2015年05月27日

Month 11 ー 11ヶ月

IMG_4421.jpg


シュナ生後11ヶ月の記念写真なのに二人とも真顔。
やはり飼い主の都合で撮ろうとする写真は、ワンもおつきあいって顔しています。

IMG_4418.jpg


もう少し、華やいだ表情にしようと、おやつ!と言ったら


IMG_4420.jpg

反応してフレームアウトしてしまいました。

IMG_4375.jpg
シュナ、アンガス、アンジ

こちらは先日の兄弟散歩。暑さでみんなバテバテでした。


飼い主は先週より加療中で、シュナを1週間ほどお預けしていました。

シュナの居ない間、久しぶりのアンジだけとの生活で気づいたことがありました。
アンジは思ったより寛いでベランダで、ゆっくり日向ぼっこしたり
ベランダから他のワンにワンコラしたり
シュナを探すということも特にありませんでした。
シュナが居るからしない事がいくつかあるようです。

シュナも楽しくお泊まりをしてきたようで
家や母親への過度な依存はありませんでした。
とはいえ、帰宅すると素直に大喜びしていました。

IMG_4400.jpg
左からメイちゃん、アンジ、ソラ様

一方シュナの居ない間の散歩で、アンジは運命のひとに出逢いました。
これまでアンジの執着と言えば、友人のメープルちゃん(プードル、牝)が唯一でしたが、
ソラ様に出逢ってアンジは恋に落ちてしまったようです。

白い亡霊のニックネームを持つアンジが
走るソラ様の後を追って、公園を二週も自発的に走ったのには飼い主は大変驚きました。

いくつになっても日常の中に楽しい変化はあるものです。
よく外国では、人生は50歳から!と言いますが、アンジの場合は
Life begins at 7!


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

posted by Angie Mom at 12:52| Comment(2) | パピーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

永遠の足跡

11229960_10207135380682299_7304391675383698639_n.jpg
コピーライトマークJim Gordon

FBに掲載されていた英ハリファックス在住のウエスオーナーの男の人の手記

一枚の写真で綴ったこのポストは、
わたしたちが重ねる犬との何気ない日常と長い時間は、
犬を亡くしたその後の人生にも大きな意味をもたらすことを教えてくれます。

My little buddy, Jock, and I went down that driveway early every morning for years to get the newspaper. One morning last September the long shadows we cast with the rising sun behind was worth capturing so I asked my buddy to wait and pulled out my camera phone. When I downloaded it to a computer program for post editing I observed how ‘shiny’ white Jock looked. I tried to tone that down as I have successfully done with other photos but I could not reduce the glow of his coat or the halo around him. I lost Jock 2 months ago. He was almost 17. That brief moment with Jock beside me glowing in the rising sun is now a precious memory with a whole new meaning. The halo was meant to remain. Jock continues to cast a long shadow. He continues to glow in my mind. He left permanent paw prints on my heart.


わたしと小さい仲間のジョックは、毎日ドライブウエイまで新聞を取りに行くのが日課だった。
昨年の9月のある朝、朝陽に照らされた僕たちの長い影が目を惹いたので
写真に撮ろうと彼に立ち止まってもらいスマホカメラを取り出した。

後に画像をダウンロードして編集しようとしたら、ジョックがとても白く輝いていたので
いつものようにアプリでコートの色と周りの輝きを調整しようとしたけれど
何故か編集出来なかった。

僕はジョックを二ヶ月前に亡くした。あと少しで17歳になるところだった。

僕の横で朝陽に包まれたジョックとのあの瞬間は、今ではまったく違う意味合いを持つ大切な思い出となった。
あのlジョックの輝きは残るべきものだったのだ。

ジョックは今でも長い影を映し続けている。 僕の中で輝き続けている。
ジョックは僕の心に永遠の足跡を残した。

=====================


愛犬と重ねた何気ない日常と長い時間
別れ、
喪失の先に続いていくもの

わたしたち犬飼いの人生が凝縮された手記は美しく
深く心に残りました。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

posted by Angie Mom at 11:41| Comment(0) | 外国のワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

(参考情報)ウエスティのコートを丸刈りしてはいけない?

IMG_4091.jpg

ウエスティを初めて飼ったのは6月で、その後夏になったので暑かろうと
短くしてくださいと犬舎にトリミングに連れて行ったら
『余計に暑くなるから短くしてはいけない』
と釘をさされたことがありました。

人の感覚で言うと分かりにくいのですが
その理由はダブルコートの犬種のトリミング説明にありました。
ウエスティもダブルコートの犬種です。

内容は以下のとおりです;

ダブルコートの犬種は、コートを必要以上に短くしてはいけません。
ダブルコートとは、トップコートとアンダーコートを併せ持つ犬のことで
アンダーコートが軽く柔らかい抜ける毛で、これが冬は寒さから夏は暑さから身体を守っています。

トップコートは剛い毛で余り抜けません。 トップコートは犬を日焼けや虫さされから守るだけでなく
熱を和らげる働きをします。 従って暑かろうと夏に毛を短く刈るのは間違いです。
犬は自然に対応できる機能を備えているのです。

短く刈ることが抜け毛を無くす事にはなりません。
また伸びるからと思うのは間違いです。 コートが戻らないこともあるからです。
加齢と共にコートが生えないこともありますし、そうなると生涯、短くしておかなければいけませんが
それは犬の自然の防御能力を人間が奪っていることになります。

大事なのはブラッシングとお風呂に入れる事です。 
毛玉が酷い犬を覗いてはダブルコートの犬はショートにしないことが大事です。
ーーーーーーーーーーー

ウエスティはもともと寒冷地の犬種ですし日本とは湿気の差や、
皮膚疾患が無い場合にも限られましょうが
参考になれば幸いです。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。






posted by Angie Mom at 21:08| Comment(4) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ハッピー白犬ピクニック 2015

IMG_4279.jpg

薫風の五月、ゴールデンウイークはそれぞれお仕事や帰省や
普段やりきれない家の事をしてお疲れモードですが
一日くらい白犬孝行しよう!という大義名分のもとにお友達とピクニックに行きました。

IMG_4280.jpg

持ち寄りの中、秀逸だったのはダーアママさんのジャーサラダ。
ジャー? 流行に背を向けている私が知る由もありませんが
とってもトレンディなヘルシーフードでおいしかったです。

IMG_4278.jpg
アンジとシュナ

IMG_4299.jpg

お食事もたけなわな頃、アッ!! あれは何だ!

IMG_4308.jpg

そう、ここは武蔵の森公園で府中飛行場の脇にあります。
緑の綺麗な公園ですが、駐車場が混雑しているので来られる方はご注意を。

午前中、大風の吹く中、始まったピクニックは
お天気の回復と共に、暖かく、そして暑くなりました。

IMG_4287.jpg

世の中にはこういう心の優しい方がおいでなのです。
帽子をアンジにかざしているのは、飼い主ではなくダーアパパさんです。

IMG_4285.jpg

日がなお喋りしたり、昼寝したり、散歩に行ったり、食べたり、ワンプロしたり
風も気持ちよくいつまでもくつろげる空間です。
何もしなくていいというのが良い。

あずきなこパパさんに沢山の写真を撮っていただきました。
素晴らしいカメラワークに普段気がつかない我が犬の楽しそうな表情が見られて新鮮でした。
あずきなこパパさん、楽しい時間を写真で残してくださり有難うございました。

アンジの素敵な写真を沢山いただいたので、
前々から作りたいと思っていたHappy Song のウエスティバージョンにして
お友達とご一緒した当日の楽しい思い出をまとめてみました。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。
posted by Angie Mom at 01:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

那須 de run

今シーズン、初めて那須に滞在してきました。
那須街道は相変わらず観光客の車で混雑しており、にぎわいを見せていました。
お天気にも恵まれて下界の蒸し暑さから逃れて一涼の風が気持ち良かったです。

IMG_4179.jpg

那須連山も新緑に包まれています。

IMG_4261.jpg

さてお友達の白犬さん達、那須デビューの仔と共にドッグランにやってきました。
シュナも初めてです。

IMG_4239.jpg

何をしようって?
十字に並べようとしましたが、月齢11ヶ月のおこちゃま達はじっとしていませんので失敗。

ランでかけっこしました。



仔犬達は、とっくに自分たちの脚が人より速い事を知っています。


IMG_4265.jpg
シュナ、サツキ、アンジ、ひまわり

一瞬こちらを見てくれた一枚です。
この夏は那須に再び訪れたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

続きを読む
posted by Angie Mom at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers