2017年06月24日

週末いろいろ シュナは3歳

Unknown.JPG

週末に写真を撮ってもらうかもと言われたので
慌ててトリミングに行きました。 

Unknown.JPG

折角だからとわたしも写真を撮っていたらギャラリーが増え、注意散漫なアンシュナ。

Unknown.JPG

マイ夕方、誰も居ない公園でのアンジのボール取ってこい、動きにキレがあります。

Unknown.JPG

シュナは気をつけないと猫を追う恐れがあるのでハイバリュートリーツ(大好きオヤツ)でしっかり
注意を引きます。

39667616_Unknown.JPG

イギリス時代の友人が出張で来日につき、旧交を温めました。

39667536_Unknown.JPG

イギリスらしく夕方のハイティーで積もる話を。母も久々に英語でカタコト喋ります。

IMG_4068.JPG

今日は公園で歩いた後、アンシュナが立ち寄ると言うのでランチ。

Unknown.JPG

シュナはお誕生月です。


記録のために作ったシュナの2歳の思い出です。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンのクリック、有り難うございます。コメント非公開をご希望の方はその旨お書き添えくださいね。






posted by Angie Mom at 20:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ドッグショーに出るなら

39137856_Unknown.JPG


シュナは今月3歳を迎えます。
2歳から3際は身体的にも精神的にも大人の階段を上った1年でした。
この間、シュナはドッグショーにチャレンジしました。

飼い主が犬と一緒に何かをしたかったのに加えて
愛犬はどういうウエスティなのかという本質を分かりたい思いからでした。

そしてそれはなかなか分かりませんでした。

余談ですがわたしは外国に長く居住していたので
欧米人を見てその人がどんな人かをある程度見分けることが出来ます。
各国の人を数多く見ているので識別のヒントを持っているのです。

ところがウエスティは、日本のドッグショーででなかなかお目にかかれません。
比べようにも出陳数が少なくてひとり旅だったり
たまに相手がいてもタイプも全く違ったり。
また日本のショーでは出陳者が評をもらう文化も機会もないので
愛犬の本質を見知るヒントが見つかりにくいのです。

ショー参戦中、犬のプロ、セミプロの方々からはアドバイスをいただきましたが
どちらかと言うと勝つための戦術だったり、犬の欠点の隠し方だったり、精神論だったりで
探していた答を見つけるには至らず
禅問答のように自分で考えるしかない孤独な時間でもありました。

ところが一方で参考になった経験もありました。
それはブリード専門ジャッジによる審査と短評でした。

2016年のFCI千葉インター。
その前年に訪れた英クラフツで観たウエスティブリード戦の審査員が来日するとのことで
勇気を奮ってシュナを出陳する事に。

この審査員は、その1ヶ月後2016年クラフツでテリアグループ戦の担当でもあり
ベストインショーに輝くウエスティのデボンをグループ一席に選出し
ファイナルに送り出す立役者となります。

IMG_2954.JPG
1歳半当時 まだ身体が細い、、

生憎出張と重なりショーは観に行けず、結果を聞くに留まりました。
果たしてどんな評価だったのか、
当時のシュナの課題は心にかかっていましたが、誰に訊いてもよく分かりませんでした。

その後、春と秋にもショーに出ましたが
リング内で評価やアドバイスを訊ねられる空気ではありませんでした。

外国ではドッグショーの後、審査員が短評を公開したり出陳者にアドバイスをしたりして
犬種の発展を支えています。

後から知ったのですが
日本のドッグショーでも、犬の短評が記録され入手も出来るとのことで
早速取り寄せてみました。

IMG_3826.JPG

そこには当時のジャッジ達によるシュナの評価が記されていました。
興味深かったのは、グッドタイプとかグッドムーブメントとか
勝てたときの短評はたいがい良いことばかりで実は余り参考になりません。

ところがウエスティを専門としているブリードジャッジの短評は違いました。
ベストオブブリード勝者でも、全体評、良いところ、課題、がきちっと書いてありました。
この短評こそが、私の求めていた問いへの答えでした。

チャンピオンだから、あの犬舎だから、良い犬なのではなく
スタンダードに照らして客観的にウエスティを評価出来る人のコメントは何物にも代え難く
この短評はどんな良い色のリボンや盾よりも私にとって宝物となっています。

そしてこの短評こそが、ドッグショーが繁殖と表裏一体で
繁殖者はケンネルブラインドにならないよう犬のクオリティをチェックするために
ドッグショーがあるのだと腑に落ちました。
次世代の繁殖には、交配相手を選ぶ上で、
愛犬と相手の犬の特徴をよく理解しておく必要があるからです。

今春はウエスティのパピーも周りで生まれていて、この秋はショーシーンも賑やかになるかも知れません。
ドッグショーに出るならブリード専門ジャッジを選べ! そして短評で学べ!
これがわたしの拙い経験から申し上げられる、今後のドッグショー参加者へのメッセージです。

Unknown.JPG



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただきましたか? 左ボタンのクリック、有り難うございます。
posted by Angie Mom at 21:46| Comment(2) | ドッグショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

親ウエス 子ウエス 孫ウエス


Unknown.JPG
アンジ

入梅前の爽やかな週末。

思えば8年前、アンジを迎えたのも6月でした。
そして3年前にアンジパピーズを授かったのも6月。
アンジっ子達は今月もう3歳になります。

Unknown.JPG
シュナ トリミング前


Unknown.JPG
ヒマワリ

そしてこの日は、アンジの子ヒマワリとヒマワリパピーズの何人かが集まる機会に
アンジとシュナも参加しました。

IMG_3963.JPG
9ヶ月から9歳まで9匹  トリプル9です。

初めてウエスを飼う方、
先代を見送って次世代を迎えた方
それぞれのウエスライフで、同胎兄弟や、親、祖父母と逢える機会があると
日頃考えたこともない愛犬の歴史と、その成長を客観的に見る機会になります。


Unknown.JPG

トリミングやコート管理のヒントを貰ったり

Unknown.JPG

ワンプロしたり

Unknown.JPG

綺麗な芝生の木の下でピクニック。

Unknown.JPG
脱走試みるS

ここはドッグランもあり、それぞれが日がな寛ぐことができます。

Unknown.JPG

四肢や筋肉の動きもチェック。

Unknown.JPG

犬達も笑顔

IMG_4036.JPG

「ウエスティってかわいいですよね、うちもウエスティになれるよう頑張ります」
とおっしゃる初心者飼い主さんも良い笑顔。

ゲームしたり、遊んだり、質問、疑問を共有したりと、夢のように楽しい一日でした。
またお会いしましょう!




にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難うございます。コメント非表示をご希望の方はその旨お書き添えください。



続きを読む
posted by Angie Mom at 08:39| Comment(4) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

逢いたいひと

IMG_0225.jpg

誰だと思いますか?
アンジに関係あるひとです。

IMG_3053.JPG

ふわー、わたしぃ?

アンジの同胎兄弟のきら君。
同胎兄弟で唯一分かる男の子、親戚さん探し、houdy登録で存在が分かりました。
飼い主さんはアンジのブログを読んでくれていたのにまったく気づかれずお互いサプライズです。

果たして再会出来るかでしょうか。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難うございます。コメント非表示をご希望の方はその旨お書き添えください。



posted by Angie Mom at 04:06| Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers