサービスを展開していないので
次回機会があったらまた行きたいです。

IMG_0183.jpg
唐津の宿

その他、唐津城、そしてスケールの大きな名護屋城址にも圧倒されました。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー 今年もよろしくお願いします。
posted by Angie Mom at 19:22| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

シーザーちゃんの絵

westiedrawing1.jpg

はっきりお見せ出来ないのが残念ですが
昨年一年で一番印象に残ったウエステイの絵です。

震災で消えた小さな命展は震災で犠牲になった動物達の絵を集めた展覧会で
2012年8月から2013年9月まで全国を廻ったのでご覧になった方も多いかと思います。

わたしは昨年秋の都内の展覧会に行きました。
たくさんの動物の絵の中、この絵、確かシーザーちゃんという名前のウエステイも
経緯は存じませんが、震災で消えた命のひとつ。
洪瑞霞氏という台湾の作家さんの作でした。
展覧会の絵は、展覧会が終わった後に被災された飼い主さんにプレゼントされるそうです。

シーザーちゃんはとても美人で笑顔に描かれており
飼い主さんの悲しみはいかばかりかと思います。

わたしは昨年末に作家の洪さんにメッセージを送る機会がありました。
この絵が心に残ったこと、そしてシーザーが生きたことを祝したい旨を伝えました。

するとほどなくしてご本人から返信のメッセージが来ました。
言葉の壁があるので、お互いに伝わったかどうかはわかりませんが
それでも一枚の絵を通じて
心が触れ合うことが出来たようで嬉しかったです。
洪さんの返信には、’感動’とありました。

この展覧会は悲しいお話が語られているので
心穏やかに見るのは難しいです。

しかしこの展覧会を訪れて
悲しい物語に目をつぶる事なく、残された飼い主さんのお悲しみを想い
被災時に必要なペットの躾を心がけたり愛犬の非常時の備えを整えたり
地元行政とペットの同行避難について確認したりと
消えた命を今ある命に繋げていくことは出来る。

関東圏では1月19日に埼玉県ふじみ野市でも展覧会があります。
わたしももう一度展覧会を見に行きたいと思っています。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー 今年もよろしくお願いします。

posted by Angie Mom at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

新年

IMG_1692.jpg


ときくれば枯木とみえし
   やまかげの
さくらも花の
   さきにおいつつ


静かな年始を迎えました。
上の歌は地元の神社で引いたお神籤にありました。
身を慎んで時を待て、と言う意味です。

上の写真はとてもお年賀にはなりませんが、
今年もアンジとの生活を綴って行きたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー 今年もよろしくお願いします。







posted by Angie Mom at 17:48| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers