2014年04月27日

検査終了のご褒美

IMG_2222.jpg
検査疲れ~

この2週間、抗体検査や健康診断などで採血されました。
健康診断の結果は異常なしでしたが、通院や待ち時間は犬にも飼い主にもそれなりに負担です。

初めての抗体検査は一種を除いて抗体が充分でしたので、
先生と相談して補充ワクチン注射を打つ予定にしています。

フィラリア検査も陰性でしたが、フィラリア予防には考えることが二点あります。
ひとつは開始月と終了月をどう見るか、もうひとつは薬の服用頻度です。

次の地図はアメリカの調査に基づいた開始月と終了月の例で参考になります。

heartwormmap1-1024x710.jpg

BSo19lsYrD0-MkgQoXuYz4eAxCleo7NP50-oFixwe3c1-1024x690.jpg

日本においては、住居場所と蚊の発生具合との兼ね合いで
獣医さんに相談していたずらに長過ぎない服用時期を決めたいものです。

頻度については、フィラリアの薬が月一度というのは薬剤会社の推奨で、
実際にはもっと時期を空けていいという論旨の調査記事をこの春は良く目にします。

化学物質の過剰服用を避けるという視点からの調査ですが
詳細はまた後日まとめたいと思います。

IMG_0552a.jpg
デハイドレーター(乾燥機)の良い匂いに惹き付けられるの図

アンジも検査をがんばったので、
大好物のささみジャーキーをデハイドレーター(乾燥機)で作っています。
アンジはこれが大好きで目の色が変わります。

IMG_0543.jpg

とても可愛いウエスティ缶に入っているショートブレッドを入手しました。
スコットランド産で送料もかかりましたが、ウエスティ柄の部分がエンボスされていて
気に入っています。これは飼い主のご褒美です。

今年も健康に行きましょう!


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- 足跡クリックをお願いします!

posted by Angie Mom at 22:43| Comment(2) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

桜と新緑とトリミング

IMG_2199.jpg

今年は桜の写真をアップしていませんでした。
もう散ってしまいましたが、アンジ家から歩いて50メートルの路地裏に
一本の桜の古木があります。
静かな住宅地のこの木の下を通る時は、観る人が桜を独り占めです。


IMG_2201.jpg

前回3月から一ヶ月ですがトリミングに行きました。
今回はお顔すっきり、コートストリッッピングに加え
耳の精緻なカットはいい仕事されて帰って来ました。

IMG_2226.jpg

ちょっと若く、かわいくなりました?
IMG_2215.jpg

桜が終わり、新緑の季節です。
春のこの公園は特に緑が綺麗です。
気温が低いのを良い事に、トリミング後で勇気のない飼い主は、カッパを着てもらいました。

IMG_2216.jpg

アンジと散歩するも、ニオニオしたがり飼い主と引っ張り合いです。
訓練士さんとはちゃーんと歩きますが、家族とは進みません。

ニオニオも楽しんで欲しいけれど、歩かせるのも飼い主の課題。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- 足跡クリックをお願いします!
posted by Angie Mom at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

春の健康診断と抗体検査

samp22029036f7079999.jpg

ご来訪有り難うございます。

アンジは今日春の健康診断に行きました。

するとアンジ、初めて8キロ越え!
食欲があり、運動もいつも通りですが、抱くとズッシリ、貫禄も出て来ました。

病院ではフィラリア検査と年一回の健康診断に加え、
今日はワクチンの抗体検査をしてもらいました。

わたしは犬へのワクチンの過剰な投与は避けたいという考えを持っています。
そして自分の犬を取り巻く環境で感染予防に必要なワクチンを
出来れば混合でなく、一種ごとに打つことで
犬の身体への負担を少なくしたいという理想を持っています。

それはこれまで、混合ワクチンの過剰投与によって自己免疫不全や神経障害などの
健康被害を受けた犬の飼い主さんの体験を聞いたり
ワクチンでも混合にすることのリスクに関するリサーチや文献を読んで
ワクチンは必要なれども過剰投与には気をつけたいという意識が高まったからです。

狂犬病ワクチンが、病気の感染から人間を守る為のものとして法令に定められているのに対して
それ以外の犬ワクチンこそ、犬の健康を守る為にあるものです。
従って後者については、ワクチンの抗体レベルを調べて
補うべき抗体があればそのワクチンを打つのが理想と考えます。

それによりワクチン投与の証明書を求められる場合は
抗体検査の結果を代わりに提出します。

過剰ワクチンによる健康被害を憂慮する外国では
このような考え方で抗体検査をする飼い主さんは多いですが
日本では抗体検査にかかる料金が犬ワクチン投与を上回るので
経済合理性から、飼い主さんはワクチンを定期的に打ったほうが安くつき
老犬や病気を持つ犬以外には、抗体検査は浸透していないようです。

一般的に犬の健康に影響する外部要因の大きいものは
フードとワクチン、そして滴下型のノミ/ダニ駆除剤の使用です。

これまでアンジがアレルギーもなく健康で過ごせたのは
(生まれ持った個体差もあるかもしれませんが)

良質蛋白質を多く含むフードを摂り、
過剰なワクチン投与に気をつけ
化学物質の使用を避ける

この三本柱で今年もナチュラルウエスティとして健やかに過ごさせたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- 足跡クリックをお願いします!
posted by Angie Mom at 20:15| Comment(2) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

英ケンネルクラブの重大発表

IMG_0440.jpg


4月に入り、心踊る発表が英ケンネルクラブからありました。



世界に先駆けて、ケンネルクラブに勤務する人を対象に
子供が生まれた時の産休と同じく
新しく仔犬を迎える人には、育休を認めるというものです。

発表はケンネルクラブのホームページでもご覧になれます。

このニュースは驚いたし、とても羨ましいとも思いました。

以前、アンジを交配した時、一番悩んだのは
フルタイムで働いている飼い主の不在中
仔犬が生まれてから2ヶ月の仔犬の世話をどうするかでした。

ブリーダーさんの中には、犬は犬が育てるとの持論をお持ちの方もいますが、
圧死のような事故や、
母犬がべビーを見捨ててしまう話も聞いていたので
母犬だけに任せておく訳にはいかなかったからです。

小型犬は大型犬に比べ発育、成熟も早いので
生まれてからの数ヶ月は特に大事な時期であり、
周りのプロの方には、『仕事を二ヶ月休むんだね』
と声を揃えて言われていました。

結局は信頼のおけるブリーダーさんのところで
見ていただくことになったのですが、
その時の経験があったため
今回のケンネルクラブの英断は流石、英国と思いました。

ケンネルクラブは、社員に
責任ある仔犬の取得と訓練、教育のためにマターニティリーブならぬ
9ヶ月の`ムター二ティリーブ`を与え
復職後も、仔犬の社会化のために仔犬を職場に連れて来ることも許されるとの事です。

盲動犬以外はセラピー犬さえも入る事が出来ない我が職場とは雲泥の差です。

感激して、発表の最後まで読み進めると
開始は4月1日、午前中。。。

そうだ、エイプリルフールだったのです!

あまりにも信じられそうなストーリーかつ、喜ばしい発表だったので
狐につままれたような気がしました。

いつかこのイギリス的なユーモアが実現するように
願って止みません。

IMG_0514.jpg
今日の公園


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- 足跡クリックをどうぞ!



posted by Angie Mom at 21:28| Comment(0) | 外国のワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

イエローバードがやってきた

IMG_0448.jpg
2014年 春

毎年、桜が開花すると雨が必ず降りハラハラさせられます。
今日、明日と雨。 今週末まで持ってくれるといいですね。

さてアンジのシャンプードライには、いわゆるブロワーを使っています。
このブロワーは、ハイパワーの風量、風圧で水分を飛ばして乾かすもので
ボディも掃除機みたいに大きく、床にセットしてホースを当てて使います。

このブロワー、風は温かくないので、冬のブローでは
これまでアンジが震えているることもありました。

そこでこの冬は冬用のドライヤーをリサーチしてみたところ
ウエスティのアメリカのグルーマーさん達が異口同音に
イエローバードという製品名を挙げていました。

イエローバード?
セサミストリートのあの大きな黄色い鳥と同じ名前ですが、
見て、納得。


IMG_0378.jpg

消費電力1875ワット。
アメリカの電圧は120ボルトで日本が100ボルトですから
若干性能が落ちる筈なのですが、使ってみての違和感はありません。

エコではありませんが、
早く乾かして犬の負担を減らしたいというのが正直なところ。
散歩の後に足を洗った時などにちょこっと使うことも出来ます。

スイッチで温風、冷風と、パワーを選択可能です。
コートは熱風を当てると、毛が折れてしまうので
温度を調整しながら熱くも寒くもない温度に調整して使っています。


IMG_0379.jpg

消費電力が大きいのでコンセント用のアースもついているし、
ケーブルもとてもしっかりしていて雰囲気は工業製品のようです。 音も賑やか。
日本のナノテクノロジー技術などとは無縁ですが、日本製品に比べて値段も手頃でした。

イエローバードはそもそも人間用のドライヤーをグルーマーさんが犬用に使っているらしいので
わたしもヘアドライヤーとして使い始め、
今では以前使っていた1200ワットのドライヤーでは物足りなくなりました。

以前にご紹介した家庭用のマイクロバブルのシャワーヘッド
ブロワー
そしてイエローバードのヘアドライヤー

とアンジバスの三種の神器が揃いました。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- 足跡クリックをどうぞ!

posted by Angie Mom at 19:49| Comment(0) | 犬グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers