2014年01月10日

シーザーちゃんの絵

westiedrawing1.jpg

はっきりお見せ出来ないのが残念ですが
昨年一年で一番印象に残ったウエステイの絵です。

震災で消えた小さな命展は震災で犠牲になった動物達の絵を集めた展覧会で
2012年8月から2013年9月まで全国を廻ったのでご覧になった方も多いかと思います。

わたしは昨年秋の都内の展覧会に行きました。
たくさんの動物の絵の中、この絵、確かシーザーちゃんという名前のウエステイも
経緯は存じませんが、震災で消えた命のひとつ。
洪瑞霞氏という台湾の作家さんの作でした。
展覧会の絵は、展覧会が終わった後に被災された飼い主さんにプレゼントされるそうです。

シーザーちゃんはとても美人で笑顔に描かれており
飼い主さんの悲しみはいかばかりかと思います。

わたしは昨年末に作家の洪さんにメッセージを送る機会がありました。
この絵が心に残ったこと、そしてシーザーが生きたことを祝したい旨を伝えました。

するとほどなくしてご本人から返信のメッセージが来ました。
言葉の壁があるので、お互いに伝わったかどうかはわかりませんが
それでも一枚の絵を通じて
心が触れ合うことが出来たようで嬉しかったです。
洪さんの返信には、’感動’とありました。

この展覧会は悲しいお話が語られているので
心穏やかに見るのは難しいです。

しかしこの展覧会を訪れて
悲しい物語に目をつぶる事なく、残された飼い主さんのお悲しみを想い
被災時に必要なペットの躾を心がけたり愛犬の非常時の備えを整えたり
地元行政とペットの同行避難について確認したりと
消えた命を今ある命に繋げていくことは出来る。

関東圏では1月19日に埼玉県ふじみ野市でも展覧会があります。
わたしももう一度展覧会を見に行きたいと思っています。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー 今年もよろしくお願いします。

posted by Angie Mom at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers