2017年04月23日

ついていないシュナ

IMG_5885.JPG
トリミングは来週

それは昨晩のことでした。
ロング散歩もご飯も終わり、くつろぎの夕べ。
もよおしたシュナがトイレに向かって行きました。

シュナはうんPが終わると
自分のベッドに走り寄りダイブして、顔、身体をすりすりします。
昨日も同じような光景を横目にテレビを観る飼い主。

するとシュナがわたしのところに来て何か言いに足をかけて来ました。
なあに?と顔を見た瞬間
ん?        
マズルが真っ黒!

そこには何故か自分のうんが顔中についた姿で途方にくれているシュナ。

どうやら柔らかい、キレの悪いうんをつけたままベッドにダイブして
うんにスリスリして、自分も驚いた様子です。
ことの顛末が解せた飼い主は、笑いながらシュナとベッドを洗いました。
うんがついてもついてないよね。

IMG_1622.JPG

こちらは昨日の公園。
遠目に何枚か写真を取っていたら、どの写真もシュナの顔にはお花が被っています!  
なんかついてないよね。

IMG_3173.JPG

そしてこちらは草木も眠るウシミツドキ。
わたしが珍しく大きなクシャミをしたら、
シュナが飛び起きてこの表情。
あ〜、ビックリ。

可愛いやら可笑しいやら、ついてないシュナとの生活は楽しいです。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難うございます。

posted by Angie Mom at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

アンシュナ桜と醍醐の花見

IMG_5636.JPG

東京の開花は早かったものの寒の戻りと春雨が続き、思いの外長く咲いてくれました。

IMG_5627.JPG

しかし悪天候で前半は結局近くの公園の夜桜を何度か見るくらい。

IMG_1557.JPG

先週末雨の土曜日 神社を通りがかったら新婚さんが写真を撮っていました。
末永くお幸せに、、、。

IMG_3179.JPG
コンラッドホテル

今年は桜のアフターヌーンティもいただくことが出来ました。

IMG_1590.JPG

今月誕生日を迎えた母にどこに行きたいかと訊くと醍醐の花見が観たいというので上洛。
京都は先週は開花が遅れ、今週は悪天候、春休みも終わり
誰にも観られないまま散って行くんですわ、とタクシーの運転手さん。

IMG_5759.JPG

醍醐寺は世界遺産です。
真言宗のお寺さんで、貴族や将軍家の庭園のような華はないけれど
禅寺とも違い、優しい和やかな雰囲気です。

IMG_5789.JPG

左ソメイヨシノ、中央奥シダレ、右八重の競演も珍しい。
関西一の花見の名所の素晴らしい眺めを堪能しました。

IMG_5833.JPG
木屋町の夜桜


6174615136_IMG_0281.JPG

花よりだんご組。
ようやく春らしくなりアンシュナともこれからたくさんお出かけしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難うございます。

posted by Angie Mom at 14:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

ビアンカの場合

ビアンカ(白い女の子の意味)はアテネの海辺で7年間のずっと野良犬で
不治の病で後肢不随となり死期が迫ってようやく保護団体にレスキューされました。
最後の春をフォスターホームで穏やかに迎えています。

そういえばギリシャに行ったとき、野良犬が多く、
犬達は緩く街と共存していたのが印象的でした。

根っから野良犬のビアンカは保護されても治療を受けても誰にも不信感を持たず
後脚を引きずるような状態になってもありのままを受け入れ
淡々と生きる様子をビアンカのレスキュアーが詩的に哲学的に語ります。

ナレーションは、人間は結局犬のマインドを計り知ることはできないと締めくくり
犬が全うする生の尊厳を謙虚に見つめています。

放棄され人間不信となった犬がこんなに幸せになりました、という
人間が解釈するレスキューストーリーが数あるなかで

われわれはレスキューによって犬を助けるのではなく
犬の犬生を全うさせる手伝いをするに過ぎないのではないかとの姿勢が
深く心に残りました。






にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難うございます。

posted by Angie Mom at 17:49| Comment(0) | レスキュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

ファーガス、シュナのジャパンインタードッグショー

6174603776_IMG_0172.JPG

今週末はジャパンインターナショナルドッグショーでした。
この最大のお祭りにシュナも勇気を出して出陳を申し込みましたものの
飼い主の予定やシュナも直前に不調で棄権するつもりでしたが
既にチャンピオン完成している兄弟犬ファーガスとのダブル出陳の最後の思い出にと出ることに。
(あっ、そう言えばシュナもInt. CHは完成してました。 小さくご報告)

6174603776_IMG_0187.JPG
セットアップ途中のシュナ

6174603776_IMG_0194.JPG
ファーガス 手前とシュナ 後

目見えてますか

6174603776_IMG_0197.JPG

魔法がかかったように綺麗になっていきます。
足を止めてご覧になる方もたくさんおいででした。

6174603776_IMG_0184.JPG

一緒にパドックを組んだハイキャッチャーは余裕のゴロン
さすがプロフェッショナルショードッグです

6174603776_IMG_0241.JPG
牡はみなチャンピオン同士

6174603776_IMG_0244.JPG

ここで、ファーガスがリング内でハプニング。
堂々としてたよファーガス。アイラブユー、マイボーイ!

6174603776_IMG_0252.JPG

シュナも不調ながら頑張りました。悔いなし。

一番ではなかったけれど出て良かったと思えるのは
何よりもジャッジがよく審査をしていたからです。

6174603776_IMG_0256.JPG
厳粛とも言える審査の瞬間

この日のシュナの歩様の乱れを見逃さず指摘したジャッジ。
怖そうな方でしたがファンになりました。

39137728_Unknown.JPG
左からファーガス、シュナ、ハイキャッチャー

ショーが終われば、ええい、みんなワンワン大会だ! やれやれ〜。

6174603776_IMG_0214.JPG
次世代が育む未来

出陳まで紆余曲折あったけど、とても良い思い出になりました。
グルーマーさんの素晴らしい技術と引いてくださったハンドラーさんのショーアップで
愛犬をショーイング出来たゴージャスな体験でした。
気持ち良くショーを楽しめました。
応援やお声がけくださったお友達、本当にありがとうございました。




にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難うございます。
























posted by Angie Mom at 06:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers