2015年04月22日

南三陸を訪ねて 

4年前の東日本大震災の後、セミナーでお話をうかがった講師の先生と
南三陸を訪れる機会がありました。

IMG_0833.jpg

はじめて東北新幹線はやぶさに乗りました。

集合場所の新花巻駅からバスで遠野を経由して大槌町へ

IMG_0842.jpg
甚大な被害に見舞われた大槌町役場

役場の周りは見渡す限り10メートル以上かさ上げされた盛り土に囲まれ荒涼としています。

IMG_0848.jpg

次に釜石駅より昨年復旧した三陸鉄道に乗って沿岸地域を見ていきます。


IMG_0849.jpg

団体予約でクエート政府から寄贈された特別車両に乗りました。

IMG_0853.jpg

IMG_0850.jpg

インテリアも異国情緒が漂います。
IMG_0859.jpg

被災地の復興状況のお話を聴きしながら、視察はつづきます。
わたしのような一般ピープルは少なく、北海道から神戸までマスコミ、大学関連、復興事業に関わる方、
他県の市長さんも個人で参加されていました。

IMG_0852.jpg

三陸鉄道は普段はこちらの車両が走っているそうです。
沿岸部の在来線が壊滅状態の中、三陸鉄道の復旧は重要な復興の象徴でもあります。

IMG_0861.jpg

IMG_0838.jpg

こちらのお菓子は有名で美味しかったので爆買いは出来なかったけれど購入。

大船渡、陸前高田、気仙沼と訪ねていくと
被災地と言えども、微妙な土地の形や、当時の潮位などに影響されて
同じ町でも被害の落差が大きくあることが分かりました。

一方で地方自治体が描く復興の青写真もそれぞれ違いがありました。
更地を高くかさ上げする工事のためにベルトコンベヤーがそびえ
まるで異星のような、果てしなく続く砂漠のような眺めに
復興への長い道のりをあらためて感じました。

被災地の役場の方や壮絶な体験をされた住民の方のお話をうかがい
復興のへの思いを深く胸に受け止めた旅となりました。

IMG_1211.jpg

留守番してくれたこの人たちのおかげで貴重な体験をすることができました。
復興は長い長い道のりで個人の力で何をしたら良いのか分かりませんが、
せめてこれを忘れることなく出来ることを見つけながら
毎日を過ごしていきたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。


posted by Angie Mom at 10:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーガスと春の夜

photo 2 (5).jpg
ファーガス (アンジ長男)

2ヶ月で新しいご家族のもとに旅立ったファーガスが7ヵ月後に戻ってきてくれました。
仔犬は母親の気質を6割以上受け継ぐと言われていますが
ファーガスはまさにそれを自ら体言しているおだやかな男の子。
柴犬の兄弟はるちゃんと仲良くすくすく育っています。

photo 3 (2).jpg

sakuraphoto 5.jpg

アンジ家御用達のこちらのレストランは桜の木に囲まれて
ファーガスとママさんが上京してくださった日は肌寒さが残るも
テラス席から夜桜を見上げ

photo 1 (5).jpg

花びらも舞う夢のような春の夜でした。

IMG_3528.JPG
トリミング前のアンジとトリミング後のシュナ

ファーガス、また遊びに来てね。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。



posted by Angie Mom at 07:44| Comment(2) | パピーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers