2018年07月31日

トリミングワークショップやら

3ヶ月振りにトリミングワークショップに行きました。
この間アンシュナのコートもおうちメンテナンスでなんとか持たせましたが、
ワイルド系は嫌いじゃありません。

今日の人気者はこのひと

1C8C15CB-C061-42ED-9616-4DB9AF72E9FA.jpeg
4ヶ月! アンジのひ孫なんです。

パピーのフルストリッピングは難しいです。 あまり取るとなくなっちゃうし。
この仔はコートがバリバリ、手に刺さるか、ぐらい硬い良いコート
これを1年半かけてフルコートに作っていくのに、(周りは)楽しみ、 (オーナーさんは)ご苦労様です。

今日は新メンバーのウエスティちゃんも一緒でした。
ウエスティを飼い始めた時、プラッキングする犬種とは言われずトリマーさんのなすままにバリカン入れていたワン。
フアフアの毛でブラッシングしても毛が舞うしホコリを吸う。
避妊もしてるしオーナーが抜こうとすると痛がるし、今から(3歳)抜けるの?

こういう疑問をお持ちのオーナーは多いと思います。
一度バリカン入れるとコートを戻すには時間もかかる。一回の生え変わりだけの問題ではありません。
でもその仔にとってのベストなやり方はあって、ボディ全体を抜かなくても良い
お胸だってバリカンとハサミでとっても綺麗に出来る。

Mちゃん、パパと良く頑張りました。今後のコートの変化が楽しみです。

77872D57-8A51-4E3B-B9DB-064E0907A4DE.jpeg


以下はわたしの学習備忘録ですので適当にスルーしてください。

この日の課題 シュナ
サイドのライン-> 肘から尾てい骨のラインから出ている部分を取る
顔まわりのコートマネジメントを学ぶ ->. 顔の抜き方、トップとサイドの長さと全体のバランス、 2週間ごと
おしり周り -> 特にバックサイドの尾の付け根からつむじまで、おしりの毛の長さとほっぺた面のつながり
足の裏と足回りの取り方 -> 確認済み 身体の反対側から脚を持つやり方
首 -> 太くも長くも見せたいが短くせず厚みを減らす
コートキングの使い方

76527B6A-E357-4375-837E-19A239E52B2F.jpeg
仔犬ちゃん、手で抑えられています。


BEB9E3FB-7170-4D55-8CDF-DE1513BEDC71.jpeg
おまけ
帰宅後、病院で縮こまるふたり。

アンジはこれまで皮膚炎症になったことはないですが、 この暑さで背中の段々に皮脂が溜まって炎症になっていました。
自宅で炎症部分の消毒で対応して来ましたが、この夏の厳しい環境で治す時は抗生剤投与もやむなし。
サクッと治したいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年07月23日

4歳の合同誕生会

82F435CC-D766-4977-8180-6F7FAF53E4A0.jpeg

週末は同年、同月生まれのお友達ウエスとの合同誕生会でした。
4年前のワールドカップ開催中に生まれたワン達で毎年お祝いをしています。
1歳はまだパピー、2歳は若犬、3歳で充実期が始まり、今年は輝く4歳です。
今年は皆ワンの都合がつかず翌月開催となりました。

52D25E48-1A41-4F06-B4B5-0E5038C88C44.jpeg

生命の危機を感じるほどの酷暑なので、クーラーの効いたインドアのお店に駐車場からカートに入れて現地到着。

0662176B-A11D-4B66-9477-FE76C8D8D7C1.jpeg
ぽっちゃん、くりちゃんはお留守番

CB52E082-A35B-41F5-963A-8AF5888970C4.jpeg
真っ白きなこちゃん

1F52FD34-06E4-4DD1-A57D-95B371A259DB.jpeg
ファータちゃん

466BB657-64A9-49DD-9820-36E635516265.jpeg
おシュナ

0BA2EE04-D393-4DCD-9A40-2533C5D025C6.jpeg
誕生日でないのに誕生日ケーキをいただいたラッキーなアンジ

犬舎を超えたお友達と時間軸を一緒に育てていけるのはとても楽しいです。
それぞれの成長の速度も違ったり、以前に小さかったひとがいつのまにか大きくなっていたり。

今回はゲイツ君が欠席でした。大人になったゲイツ君と会えるのをまた楽しみにしています。

34AE3198-4865-475E-91E7-E32DA1D3BFD9.jpeg

079DBF1A-DCA2-46CF-9A39-D32E6C3E2A0D.jpeg
アンジもお相伴に預かってケーキいただきました。

22EC3DB1-3BA1-4CCE-B707-2686719E1C96.jpeg

C6166493-32EB-47DD-AEF6-27A3D43D3C7A.jpeg

前日から週末は体調不良で死相が出ていた(!)わたしでしたが
皆ワンの笑顔が良かったので集合写真です。

末永く続いてほしい誕生会。 他の2014年6月生まれウエスティ もおめでとうございます!


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年07月18日

昨夜



読み人知らずの詩


昨夜ベッドのそばに来て
様子をのぞいたら
ママは泣いていて
眠れない様子だったね。

涙をぬぐってたから
そっと鼻を鳴らして言ったよ。
僕だよ、僕はここにいるよ、
元気だよ、ママを置き去りにしていないよ。

朝ごはんの時も横で
ママがお茶を入れているのを見ていたよ
たくさんのことを考えてたね
その手が僕に届いていたよ。

今日はお買い物の店でも一緒だったよ。
腕が疲れていたようだから
荷物を持ってあげたかったよ。
もっと手伝いたかったです。

今日は僕のお墓に来てくれて
とっても優しくしてくれたけど
ちゃんと言っておくけれど
僕はそこにはいません。

毎日一緒におうちに帰るし
ドアの鍵を開けるときは
僕は前足をママの手にそっと添えて
微笑んで、僕だよって言ってるよ。

ママはとっても疲れて
ソファーに沈み込んでたけど
僕はここにいるって
一生懸命伝えようとしていたよ。

僕は毎日こんなに近くにいられる。
確実に一緒にいて
旅立ってなんかいない。

今日、ママはとっても静かに座っていて
そして、やっと、笑った
わかったんだね。
夜の静けさに包まれて、僕が横にいたことを。

一日の終わりには
僕は微笑んで、ママがあくびするのを見て
「おやすみなさい、神のご加護がありますように。
またあした」
って言っているよ。

そしていつか、、その溝を飛び越え
ママの気持ちに整理がつけられそうになったら
急いでママに告げにいく。
その時僕たちは同じ方向を向いて一緒に並びたつんだ。

僕はたくさんたくさんママに外の世界を見せたい。
ママにもっともっと外に出て経験してもらいたい。

だから辛抱強く、ママの人生を歩んでいってください。
僕はおうちでママを待っているから。


LAST NIGHT


I stood by your bed last night,
I came to have a peep.
I could see that you were crying,
You found it hard to sleep.

I whined to you softly
as you brushed away a tear,
"It's me, I haven't left you,
I'm well, I'm fine, I'm here."

I was close to you at breakfast,
I watched you pour the tea,
You were thinking of the many times,
your hands reached down to me.

I was with you at the shops today,
Your arms were getting sore.
I longed to take your parcels,
I wish I could do more.

I was with you at my grave today,
You tend it with such care.
I want to re-assure you,
that I'm not lying there.

I walked with you towards the house,
as you fumbled for your key.
I gently put my paw on you,
I smiled and said " it's me."

You looked so very tired,
and sank into a chair.
I tried so hard to let you know,
that I was standing there.

It's possible for me,
to be so near you everyday.
To say to you with certainty,
"I never went away."

You sat there very quietly,
then smiled, I think you knew...
In the stillness of that evening,
I was very close to you.

The day is over...
I smile and watch you yawning
and say "good-night, God bless,
I'll see you in the morning."

And when the time is right for you
to cross the brief divide,
I'll rush across to greet you
and we'll stand, side by side.

I have so many things to show you,
there is so much for you to see.
Be patient, live your journey out...
then come home to be with me.



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年07月09日

サマーカットにご用心


この度の西日本における豪雨災害の被害に遭われた皆様お見舞い申し上げます。
これから復旧には長い道のりですがオールジャパンで支援が進んでいくように願います。


42EFC3A1-6E5F-4DF2-A6F5-186145E3D1FA.jpeg
お暑うございます。

東京は梅雨があけて暑い日が続いています。
この時期、散歩は涼しい朝夕にシフトというおうちも多いかと思いますが
アンジ家は週末の散歩は、まだ日中にこだわっています。
早朝に散歩してしまうと、犬達は昼間ほんとうに退屈しているので
行けるうちは日中に散歩に行きたい。

今のところこは、近くの大きな緑地で駐車場からずっと木陰だけを歩く散歩コースを選んでいます。
森の中や草地は風も通りますし、地面もアスファルトほど熱を持たず
実は人もまばらなので気遣いなしに散歩出来るのです。

1117CC10-1355-4B2A-A68D-8AA8F4BCD81A.jpeg

さて暑苦しくなってきたのであるひとをトリミングしました。
果たしてどちらでしょう。 あんまりよく分からないところが素人仕事です。

5BE464FB-9DA8-4E35-A49A-9F2B570E58DC.jpeg

正解はわたし。毛玉を背中に背負って見ました。結構とりました。

0939B89F-A253-4209-9163-BB02C464C3BB.jpeg

こちらの方が分かりやすいかもしれません。


D84A5BAA-13A9-43F4-9B78-83DEE6E4114A.jpeg

このイメージをご覧ください。
一匹のワンの身体の一部をバリカンでサマーカットして体温(追記、身体の表面温度)を計ったところ
コートを残した部分の方が体温(追記 表面温度)が低いのです。

特にダブルコートの犬はコートが断熱材の役割を果たしていて、犬の身体は寒さだけでなく熱からも守られているのです。人間の感覚で暑苦しいからサマーカットというのは、自然に抗う事なのです。飼い主さんの愛情が逆に犬に負担となるサマーカットはご用心です。

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年07月03日

さよならウエスティメール

F31D867B-4691-4FC7-B10D-A92B487D9EBA.jpeg

日本サッカーチーム、敢闘しました。今回のワールドカップは、希望の未来がちょっと見えた気がします。



アンジが我が家にやってきてから9年の間、飼い主は少しづつウエスティのことを学んできました。

偶然ウエスティメールというドメインのメールサービスを見つけて早速自分のメールのアドレスを作りました。
当時カナダのウエスティ保護団体関係者が提供していました。

このメルアドでわたしはウエスティ関連の通信をしてきました。
ウエスティの友達との連絡は勿論、海外通販サイトでの購買や
犬の健康や繁殖に関するウエビナ参加、マガジン購読の登録などなど
飼い主のマニアックな好奇心を満たす役割を果たしてくれたメルアドでした。

とりわけ楽しみにしていたのは米国のウエスティ グループ、Natural Westie。
このグループはウエスティをナチュラルかつホリスティックに管理しようという人たちの集まりで、
世界中のオーナーやブリーダー500人ほどが登録していて
生食、過剰ワクチン回避、サプリメント、オルターナティブメディスン、しつけ、環境整備など
ウエスティ飼育に関しての質問とアドバイスや情報がこのメルアドに配信されていました。

読むばかりであまり貢献は出来ませんでしたが、ウエスティ初心者のわたしにはとても参考になりました。
特に海外のオーナーの質問の背景に見えてくる考え方や価値観が面白かった。

ここ数年はフェースブックにグループを移して、本体の方の記事数は減りましたが
それでもウエスティに関する叡智を結集した親密なグループの記事は、今でもバイブルのような財産です。
何よりも知識や情報は参考に自分でどう考えるかを鍛えてもらった気がします。

281AF328-E461-46BD-9CED-F2987B592AF3.jpeg

このように沢山の世界と繋がれたウエスティメールサービスがこの春撤収となり
長らく利用したメルアドは別のメルアドに移行せざるを得なくなりました。
今、これまで保存してきたメール、登録サイト、画像、ファイルを今少しづつ整理しています。
懐かしい思いでいっぱいです。ご連絡をいただいた方には新しいメルアドをご連絡します。

さよなら、ウエスティメール。
沢山の思い出をありがとう。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg