にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  ポチ!    コメント非表示の場合はお書き添えくださいね。

2018年04月30日

親戚さん 探しています

ED8B8D4B-34B6-4384-95A7-F7E6E026A86E.jpeg

おうちでまったりしていたら、近所のマーちゃんが胴体姉妹(真ん中2人)を連れて寄ってくれました。
マーちゃんを見初めた時、その体躯やお顔が同系のような気がして犬舎名を聞くも、違いました。

ところが後日血統書を見せてもらうと、父母共に同系統でアンジの父とも一緒で、一挙に謎が解けとても納得。
マーちゃんは拙宅の前まで来ると外から切なそうに呼ぶのです。
飼い主には分からない血液の歴史の何かをワンは感じてるものなんでしょうか。



お知らせその1

ウエスティ オーナーさん

お手元の血統書の当人、もしくはご先祖さんに以下の犬舎名が有りませんか?
もしあったら秋のホームカミングデーにおいでになりませんか?
虹の橋を渡った先代犬でも構いません。
特に10歳以上のウエスティちゃんが見つかったら嬉しいです。


犬舎名の例

SUN FLOWER MEADOW サンフラワーメドウ
MY RHYTHMSOW FCI マイリズムソウ
WISHING WELL’S LIGHTENING STRIKES AGAIN ウイッシングウエルズライトニングストライクスアゲイン
CLANTARTAN ASTRONAUT クランタータンアストロノート

21246AFB-8D3C-4B72-8CD2-D054ECEA9BAE.jpeg
昨年のオフ会の様子

もし血統書に犬舎名が見つかったら、下記のコメント欄(非公開にします)からご連絡ください。詳細をご案内致します。


お知らせ その2

B0A2EF28-3262-432E-99EA-3CD9AE695429.jpeg

上記の犬舎の中で、ウイッシングウエルズライトニングストライクスアゲインの歴史については以前の記事でご案内しました。その後、繁殖者であったパティさんと連絡がつきました。 日本にはうちを含めて沢山の子孫がいますとお伝えしたところ、

『ご連絡ありがとう。 この仔はカービーといって、母(バーバラキーナン)と私が繁殖した最後のウエスティ です。
カービーは仔犬にショーで活躍しましたが、本人はショーをあまり楽しまなかったのでキャンペーンはしませんでした。』

バーバラキーナンと言えば、アメリカのウエスティのブリードアイコンと言っても良い方です。 16年時が経って繋がる縁、娘さんのパティさんも日本へ送った繁殖犬の行方が分かって喜んでおられました。

上記ご案内のホームカミングデーでは、飼い主さんが知らない我が子に流れる血液を認識して祝せる機会になると良いなと思います。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!

2018年04月23日

アンジの災難

255EAE81-4B3A-4D19-B7C0-4B9430A514C7.jpeg


アンジの災難 その1

散歩が終わり、玄関に戻って来た時、
たいていシュナが先に玄関に入り、その後アンジがゆったりと入ってきます。
わたしはその動きを横目で見ながら、ドアを閉めます。

ところが先日、アンジが玄関に入りドアを閉めたら、アンジが無言で50センチぐらい飛びました。
本人、焦った様子で驚いています。

ずっと直角に立っていたアンジの尻尾は歳とともに80度、70度と斜め立ちとなり
結果体は玄関に入っていても尻尾の先はまだはいってないところにドアを閉めたので
尻尾の先が挟まってしまったのでした。
ちょっと血が出ちゃいました。
日頃のルーチンも歳とともに変化があるのですね。 気をつけます。



83C7311A-9B24-42F4-ABA3-39BA324C3288.jpeg


アンジの災難 その2

昨年、尿路感染症とストラバイトが出ていたアンジ。
それからは毎食のフードに加水して食べています。

ある日、夕方仕事から帰宅して2ワン散歩に行き、玄関で脚を拭いていたら
グー、ゴロゴロ、キー、っと聞いた事もないようなお腹の音。
他の飼い主さんがよくお腹がゴロゴロなって、お腹を壊しているサインと聞いていたので
アンジもお腹が悪いのかな、今日は夕ご飯抜きかな、と思っていました。

そして台所に行ったら、なんとアンジの朝ご飯がそこに!
御湯が熱いから冷ましていたらそのままやるのを忘れていたのでした、、。

アンジのお腹の音は、空腹の音だったのです。
アンジごめん!

65B88543-DA9B-425C-92D1-246620CD0A46.jpeg
バイバイするシュナ


週末は四月と思えぬ陽気で夏日が続きました。

DA2DC311-7BF9-4664-B985-81C288892F34.jpeg



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!

2018年04月22日

オリジンとアカナドッグフード 米で集団訴訟

オリジンもアカナもハイクオリティドッグフードとしてアンシュナもローテーションで食べています。
お値段も安くないですが、健康へのこだわりで選んでいました。

ところが先月、アメリカでこの2つのドッグフードに、
重金属汚染があるのにそれを開示しなかったとして消費者から集団提訴されたニュースがありました。
フード会社が重金属汚染を開示しなかった怠慢を問題としています。

39B8A1F5-8E1D-443F-A656-B79C65F5F100.png

これまでフード選びは、ホール肉やタンパク質の割合、添加物がないなど、成分表でチェックしていましたが開示されていない汚染に関しては調べようもないのが消費者です。
今回はある団体が実験をして出た結果であるそうで、上の表を見るとオリジンの場合は鉛とヒ素の含有量が多いようです。しかしフード会社は米FDAが定める基準内と反論しています。

あるかないか分からない健康被害のリスクからどうしたら身を守れるか、、、

なるべくアンテナを張ってリコールやニュースに気をつけてと思いますが
ネット情報の真偽も定かではありません。ましてや日本語での情報はもっと限られます。


とどのつまり、我々には偏らず色々なフードを摂る事で見えぬリスクを低減させておくことしか出来ないのかもしれません。
フードは当面の間ローテーションして、一方でデトックス方法を考えようと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!

2018年04月16日

日常の健康管理

FB616E70-CB6B-48F6-912B-9AB7CD1FD658.jpeg

毎朝、早朝散歩を終えて飼い主が朝食を取る足元に控える2匹です。

AE32CDA4-B81E-4D06-8722-080661BAA06F.jpeg

少しするとシュナは諦めて去ってしまいますが、アンジはその場に留まり、
そのあまりにも愚直な表情に飼い主は可愛くて仕方ありませんが
カワイイね〜、と撫でても本人はちっとも嬉しそうにせず、
真顔でひたすらおやつが降って来ないかが関心事です。

8AC2A17B-2189-4027-BF92-617C8B45440D.jpeg

日本ではあまり知られていないんでしょうか、念のためご紹介。
犬が膀胱炎や尿路感染症にかかると大抵は抗生剤を投与します。
服用が終わった後の予後に効果的なのは加水とクランベリーのサプリです。
おしっこを促して、酸性に保つことで感染症を予防します。

うちではこのサプリをフードにふりかけたりヤギミルクに溶かしてやります。
ヨーロッパでは人間の女性も膀胱炎予防でクランベリーサプリを摂るんですよ。

4C53F1B7-F62D-4CBF-952A-59C83F4D6D10.jpeg

こちらはワン用のバランスボール。
去年の秋にイベントでその存在を知ってから、取り寄せ購入しました。
その時の記事はこちら

その後家で使っていますが、アンジもシュナもおてのものでヒョイと飛び乗り
おやつ欲しさに最近では立ったままお手やバイバイをして体幹バランスを整えています。
二桁の歳になり、あまり行動的でないアンジに重宝しています。

C5AF6992-51AD-49A4-A999-47F8F862632C.jpeg

166C0602-32FC-4F04-BCDB-3D00269C8DFF.jpeg

最後に知人よりフランス旅行でいただいたお土産

1FF68471-61DD-477B-A0D5-991423D7A51D.jpeg


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!

2018年04月09日

記憶より記録 その2

今年のソメイヨシノ桜は、仕事の繁忙期と重なってゆっくり観られませんでした。

先週末訪れた公園のしだれ桜。
ショウゲツという種類でとても美しかったです。

200CE166-1AF6-4A92-9E18-39325B967BA3.jpeg

こちらは近所の公園の八重桜

F3B6F0DF-18F3-479B-9927-D68CB4A90D67.jpeg

また来年〜。

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!

ジャパンインター2018

3月と4月は忙しくイベントが続きまして記憶が危うくなってきた昨今、
記憶よりより記録!しておきたいと思います。

91131B44-CB08-4BD1-93AB-2686D3DA2C11.jpeg

まずはジャパンインター。
何を隠そうアンジっこも長男と次女が昨年出ました。

4CD8DF56-9412-43C6-B455-FFF2B3F700BB.jpeg
シュナ

CC626967-E858-4389-8138-3D26C1179730.jpeg
ファーガス

今年のテリアグループはロシアやアメリカから犬やハンドラー遠征組の出陳もあり盛り上がりました。
072A1104-5DAA-48BA-A491-260C14BDF668.jpeg


特にウエスティ牡は、1ヶ月前にクラフツで3位に入賞したアトム。
予想通りグループ戦を勝ち上がり、最後はリザーブキング。
6B326097-4424-473F-AD1A-8DA3F200C6E5.jpeg

牝もグループファーストと、ウエスティ愛好家としては嬉しい結果でした。
81682F96-1873-459A-825C-A4AC62EA750D.jpeg
この写真かわいいですね。

1CBC429C-52A5-4740-8AC3-024E61ED9F41.jpeg
ジュニア組も頑張って盛り上げてくれました。

みんな綺麗で眼福でございました。

ショーでもないとなかなか頑張ってトリミングしないもんです。しかし一旦出陳を決めると、出来る範囲で色々管理に工夫をし、その時のベストの状態に持っていく努力をします。 結果、勝っても負けても思い出深い記憶になります。

今回チャレンジしたみなさんの今後の健闘と活躍を期待しています。
目指せ、ウエスティ のベストインショー!

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!

2018年04月02日

シュナの ルアーコーシング体験

165013AC-B342-46E4-AA85-181761A863E6.jpeg

ルアーコーシングを知ったのは、敬愛するウエスティ の達人、ジェーンさんのウエスティ がこのスポーツをやっている動画を見たからです。

ルアーコーシングは、犬が獲物を追って走る競技です。(この日の会場はこんな感じ)


本来ウエスティ は穴の中のヴァーミン(害獣)を捕まえるために作出された犬種ですが、家庭犬になってからは仕事が無くなり本来の犬種の本能を使う機会が失われています。
普段から猫や鳩を追っかけたいシュナに一度くらい獲物を思いっきり追っかける体験をさせたくて、体験会に行って参りました。

461DC747-F332-41EC-814D-3A0D10B660D5.jpeg

ルアーコーシングは何と言ってもハウンド系のスポーツ。 短足のウエスティ が参加しても良いのだろうかと不安でしたが、現地ではコーギーやダックス、フレンチブル、肥満気味のラブラドール?、とさまざまな犬種が楽しく参加していました。タイムも取らないので和やかな雰囲気でした。

C867B6D7-D989-4B37-86A5-DA01D3692ED0.jpeg

ルアーコーシングは器具やネット張りと大掛かりなセットアップが必要でなかなか素人では出来ません。
皆ワンが思いっきり走れるようにずっと装置を動かしてくださる方がたに感謝です。

2A03BEF9-4493-4023-A748-1BBAFF610849.jpeg

このスポーツでは犬も突然の爆走や、ルアーで怪我をしないように四肢にテーピングをするそうです。
シュナもピンクのテープを巻いてもらいました。

0D0DB15C-C964-4D0F-A29F-79906D1A0940.jpeg

シュナは小さい頃から棒に紐とモグラのおもちゃをつけて追っかけさせていたのでルアーには反応するはずでした。
しかし初めてだと、まずは獲物を追うんだという目的を意識させなければいけません。そして捕まえたいという欲もなくてはいけません。これは実は厄介で、日頃の躾トレーニングは犬の欲求を抑制する事が多いので、この欲が爆発すると呼び戻しがきかなくなる恐れもあります。 実際、参加していた犬が興奮して捕まらなくなった場面も何度かありました。

そして体験走行が始まり、シュナはうまく獲物を認識して走って行きます。 イケイケ〜。
5AA813CE-3D18-49B2-975B-43103CB4CC26.jpeg

全長180メートルのコースを全速力で走って行きますが、途中、歩みが遅くなり、うん?
AE0517EB-D99F-4FCD-AC48-051E8561709D.jpeg

追うのをやめて引き返して来ました。

4D6CDC42-D20A-4438-86B8-E891BA696211.jpeg

結果未完走。理由ははっきりしています。
獲物を追うのは楽しい! でも飼い主の足音が後ろに聞こえない見知らぬ場所につのる不安、、、。
マルコム氏の領地でもあるまいし、東京に暮らす犬はこんなオープンスペースでフリーで獲物を追いかける経験値が犬生一度もないのです。途中で引き返してくるのはシュナにとっては予想通りの行動でした。
東京白犬の悲しさよ、でもそれでいいんだよ。

57EB2244-21CC-4CFD-B560-92D1E5E8ACD5.jpeg

午後は反対方向のコース取りです。
後ろの体験組ワンちゃんは、ルアーでなくシュナについてわーいと走っています。かわいい。

何度か練習して目的を理解させる、そして欲を出させる、追い走る楽しみを発見出来るといいなと思います。もちろん呼び戻しも忘れずに。

558F4743-CFDD-4FD7-8A6A-B30FEAD8367D.jpeg

この後もシュナは何度も追っかけ、何度も笑顔で帰ってきました。

568285B0-2F51-47A3-BCF3-79DEABAA1CF9.jpeg

ピクニックとアウトドアとドッグスポーツ。
とても楽しい一日になりました。
また機会があったらチャレンジしたいと思います。

73CA8DE6-E509-4583-95F2-130465092B52.jpeg

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  ポチ!    コメント非表示の場合はお書き添えくださいね。
PitaPata Dog tickers