2014年10月27日

WEEK 16 社会化トレ 続行中

IMG_1898.jpg

週末を中心に遠出をしてシュナに少しづつ新しい体験をさせています。

IMG_2767.jpg

初めておうかがいしたお店、ドッグワンさんでは大人しくしていられました。


IMG_2781.jpg
初めてのウエスシャドー

帰りに寄った野川公園では、運動会をやっていて沢山の子供達がいました。
ワイワイガヤガヤ、足音、奇声、笛の音、ゴングを聞きながら
小さい人におやつをやってもらいました。


IMG_2777.jpg

公園ではハンサムなはく君と会いました。 12歳だったかな?
お母様の代からウエスを繁殖されていたそうです。
立派な体格のウエス君でした。

IMG_2816.jpg
マイブーム

最近のシュナのマイブームは、アンジママの耳を舐める事。
なんか陶酔してるようで、アンジママもじっとしています。
アンジママが外耳炎になっては困るので現行犯でシュナ止めて!

その度に希釈したアップルサイダーヴィネガーでアンジママとシュナもついでにお耳の掃除をしています。


IMG_1901.jpg

オーダーしていたボウタイ首輪が来ました。
首輪のところはベルベッドになっていてゴージャス。
クリスマスやお正月にぴったりです。
アンジっ仔は着装トレ中〜。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。



続きを読む
posted by Angie Mom at 19:43| Comment(0) | パピーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

WEEK 15 犬の遊び

IMG_1878.jpg

仔犬とボンディングに散歩が欠かせないのは分かりましたが
それ以外にも遊びを通じて飼い主との絆を深めることが出来るそうです。

シュナは4匹の兄弟と暮らしていた頃は
いつも絡み合って序列を決めるゲームの前哨戦を重ねていましたが
その後はアンジママと遊んでいます。

仔犬との遊びというとおもちゃやボールを練習しますが
ウエスの達人のジェーンさんがパピーのために
棒に釣り糸で何かを吊るした道具を廻して仔犬に追わせていました。

そこでウエスがもともと追うべき小害獣に見立てたぬいぐるみのおもちゃ(何故かアルマジロ)を
紐で吊るしてシュナと遊んでみました。

IMG_2809.jpg

早く獲物を動かせば、体力を消耗しますし
ゆっくり動かせば、獲物を捕るために頭を使います。



後に読んだシーザーミランの本にもこの遊びを推奨していて
仔犬を興奮させるためではなく
家の道具を噛んだり壊したりする代わりに
犬としてのエネルギーを自然に発散させてやるとありました。

また犬の遊び方には、本来犬としての性質を刺激するものと、
犬種の性質からくるものとがあり
遊びを楽しく、学びのあるものにするためにはこの二つを識別することが必要。
同じ遊びでもシュナウザーの性質は獲物をゲットして遊べばゲームが終わりですが、
ブルドッグであればその獲物を解体するまで人間の干渉を許さないなどの違いがありますので
むやみにテリア気質のよろしくない性質を醸成しないように気をつけなければいけません。

できればこれで、トイレシーツびりびりが無くなって欲しい。

IMG_2815.jpg
Gotcha!



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメント反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えください。


posted by Angie Mom at 12:45| Comment(0) | パピーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

WEEK 14 散歩

IMG_1867.jpg

最近ドキッとするような厳しい言葉を訓練士の友人から聞きました。
先住犬を飼っていた飼い主ほど分かったつもりで勉強しない...

シュナを手元に残してアンジとの新しい多頭飼い生活が始まった訳ですが
パピーはその誕生から育てたものの、パピーを飼うという体験も初めてです。
なんとなく知ったつもりになっていた自分の胸に突き刺さる友の言葉でした。

IMG_2722.jpg
北海道からお友達が会いに来てくれました

シュナの散歩練習も始まりましたが散歩については若干悩みがあります。
シュナには、飼い主と歩く場合と、二頭引きの場合と
二種類の散歩を学ぶこととなります。


アンジとの散歩は出来るようになっています。
ところが二頭引きには二頭引きの群れの空気があり
途中で出逢う犬や人、知らない人や犬への警戒心が強くなる傾向があります。

気質の穏やかなアンジでさえ、パピーと一緒だと
ブルテリア系の犬などに対して緊張が見えます。 
そしてその緊張がパピーにも伝わるのです。

と考えていくと、この時期の理想の練習は、二種類の散歩、
つまり二頭引きだけでなく、ひとりで飼い主と歩く練習も必要になります。


IMG_2733.jpg
先日の病院で

How to Raise the Perfect Puppy(完璧なパピーの育て方)
というシーザーミランの本を読み返しています。
第六章は Connecting, Communicating, and Conditioning 
(つながり、コミュニケーション、条件付け)
という題目で、自分の参考になった部分を記しておきます:

  • 人間はパピーに手を貸すことで成長を止めていることがある。人間はパピーをむやみに助けるのでなくパートナーシップにおいてパピーが自分で問題を解決できるように方向付けてやる
  • パピーは人間扱いするのでなく、リーダーシップを飼い主が取り、1)動物として、2)犬として、3)犬種としてのニーズをこの順番で満してやる
  • 人間と犬が’繋がる’には、高い声の赤ちゃん言葉で話かけるのでなく、母犬と同じく沈黙の中にエネルギー(気)でつながる。人間の言語シンタックスより先に、犬が犬に話すように、人間も犬とつながらなければいけない。


IMG_0889a.jpg
言葉はなくとも表情で伝わります

パピーに必要なものは
1.運動 群れのリーダーと1日二回
2.しつけ ルール、限界、をしっかり伝える
3.愛情  褒める、おやつ、遊びの時間

飼い主はパピーに惜しみない愛情を与えるが、パピーには上記の3つをこの順番で生涯を通じて与える事が群れのリーダーの愛情である。


つづく


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメント反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えください。


posted by Angie Mom at 20:36| Comment(0) | パピーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

WEEK 13 パピーの運動

IMG_1855.jpg


三ヶ月を経てパピーの運動についてどうしたものかと思っていたら
タイムリーに英ケンネルクラブの記事が出ていました。

パピーの運動について
成犬になるまで、目安は5分x月齢(三ヶ月だと15分) これを1日二回。
庭に放しておくだけではなく、新しい場所を探検したり他犬と交流したりが大切。
呼び戻しの癖をつけておくこと。
食後の運動は避けること。

犬種によって運動量は違うが、一回30分の散歩を最低でも1日一回、理想は二回。

散歩は長期的な健康維持、筋肉の維持、肥満予防。
飼い主は万歩計で計測すると良い。

IMG_2727.jpg

遊びの時間と睡眠の時間
遊びは飼い主のコントロール下で落ち着かせてから行う。楽しく行い、訓練することで
飼い主との絆を強める。
アグレッション(攻撃的な行動)を助長しないように飼い主と仔犬が競争しないようにする。
正しい犬用のおもちゃを使用する。

仔犬には成長のためにも睡眠が必要である。
休ませる時は静かにベッドに入れて部屋を出る。
最初はなくが、これを無視して疲れたら寝るように躾ける。

IMG_2725.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメント反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えください。

 

posted by Angie Mom at 14:44| Comment(0) | パピーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers