2016年11月23日

乙女ゴコロを傷つけるパパの一言

IMG_1759.JPG

ある日、パパは酩酊して夜遅く帰宅しました。
ほぼ帰巣本能だけで玄関に辿り着いたパパにわたしの怒りの鉄拳、いやお願いが飛びます。

「アンシュナの散歩お願いねー!」

パパは、はいはいと散歩に行き、帰り着く音がしました。
そこからめくるめくパパの掛け声が聞こえてきます。

「アンジ、シュナ、 伏せ〜
  こら、アンジ、シュナ、 はい、 伏せ〜」
  静寂
「、、、アンジ、シュナ! 伏せ〜
 ふっせっ!」

それだけではありません。

「アンジは美人だな〜、、、、シュナはブサイク。」
「アンジ、お前は美人だな〜。 お父さんが見初めたんだよ。 シュナな、ブサイク」

これは聞き捨てならない。
これまで、シュナはかわいい、と言っていたのに。

明らかに異様な状態なので玄関に行ってみると
倒れ込んだパパの横で困った顔の2匹が。

IMG_1682.JPG
写真はイメージではありません。

ああ、大変!

横たわるパパはそのままに
急いでアンシュナの足拭きをしてレスキューしました。

犬ってちゃんと聞いてます。
シュナはブサイクではありません。 私の撮る写真写りが悪いだけです。
パパ、不用意な発言は気をつけてください。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。







posted by Angie Mom at 22:29| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

しみじみドッグショー

IMG_1703.JPG

アンジの長男、ファーガスは北九州のドッグショーに行きました。
ドッグショーに出陳されるわんはどんどん洗練されて美しくなっていきます。

今日の対戦の写真を見てあっと驚きました。

IMG_1672.JPG

ファーガスは後ろ。
前にいるウエスティ、初めて見るけどもしや!?

目録情報を聞いて、やっぱり!

この手前の子は、アンジの次女、ひまわりのパピーだったんです。
10ヶ月でこの充実度。そしてそれを見分けられる私もすばらしい。(自画自賛)

パピー君は九州に行ったとは聞いていたけれどもうショーに出てくる月齢に成長していました。

甥っ子とおじさんが対戦したショー。
アンジ家としては両方ともに応援したいものでした。
いやもっと言うと、出陳されるどの子も、良く管理されているなとと感じます。


IMG_3324 - バージョン 2.JPG
ひまわりっこの写真 今年3月

8ヶ月前は写真の左から3番目のようだったのに、、、。
実家としては静かな喜びをかみしめたドッグショーでした。

IMG_1707.JPG

そして
ひまっこパピーの最後の女の子。9・1生まれ
飼い主さん募集中だそうです。

上の写真の子の兄弟で、同じJKCチャンピオンの父母の子です。
ファーガスは叔父さんになります。
どなたか良いご縁がありますように。

次世代に乾杯!




にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。


















posted by Angie Mom at 07:58| Comment(0) | ドッグショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

幻のウエスティ単犬種クラブ

IMG_1633.JPG


ウエスティの飼い主の皆さん、またはこれから飼いたいと思っている皆さん、
ウエスティという犬種のことを知っていますか、または関心がありますか。

これまでウエスティの飼い主をやってきて
客観的に犬種の話をしてくれる専門家にはなかなか会えません。
ブリーダーさんを知っていればまだよい方で
わたしを含めてほとんどの人は犬種の知識がないままウエスティを迎え、育てています。

かのシーザーミランは、飼い主は愛犬を、名前(個体)、犬種、動物の順番で捉えますが、
犬は相手を、動物、犬、犬種、名前の順番で
捉えていると説明しています。

その時我々に一番抜け落ちている感覚が犬種、
巷に溢れるテリアデザインとロゴに本来のウエスティの特徴は重なりません。

今でこそインターネットやSNSである程度の情報は得られますが、
犬種、性質、特徴、遺伝病、ブリーダー情報、レスキューにいたるまで
ネット以外にウエスティ情報を得る機会がないのです。

ドッグショーは一部の人とプロしかいないし、業界の人たちはお商売で忙しいし
犬種を学べる機会はないまま、オーナーは、
どうせ家の子だし健康であればいいや、とそのうちに関心は薄れ
唯一オフ会が飼い主間の能動的な情報共有の場となっています。

海外のウエスティ先進国では、純血種、単犬種のクラブが組成され
犬種発展を目的として地道に
初めての飼い主さんに情報を提供したり、専門家によるセミナーを開催して
オーナーに学ぶ機会を作っています。

日本においても昔はウエスティクラブがあったそうですが
いつの間にか消滅したとか。


IMG_1631.JPG

もちろん、名ばかりで機能していない単犬種クラブもありますが
少なくともウエスティの専門家と愛好家達がコミュニティとして、
知識を伝播したり、健康、お手入れなど
愛犬との共棲に役立つ情報を共有出来たらどんなにいいでしょう。

そう言えば、以前にウエスティパーティで
どこやらの研究調査に協力するアンケートが有りましたが、
結果は還元されたんでしょうか。(純粋な疑問)
ウエスティを知る機会が失われるのはとても残念に思います。

誰かウエスティ単犬種クラブを立ち上げてくれないかなあと願いつつも
クラブ設立はその道の専門家の参画が必須で、同時に
オーナー、ブリーダー、グルーマー、トレーナー、ドクター、レスキュアーにも
セクショナリズムを超えて幅広く参加してもらうのが理想です。

そして敷居は高くなく、ちょっとだけ真面目な会がいい。
オフ会はこれまで通りオフで続けていけばいい。

クラブでなくても、愛好会でもいいから、ウエスティファーストの
ウエスティ関連の正しい知識や知見を共有できて
例えばウエスティを迎えたい時に、ペットショップでなく
中立的にアドバイスをくれる窓口のようなところはないもんでしょうか。

ドッグショーだけでなく、アースドッグのアクティビティ、
例えばトレーシングや、ルアーコーシング、バーンハント
犬種の本来のお仕事を、一生に一度ぐらい体験させ
DNAに刻まれた遠い記憶を覚醒する機会をイベントとして
アレンジしていただけないもんでしょうか。

各ブリーダーさん達にもご協力いただいて
うちはこういう方針でブリーディングをしていますとか
子育ての極意についてプロのお話をおうかがい出来ないものでしょうか、、など

幻のウエスティ単犬種クラブを夢見る飼い主でございます。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

















posted by Angie Mom at 08:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

シニア犬の行動学セミナー

IMG_1647.JPG


先日、アンシュナが属しているクラブの連合セミナーにお誘いいただいて行ってきました。
シニア犬のアンチエイジングと手作り食のテーマで
2人の獣医師さんのお話を聞きました。


IMG_1643.JPG


実はアンチエイジングという言葉は、自然に逆行するようであまり好きではありません。
しかし老化を遅らせたいという願いはあります。
最近は時間的制約からインターネット上の情報に依存してしまう自分への反省もあり
専門家のセミナーに参加して、とても有益な話がうかがえました。

アンジ、8才8ヶ月。 飼い主的にはまだシニアと思っていませんでした。
お話によると、犬は7才からシニア期で、飼い主は細かなチェックをする必要があるそうです。
定期的健康診断はは年2回(!!)、ホルモン検査も含めておくと良いとか。

日頃から性格、顔つき、睡眠をチェックしていきますが、
飼い主が犬に依存しないことも注意点。
長く愛犬と暮らす飼い主は自ら気をつけなければいけない。

一般的に犬は年をとると、好奇心が低下し、頑固、甘えんぼ、分離不安が進み
我慢が出来なくなる。
特に老化すると脳内のセロトニン分泌が減るので不安になりやすい。

そういえば先月、グルーマーさんが、
トリミング中にアンジが文句を言って我慢ができなかったと言われました。
7月の病気以降、飼い主も何かと甘やかしたのが原因かと思っていましたが、
もしかしたらこれもシニア期の兆候なのかもしれません。

寿命が長くなるということは、シニアの時期も長くなるというですから
老化予防のために飼い主が管理して犬のQOLを維持したいものです。

いくつか紹介されたゲームやトレーニングはどれも納得、
そしてそんなことできるのと、少し驚愕。

ー ノーズトレーニングなどで、嗅覚と視覚を刺激する
ー 頭脳トレーニングで刺激を与える。知育おもちゃもローテーションする
ー おもちゃ持ってきてなどのコマンドで犬に考えさせる
ー バランスボールなどで体幹を鍛える
ー 筋トレ、ヨガポーズに似たもの
ー スワレ、フセなども体力維持に良い

などなど、たくさんヒントをもらいました。

これまでもアンジにはいろいろなゲームを教えているのですが
あらたなトレーニングのアイデアに飼い主もワクワクします。
訓練士さんと連携しながら導入してみようと思います。

犬は、何よりも
犬らしく食べられる、排泄できる、歩ける、そして飼い主とコミュニケーションできる
事が大事だということです。

後半は著名な獣医さんが、手作り食について講演されました。
内容は、犬の体は、栄養素のでこぼこをある一定の期間なら受容できる、
あまり細かく手作り食の管理をしなくてもよい、
というメッセージだったと思います。


IMG_1634.JPG


最後に、ご専門の先生方に話を聞けるこのようなセミナーを設営してくれたクラブに感謝。
これでこそメンバーシップフィーを払っている甲斐があるというものです。
オフ会も楽しいけれど、15年続く愛犬との生活をよりよく暮らすために
このような有意義な機会を今後も活用したいと思います。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。



posted by Angie Mom at 10:54| Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

出逢い、再会


IMG_1609.JPG
まるちゃん

所要でグランベリーモールに行きました。
ここへ行くと、ウエスティに会える確率高し。

この日はまるちゃんにお会いしました。
まるちゃんは8歳の健康そうな女の子。
飼い主さんは一度、ウエスティパーティに行って見たいとおっしゃってました。
とっても賢くて飼いやすい子だそうです。

IMG_1604.JPG

まるちゃん、 「なになにい?」



そして先週会えなかったあのひとにも


IMG_1598.JPG

きなこちゃんです。(右)
WPはこれなかったけど、元気でした。
シュナと一発触発の女の子同士の戦いをしそうでした。(シュナは負けます)

IMG_1623.JPG
愛しいひと

WPの思い出に戻って、愛しい人を抱っこさせてもらいました。 
アンジの母、ユラちゃんです。
柔らかくて抱き心地がアンジと一緒でした。
ユラちゃん、アンジを生んでくれてありがとう。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

















posted by Angie Mom at 20:21| Comment(2) | 出会ったウエステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers