2018年03月27日

3月20日はナショナルウエスティーデー

3992815D-6006-4B6A-A6F2-789343CA3C76.jpeg

この有名な写真はウエスティを作出したと言われているエドワードマルコムが自分の領地でウエスティ達と共に撮っっている写真です。

ナショナルウエスティデー、、、
何年か前にSNSでそういった日があると目にしたのですが、今年は何人かがこの日を祝して記事をアップしたりシェアしています。その起源はウエスティを作出したエドワートマルコムが1930年に92歳で没した日だからだとか。今年はそれから88年目に当たります。

この日を祝して、世界中のウエスティ オーナーさんがコメントを残しています。

マルコムさん、人生の宝物をありがとう!
レスキューウエスティを8頭飼っています。ウエスティ犬種大好き!
一生、ウエスママ!
ウエスティは永遠です。犬はすべて好きだけどウエスティにはハートを盗まれました。
1982年以降、ウエスティを飼って今、5,6,7番目のウエスティと暮らしていますが、家族を入れると25頭のウエスティを飼っています。
26年のウエスティライフでウエスがいなかったのは2週間だけ。
素晴らしい犬種を世に送り出してくれて敬礼!
うちのウエスティはマルコムさんんから名前を貰ってマルコム
ウエスティ大好き 他の犬種は考えられない
今日はあなたのウエスに追加ハグして、お気に入り散歩して、おやつを上げましょう!
この人によってわたしの人生は変わった。
35年間もの間、ウエスティに飼われていた飼い主
一度飼ったら、ずっとウエスティ
14歳の我が子がクリスマスに亡くなりました。寂しいよ。
6年前の今日、我が子を亡くしました。
ウエスティなしの人生は考えられない
パブに連れていった、いや我が犬に連れて行かれた
ありがとう!
一番右の子はうちの子みたい
毎日がウエスティデーさ
ポルタロックテリア?
彼はレジェンドだ

ちょっと遅れましたが、ウエスオーナーの皆さん、またはウエスティファンの皆さん、この日を記念してお近くのウエスティを抱きしめてあげてください!

おまけ
この方は、現在のマルコム家のご当主で19代目のロビンさんです。マルコム大佐の曾孫さんにあたります。

26605DA1-D511-4915-9C3C-D2DEB0E36EB9.jpeg

以前、マルコム家を訪れ、ご当主自ら当時のウエスティ ケネルをご紹介いただくという幸運に恵まれました。
日本から来た人は初めてと言うことで大変光栄でした。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただき、ありがとうポチ!

2018年03月20日

さくらの前に

E5AE3AB2-4789-449F-BE1A-A0799D4A9EB4.jpeg
空に宝石を散りばめたように美しいこぶしの花

来週は桜が満開になりましょうが、その前にこぶしが綺麗な花を咲かせています。
木蓮よりは華奢です。

FD70C252-EB6A-42DC-AFEF-2E0EED7257A1.jpeg

アンシュナのお気に入り散歩路。
此処はわたしが密かに滑走路と呼んでいる土手です。
そこにこんなにも素晴らしいこぶしの並木があり、花も満開だったとは。
今年初めて気がつきました。

B4C5F28B-275F-4E58-9DF7-3EC61C78A2CA.jpeg

8FB9E1C1-2AF2-461B-8927-F6CCA1CF21B8.jpeg
楽しいロング散歩でした。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!

2018年03月13日

アンシュナとお出かけ



36C2E0FB-8A1C-4B11-AB0E-B559888893A1.jpeg
シュナ 何処へ行くのか分かりませんが一緒ならいいです。

7C15D122-4A95-491D-A392-66DB1B5C975D.jpeg
アンジ おやつがもらえれば何処でもいいです。

3月、2回目のお出かけは久々にアンシュナと一緒。
このところ旅というと犬は後回しにになっていたので、今回は一緒を優先。
行き先は小谷流の里ドギーズアイランドです。
目的は、飼い主のリラクセーション、犬はアウトドア時間。

4C9A0B5E-8C47-4FE4-99C8-F8C530B56196.jpeg
ドッグランにて

EB2720B8-BE40-43BF-9875-5F244CE61B71.jpeg
他のワンちゃんと走るシュナ

94019C11-764D-40B0-905F-72573544FC34.jpeg
アンジ

791F5A53-3EF1-4994-8907-0EBBF117AE58.jpeg

35397AAA-3957-4DFD-8609-5CF720F94D12.jpeg

何してるかって、久々の連続ジャンプはいい加減な出来になってしまいました。

06076E48-B13B-4269-A308-2151020C142B.jpeg

そうそう、関西からおいでのさくらちゃんとランでお会いしました。記念写真。
とっても可愛いくて明るいお嬢さんでした。 シュナを誘ってくれました。

154E798E-609C-4D02-889D-4122E420D54D.jpeg
ランの後はバーでビールの至福。

気兼ねなくワンといっしょに楽しめるリゾートは良いですね。 ゆっくりと我が犬も観察出来ます。来られている方々ともお話がはずみました。犬が中心の時間は楽しいですね。
3月はイベントが続きます、、、。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!

2018年03月07日

飼い主の誕生日

49D6806C-75F7-4166-AF26-AF3E8A44D31E.jpeg
精進湖

今月は飼い主の誕生日でして、昨年未消化の有休を使ってリフレッシュすることに。

早春のウイークデーに、母を連れて富士五湖へ行きました。
毎年誕生日は本人より母親を祝す日としています。

冒頭写真の此処は30年前にドライブで富士五湖めぐりをしていた父母が
景色の美しさに足が止まってしまい何の準備もないまま湖畔のホテルに一泊した思い出の場所です。

父の没後、母はそれがどこの湖だったかが分からなくなってしまい
5年ほど前に富士五湖を巡って探したところこの景色を見て
母が「ココ!」
以来、時々訪れるようになりました。

4FB1ED04-BC55-43CE-8801-F54612226A37.jpeg

今回の宿はお隣の河口湖にあるヘルスファームのようなホテル。
昔は日帰り温泉だった施設に宿泊所が増築されたそうです。部屋はホテルのようですがミニキッチンもあり湯治場逗留も出来ます。床暖房も入っています。

E74F3E28-3A16-4E7A-9390-A744DBFCEF69.jpeg

翌日は甲府でイチゴ狩り。昔イギリスのイチゴ畑でイチゴ狩りした覚えがありますが、
こちらは観光農園で近代的な設備になっています。
もぎたてのイチゴは優しい甘さでした。

DA50C385-428D-4982-9EF8-83F12DCEBCCD.jpeg

帰りには名物だとういうほうとうもいただいて。

68A4ECC2-4DC8-46ED-8706-933F79C5490F.jpeg

バースデーのアレンジも届きました。
後ろに小さく見えるはシュナのFCIインターチャンピオン証書。
噂には聞いていましたが1年経ってようやく届きました。

春のはじまりです。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!

2018年03月06日

血統の記憶

989E2288-4520-427A-89EA-01899078076E.jpeg

明日からイギリスで世界最大のドッグショーCRUFTSが始まります。
このドッグショーは、2010年、2011年、2015年に訪れましたが、2015年は奇しくもウエストハイランドホワイトテリアがベストインショーに選ばれた1990年から25年目でした。
もっともその次の年に再びウエスティがベストインショーに選ばれるという快挙もありました。しかしそのワンの子孫は日本にはいないので、今日はその一世代前のベストインショーのウエスティについてお話したいと思います。

43104C3D-DAFE-4908-9E30-9D1AE791E10C.jpeg

というのも1990年にBISとなったOlac Moon Pilotは、その血液が世界中に拡散し、日本にもこの血統を引いているウエスティが沢山います。 クラフツでは1976年にDianthus Buttonsというウエスティ がBISを受賞していますが、ムーンパイロットは今でも48枚という最多チャンピオンカードを持っている伝説の名犬です。

ムーンパイロットは1986年3月16日に生まれました。
父はOlac Moonmaverick,同胎のOlac Moonblazeはアメリカのチャンピオン。ムーンパイロットはコールネームをPaddyといい、1988年には全犬種のショーでBISとなり、その年22枚のチャンピオンカードを獲得して名実ともにトップドッグとなっています。

ムーンパイロットは3頭のUKチャンピオンとなる牡とDavot China Dollという牝が直子で、その牝の娘Ashgate Braw Brincht Lassが生んだ3頭のUKチャンピオン牡と、牝のKrisma Keynote at Olacと、そのまた息子のチャンピオン犬であるKrisma Streetwiseを輩出しています。 この犬の名前を血統書に持つ日本のウエスティも多くいるので念のため。

血統など、親戚さんを探すぐらいで関心はないかもしれません。
しかし興味を持ってみると犬にも歴史があるのです。
もしお手元に血統書があれば、このような名前を探してみてはどうでしょうか?


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!
PitaPata Dog tickers