2016年07月30日

閑話休題 ファーガスとシュナのダブルドッグショー@北海道

image.jpeg
前シュナ、後ろファーガス

お陰様でアンジは安定し、少しづつ回復しています。
毎日の食事、投薬、便、体重をモニターして
飼い主は一喜一憂しながら毎日を過ごしています。

アンジが不調のあいだ、
シュナはお兄ちゃんのファーガスと一緒に北海道でドッグショーに行ってました。
ドッグショーに兄弟で出てみようという趣向です。
そう言えば昨年のクラフツのBOBは牡牝で兄弟入賞でした。
レベルは違うけど愉しみ方は同じ。

ドッグショーはJKC登録されている犬であれば誰でも出陳することは出来ます。
アンジッ子のロビンは既にチャンピオンタイトルを取っていますが
アンジッ子兄弟4頭中、3頭がドッグショーに出られた事は光栄で嬉しいです。
当初は飼い主もショーの観戦予定でしたが、アンジの不調で取り止めました。

撮っていただいた写真で見ると、ふたりともセットアップされて美しく、
我が子かと目を疑うほどです。
馬子にも衣装、ウエスティにもショーセットアップ。
泥だらけの野趣溢れるウエスティも大好きですが
時には真っ白で美しいウエスティも素敵。
この100年の間に
ワーキングドッグから華やかなショードッグ的要素を持ち合わせるようになったウエスティ。
我が子のこういう姿を見てみたい飼い主さんもおいでなのではないでしょうか。


image.jpeg

兄弟だけあってなんと似とりますこと。
ドッグショーという機会で健康な成犬になった2人を改めて祝すことができました。

image.jpeg

ドッグショーには北海道のウエスティさん達がたくさん応援に来ておられたそうで
有難うございます。

ところがこのドッグショーにはアクシデントが続きました。

まず気づいたら出陳目録にファーガスの記載がない。
目録に兄弟並んでのエントリーを見たかったのにウエスティ欄にファーガスが見当たらない。
すわっ申請漏れかと焦るも印刷ミスだそうで
ファーガスはウエルシュテリアでのエントリーになっていました。
起源はスコットランドなのにウエールズ犬になっちゃった。

何も知らずにショーをご覧になったみなさん、

「ウエルシュテリアもウエスティなの?」
「あのもう一人の子はシュナ?」
「シュナもウエスティになれるの? (シュナウザーもウエスティ?)」

疑問もごもっともごもっとも、、、。
紛らわしい名前と間違いエントリーですみません。
知っているウエスティが出てショーも楽しめたのなら良かったですが。

image.jpeg
わたしたちウエスティです!  


お写真を下さったみなさん、有難うございました。
結果は3日間、2人で5BOB。
観には行けなかったけど良い思い出になりました。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。
posted by Angie Mom at 12:03| Comment(2) | ドッグショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers