2018年06月25日

アンジの母親記念日、4年前の記憶

0AADF49C-EBDA-4FF4-9B8E-A7C9E961161B.jpeg

毎日ワールドカップの試合が続いています。 日本チームも頑張っています。

4年前の夏至の日に、アンジは仔犬を出産しました。
あの時もワールドカップの試合で世界中が湧いていて、テレビからは歓声が聴こえていました。

あの夜アンジは午前を回ってから帝王切開手術を受けました。
手術で仔犬を取り上げた後お腹を縫って、急いで麻酔から覚醒させます。

8A2C094B-CDDA-4055-910C-57DBAA47C6EF.jpeg
麻酔から覚醒させているところ

夜半の静寂の中、帰宅したわたしたちは息を詰めてアンジと仔犬を見つめていました。
お腹を切られて痛いだろうに休ませてやりたいのはやまやまですが
産後の母犬には、とても大事な仕事が待っています。

母犬の初乳には生まれたての仔犬の健康を守る栄養素と免疫抗体が含まれていて
仔犬にはなるべく早く初乳を与えてやらねばなりません。
通常は仔犬が産道を通る時の刺激でオキトシンというホルモンがが分泌され
結果、母性本能が呼び起こされて母犬はお乳を与えるようになると言われています。

しかしアンジは仔犬を産んでいないので、麻酔から覚めてみると知らない仔犬がいっぱいいるという状態。
仔犬は生まれたとはいえ、果たして母性の発露につながるのか、わたしたちはその行方を固唾を呑んで見守っていたのです。

096A9E23-EC9E-4217-AA2B-9787F665F0F8.jpeg
仔犬を見ているアンジ

アンジを休ませてから、そっと仔犬達をおっぱいにつけてやると、、、

0D09745C-694A-4A4E-B761-A83009915B3F.jpeg

アンジは顔色を変えることなく、静かにおっぱいをやり初めました。
すべての人工的、作為的な行いを超えた、感動的な瞬間でした。
アンジには母性が芽生え、もう母親の顔をしていました。

かくしてファーガス、アンガス、シュナ、ロビンの命はこの世に生まれ
健康にすくすく育ち、素敵なご家族に迎えられとても幸せに暮らしています。
それぞれのご家庭でお誕生日を祝ってもらっている事でしょう。

同時にわたしたちにとってはこの日はアンジの母親記念日になりました。


88F8D66E-D69A-417D-B210-67EF1ED7A6A9.jpeg

アンジ、母親記念日おめでとう。
今では少数のワンしか経験出来ない自然界の営みを淡々とこなした貴女に敬服します。

少しづつゆっくりになってきた貴女の生活、
これからも何度も一緒にワールドカップの歓声を聴けますように。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年06月18日

クラブ活動は楽しい

近畿地方の地震で被害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます。


梅雨寒の先週末は所属クラブの勉強会でした。
今回は初心者向けのハンドリング講習会。この日の講師はクラブ代表の方です。

ウエスティの単犬種クラブはないので、アンシュナは他犬種クラブに所属しています。

B374939C-9CC0-4208-ABE3-B28833D020DE.jpeg

サークルとお弁当とカメラとリードとおやつを持って、幕張海浜公園に向かいました。
あまり気温も高くなく日向でも過ごし易かったのは助かりました。
さて講習会では、

リードの掛け方と理由
リードワークの意味すること
スタンダードと審査員
トリミングの意味

などなど、すっかり忘れてしまっていたことはリフレッシュ、知らなかった事は勉強になりました。


54BFEFEC-57AC-431E-969D-B3E0F9ACEAC0.jpeg


テーブルプレゼンテーション
ラウンドとアップダウンの練習
ジャッジへの接し方

の実践練習をしました。
おもちゃを忘れていましたがなんとか形だけは歩いてくれました。
ファミリーで参加して、ママさんやお子さんが練習していて微笑ましかったです。

お勉強の後は、お弁当をいただいておしゃべり、これが深いお話で参考になります。

そして犬達はアジリティやフライボールを教えてもらいました。

173E3BD3-D60E-42A2-8B9A-BB77D78AB4B9.jpeg

B36B5577-0ABB-4E03-94FC-9F5E06E011F7.jpeg

みんな楽しそう。

3D027277-5B34-4E75-9FE8-BBA96FCAC63E.jpeg

あっこっそり草食べてるひと。


一年に数回このような会で先輩方から惜しみないアドバイスをいただく機会は楽しく
質問したり、ブリードに対するコミットメントの大切さを再認識したり。
管理のこと、繁殖のこと、血を繋ぐこと、健康のことなど
長く犬を飼っていると、自分流で盲目になっている部分に気がつかされたり
他の飼い主さんの犬の対し方から学んだり。

早速今日からの生活に活かそうと、今日の散歩もいつもと意識が違ったものになりました。
贅沢な学びの機会で、とっても楽しかったです。



最後に昨日はパパ不在の父の日なので
アンジの父、シュナの父へ。

59F04349-D027-43B5-BCFF-53F29911A50D.jpeg

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年06月11日

無麻酔歯石除去を体験

何を隠そう我が家では毎日ワンの歯磨きをしていません。
せいぜい数日にいっぺんとなっていますが、ワンの場合は2、3日ですぐ歯石になってしまうとか。

そもそも野生動物は生食を食べていれば虫歯になどならないはずですが
加工食品であるカリカリを食べていると歯石がつくのだそうです。

アンシュナの歯石は飼い主が時々スケーラーで取っていますが素人では取りきれなかったり
獣医さんに診てもらっても、炎症を起こしている訳でもないので特に歯石除去を勧められません。

アンジも10歳でこれまでのように麻酔をかけての歯石除去はしたくなく
たとえ麻酔をして歯石を取ってもまた溜まるので
一度無麻酔で取ってもらえないかと思っていました。

となりの区に無麻酔歯石除去をしていただける獣医さんの病院がありましたので体験してみることに。

さて先生との問診が終わり、お預けすることとなりましたら、次の同意書に署名を求められました。

416E9D07-763B-440A-8447-0223C8E035AC.jpeg

気になったのは、「歯石除去は歯周ポケットをケアしなければ、あくまでも美容です」というくだり。

言っている意味は分かりますが、歯石を取ることは美容だけでなく口腔衛生にも良いと思うんですがと物申してみる、、。

処置は20分ほどで午後に迎えに行きました。

EC155569-DB52-4A6B-A8E0-F80A62ED26B7.jpeg
このボードは体重計。

帰りの車中もそれほどストレスであったように見えないアンジ。

5D53734E-AEF4-48C4-95E3-0D19AD33FD3F.jpeg


先生によると、アンジが大人しく歯石はとても綺麗に取れたとのこと。日頃からハンドリングされることに慣れているとこのような時に助かります。
若干の出血もあったので抗生剤の処方もありました。こういう処置はやはり獣医の先生の方が良いかと思います。
アンジは以前、歯茎の炎症があったので、念のため服用しました。
アンジぐらいの軽度の歯石除去であれば、
歯はピカピカ、口臭もなくなったので、本来の目標だった口腔衛生は向上したと思います。

6C8074A3-0EDC-4D70-A36D-236C0147BB92.jpeg

今後はここから維持するために欲しいと思っている歯ブラシがあるのですが
まだゲットできていません。それまで、指サックやコットンパッドで頑張ります。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年06月06日

アンシュナ整体に行く

BD768E5F-77EA-48AB-8A16-0CF5D37C9413.jpeg

この日はずっと以前からお願いしたいと思っていた整体のセッションに行きました。
飼い主でなくワンの整体です。
アンジの姿勢や後脚を診てもらいたかったからです。

お邪魔した会場はドッグランが併設されたところで
トリマーさんや訓練士さんが常駐しています。

上の写真は時間があったのでドアノブのところにリードを引っ掛けて待たせていたら
良く訓練されてるね、と褒められたアンシュナ。YAY!

0E88B443-6565-4FB0-BC53-23B81BB5173A.jpeg

整体の先生を待っている間に、訓練士さんが追求の体験をさせてくれました。
追求とは犬に物を探させるスポーツです。
訓練士の先生に吸い寄せらるシュナ。

07AA23B8-3B01-49B0-95A3-E629939D220D.jpeg

追求の対象はガーガー啼くカモのぬいぐるみでした。
何か良く分からずも遊び探しました。

32A551EF-BA15-4852-9F2A-D33E41E80BD0.jpeg

緑のカモフラージュボードも上手く出来ています。
訓練士の先生によると、イギリスで複数のノーリードの犬が名前を呼ばれて自分の番になると追求しにいくデモンストレーションに感動して帰国後実施しているそうです。


さて整体の先生がおいでになり、この日は5匹ほどが施術を受けました。
犬の整体はアメリカのウエスティ オーナーさんが、パピーの時からやっているのを見て興味がありました。

ワンも個別の身体の癖や、加齢と共に可動域が狭まって負担がかかる場合があります。
獣医さんでは骨折や炎症でないとなかなか対応してもらえませんが、その前に出る兆候で予防措置が出来ればなと。
このセッションでは何度も犬を歩かせて姿勢を見てもらい、その後触診、調節してもらいました。


632C2014-489F-4768-8749-6BB84E368988.jpeg
シュナは気持ち良いのか笑顔

CCD648E5-58F1-4935-BDAD-67A63AF55599.jpeg
アンジも体験させてもらいました。

両犬とも施術の間は大人しく、硬くなった筋肉をほぐしてもらいました。

結果、気になる点もなく終了。
物言わぬ愛犬達も、その晩は爆睡していました。

時々お願いしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg