2017年11月26日

ストラバイト収束 ー 終息記

アンジはこの夏、何度か粗相をしました。
粗相といっても自分の特定のベッドにおしっこをしてしまうのです。
避妊手術後に尿道疾患で知らずとおもらしをすることもあると聞いていましたので
原因を探るべくアンジを病院に連れて行きました。


灯りを落とした診察室で膀胱を超音波検査で見せてもらった時
キラキラ光るものが見えました。
そういえばおうちのトイレトレーにも時々銀色の粒子のようなものが
あったのを思い出しました。

そして尿検査の結果
 ー 尿にストラバイトが出ている
 ー 若干の細菌炎症も見受けられる
 ー 尿のPHが9を越えてアルカリになっていた

そこでまずストラバイトの原因となる炎症を抗生剤の投与で消炎することに。
同時に尿のPHバランスを戻すために療法食も薦められました。

ストラバイトに関しては、巷をネット検索しても同様の対処方が出ています。
友人の経験談などを参考にしながら次を試みました。
  加水(フードに御湯を加える等)して排泄を促す
  サプリメント(クランベリー)と強めのプロバイオティクスを摂取させる
  毎日一定の時間(朝一番)の尿のPHを測る

先の北米出張で購入したサプリを早速使ってみました。

080BE0DC-2DB8-4201-A9C3-B857EB3AB96D.jpeg

同時にリトマス試験紙で毎朝一番の尿を測定しました。

F98D082F-5AAD-47F5-9FD0-B721EA6702CF.jpeg

抗生剤が効いたのか、尿のPHバランスは家では6−7で安定していました。

そして1ヶ月後の今日、再び検尿結果は
ストラバイト  クリア
細菌      クリア
PH       5.5
と正常の範囲に戻っていました。
ストラバイトが出来る原発(尿路炎症)を治療する方針が正しかったようです。

今回ストラバイト関連の管理で一番参考になったのはたまたま知り合いが書いていた記事でした。
病院にはそれとなく療法食を避けたい旨をお伝えして
今回は普通食で様子を見る事で治癒に至りました。

先月北米のペットストアを覗いてサプリメントが充実しているのに驚きました。
もっとも北米は人間もサプリメントを多用する国です。
知人の話によると北米のペット医療費は日本より高いので
人もペットも日頃からサプリなどの予防的に健康管理をする人が多いとか。

予防的管理だけでは処置できない病気や炎症は、病院にお世話にならなければいけませんが
アンジのような例もあるとどなたかの参考になれば幸いです。

5ACE86A4-EF69-4158-AB71-192C59C74EAE.jpeg
わたしは元気です

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!

posted by Angie Mom at 12:12| Comment(0) | ウエルネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アメリカのペットストア事情

先の出張の帰りにアメリカに立ち寄り、30年来の友人に会いに行きました。

8125D7FD-EC4D-4E65-B6BE-DF5671B11E1F.jpeg

ニューヨーク州の隣のニュージャージー州に居を構えて早20年ぐらいでしょうか。
彼女もイギリスで長く暮らしたのでお家の内装はイギリス的なテーストになっています。

2B563E9C-9443-44D2-AC2F-2AD0456AD7B3.jpeg
ジョージ(手前)とメリーは同胎兄弟です。

最近犬を飼ったと聞いていましたがやはりイギリス犬種でした。

9年ぶりに自宅にお邪魔しただけでなく、週末にはハンプトンズにある別荘に連れて行ってくれました。

88169522-ADE4-4E95-BFB3-7FD1A334D8E5.jpeg


ハンプトンはニューヨークシティー近郊の富裕層の別荘地として有名な場所で
わたしも大昔に行ったことがありました。

6356374E-C65F-4296-A89D-C1E47109F081.jpeg


どの家も高いヘッジに囲まれて数億から十数億する広大な敷地です。 
小説の華麗なるギャツビーの舞台にもなったところ。
素敵なところでしたが、このような浮世離れした別世界を見るにつけ、
アメリカの富の偏在を見せつけられているようで少々複雑な思いがしました。


470FE68C-9917-46FB-8635-D16CFE02A7C5.jpeg

ここは有名なクーパーズビーチ。 
平日の昼間であまり人はいませんでしたが美しい砂浜が続いていました。
こんなところをノーリード愛犬と散歩出来たらどんなに良いでしょう。

F0A362FC-3A88-4DA8-9AF6-0F36B3EC1CAA.jpeg

プール付きの別荘は5ベッドルームある大きなおうちでした。

さてニュージャージー州に戻って、彼女が地元のペットストアに連れて行ってくれました。
大きなモールの一角にホームセンターのような店があります。


13E1B97D-84DB-4306-A27B-BEC6133CB7BB.jpeg

お店には2か所の生体取り扱いセクションがありました。
ひとつは保護犬を陳列して里親を募集するセクションです。

56713F1C-FABB-4235-BE0E-96063C58C75C.jpeg


ここで保護犬が引き取り手を待っています。 いくつかのワンがon hold 予約済みでした。

79006B64-A85A-44E1-AA63-E5C27404A10C.jpeg

話には聞いていましたが、このような大手のペットストアで保護犬にかなりのスペースを割いていて驚きました。
お店には犬を飼いたいという人が子供らと熱心に見に来ていました。

そして店の一番奥に入っていくともう一つの生体販売セクションがあります。

EA1D87BA-EAEB-4525-8EBC-217816C7A58C.jpeg


こちらは通常の子犬の生体販売になっています。なんだかこちらの方が、無機質なインテリアで
寒々しく感じました。

幸いウエスティ はいませんでしたが、良い感じのスコッチのパピーがいました。


A67838E8-BF8F-4FB4-919D-9FC8106761DA.jpeg

どの国でも、このようなショーケースの中にいる犬達は可哀想に思えてなりません。
できるだけ短い時間でよい家庭に引き取られることを願わざるを得ません。

少なくともお客さんは自分の考えに合わせて保護犬か子犬かを選ぶことが出来ますし
店としてはペットフードやグッズの販売につながるので成り立つビジネスのようです。

スペースの問題はあるにせよ日本の大型流通店でもこういった取組が進んで欲しいと思います。

DAD27A46-8272-487A-A3D1-387CCA4174BD.jpeg
帰りに古巣のニューヨークシティにも寄りました。
ここでも会いたい人に逢えて良い休暇になりました。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!



posted by Angie Mom at 12:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

夢のウエスティ同窓会

931D903A-575C-464F-A7F0-AA8C523E0DE9.jpeg


稀少な今年の秋晴れの下、アンジをいただいた旧犬舎のホームカミングデーが開催されました。
この犬舎は舎主の逝去とともに3年前に閉舎になっています。
過去40年間、ウエスティを繁殖してきた犬舎は他にも世代交代などで閉舎になっていますが
こちらはスタッドドッグを13頭擁していた大きな犬舎でした。

舎主のご存命中は実現することのなかった親戚会を開こうと周りに声掛けしたところ
すぐに40頭超の参加表明がありました。

10312EA2-3964-4CF3-BD27-EAE33B485053.jpeg

今回は2012年以降のワンにしか連絡出来ませんでした。
そんな中、2000年代生まれのウエスティは貴重な参加でした。

50CD2258-C1E0-4C67-8401-1377F61CC902.jpeg
くりちゃん  今回最年長

660D9A63-BD52-4998-B975-AE7A52DABA3B.jpeg
クレアちゃん ブログウエスティの女神 

354F599D-5A0F-4007-AB0B-0936BA2B90C9.jpeg
バジル君



当日、わたしの役目は参加者が御持ちいただいた血統書の解読でした。
すると次々に素晴らしい血統を持ったウエスちゃんがやってきて
異母兄弟や同胎兄弟が発覚したり、再会が叶った日になりました。

後ほどいただいたある方からの手紙には

...一番感激だったのは、XXXの子ばかりを集めてくださったとき5年ぶりで我が子の兄弟に会えたことです。当時お店に伺った折は3ヶ月の赤ちゃんが2頭いまして1時間ほどどちらにするか迷ってしまいました。ずっと心にかけていました。

とありました。

わたしも過去にすれ違い迎えられなかったワンがいて、その後どうなったかとしばしば思う事があります。我が身にもつまされる飼い主さんの想いに、本当に良かったとわたしも感激しました。

この会で、本犬がみずから語らない来し方に飼い主が想いを馳せて
先代のブリーダーさんを偲ぶ日をお手伝い出来て嬉しかったです。


2E3D8ECC-F8BD-4350-8F83-0D088B553E2D.jpeg


そしてその血統を受け継ぐ新しい命も生まれていました。
血統はどのウエスティにもありますが、大切なのは、
プロのブリーダーさんのスタンダードへのこだわりと絶え間ない努力と管理により
病気や欠点の少ない安定した繁殖を実現することです。

個体差はあれ、繁殖の質が安定してこそ、飼い主は安心してパピーを迎える事が出来るのです。
この男の子はどんなご家庭にいくのでしょうか。ご縁を楽しみにしています。


FB352B17-95AD-48EE-BAC4-E18B0479F0EF.jpeg


昨日ライプツィヒで行われたワールドドッグショー2017でブリーダーグループ2位入賞の
ロシアのブリーダー。2年連続入賞です。 ウエスティの発祥地スコットランドに敬意を表して
タータンを身にまとっています。


あの伝説のウエス、ムーンパイロットを擁した犬舎もとっくに閉舎となっています。
その時代時代で、ウエスティを後世に存続させる犬舎が新しく出て活躍していきます。
新しい犬舎の今後の活躍に期待しつつ
次回はもっと多くの同窓ウエス達と集い、先代、我が子、そして新しい命を祝したいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!







続きを読む
posted by Angie Mom at 20:16| Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

バーチャル五世代ファミリー写真

C62828AF-EEC3-4290-9712-10307D8D8463.jpeg

息子のファーガスが上京するので羽田に出迎えに。
空港は、某国の要人来日で厳戒体制でした。

その足で、ユラの見舞いに行きました。
ユラはアンジの母です。
最近、体調を崩してると聞いて、娘と孫でお見舞いに行きました。

FF93EFB7-F466-4966-B332-D17EBEDC66F9.jpeg

ユラはちょっと細くなっていたけどまだ体重もあり、安堵しました。
養生してね。


C9E0AD65-E1FA-4BF7-9AEC-F9746B27164F.jpeg

シュナとファーガス

兄弟ご対面。
シュナは嬉しそうにじゃれついて行きます。
離れていても兄弟は覚えていくのでしょうか。

これからも一緒に犬生を過ごそうね。


A46E0311-DD63-4503-8F1D-019C3081BC87.jpeg
翌日、アンジファミリーが集い

DSC00487.JPG

この子が5世代目のパピーです。
ユラ、アンジ、ヒマ、ヒマの息子、そしてパピー
一緒に写真は撮れなかったけれど、心の中ではファミリーは一緒です。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!



続きを読む
posted by Angie Mom at 18:25| Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers