2018年11月27日

アンジの親戚さんが生まれています

アンジの親戚さんが生まれて1ヶ月が経ったので先日見に行かせてもらいました。
予約でオーナーさんが決まっている子達もいますが、これからオーナーさん募集する女の子達もいるそうです。

D5DC2513-19D4-4429-A7C3-5E9996DFC2F2.jpeg

今回の胎の子達はアンジの直系で、気質が穏やかとの事なので飼いやすいかもしれません。
お父さんは超イケメンですので、(ウソではありません、ご要望があればパパのお写真あります)
この組み合わせで子達が可愛くならぬはずがありません。(〇〇バカもありますが自信もあります 笑)

健全で骨量はありますのでアンジ達と同じ8キロ前後になると思われます。
親犬やその先代にアレルギーや遺伝の病気は知る限りありません。
(もちろん、個体差やその後の管理に起因する後天的な要因はありますのでご注意ください))

A95BE627-391E-4881-9354-980479827AC1.jpeg

今回はわたしも心誘われる子達です。
きちんと親犬、祖父母まで見せられますし、ご興味があればそれ以前の血統の解説もできます。

5D25DB68-615F-42BC-8A7F-B6983058C2DC.jpeg
この写真は35日前後です。

ご興味のある方は、まずブリーダーさんにご相談されてください。
連絡先をご案内しますので、このブログのコメント欄(非表示にします)にご連絡ください。
そして本人達をご覧になってください。

御縁が無くても、またいつか別のウエスちゃんに繋がっていくかもしれません。
よろしくお願いします。

















posted by Angie Mom at 18:00 | Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

一泊旅行

9078C102-DAE4-4AF3-9275-EF62DA85E201.jpeg

すっかり季節が進んでしまいましたが、先月、一泊で河口湖に行きました。

春に初めて行ったお宿で、小さくてお庭が綺麗でお食事が美味しくて、お部屋は南欧風。
夏の終わりに再訪しました。

52ECD3BC-5620-48B6-B8DE-4DEB9B2EDC92.jpeg

ところが以前のシェフご夫婦はお辞めになっていて、管理スタッフも変わりで
一緒に行った連れにはちょっと残念でした。
せっかく隠れ家を見つけたと思っていたんですが、、、。

76C0DED3-A85B-40D5-B1D1-99550AFA8108.jpeg

初日は曇りでしたが連休の大混雑で言いたくないほど時間がかかりました。
翌日朝は富士山が姿を見せてくれて良かったです。

河口湖の紅葉は今週で終わったようです。
スタッフが安定したらまた行ってみようかな。


posted by Angie Mom at 18:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

一発触発、緊張の一瞬

C6611407-2152-42EB-977B-E89A22CE910B.jpeg

久々にロング散歩に行きました。
このところ時間の余裕がなく、近場の公園だけだったり朝は行けても夜が電池切れでいけなかったりで
白犬娘達とゆっくりすることも広いところにも久しぶりでした。

久々にお気に入りの緑の芝生に座って皆でくつろいでいると

58A45744-47CC-4504-8C9F-797F4FBC7D64.jpeg

何か視線の先に、、

フェレットを散歩させている人達でした。

わたしはリードをしっかり持ち、決してシュナを行かせないようにしていましたが
向こうの飼い主さんがわざわざフェレットを抱いて、アンシュナに近づいてきます。

うちの犬種は小動物を捕獲する作業犬なんです」
と遠目に説明しましたが、先方は笑いながらこちらへやって来ます。

F835AF63-56B0-4358-B342-047C386AD85A.jpeg

アンジは大丈夫としても、それでも不安なわたし。

6DC7C086-8E08-4AF0-8688-963B3465DC50.jpeg

肝が冷えました。

アンシュナは、見たこともない奇怪な動物の匂いを嗅いでいただけですが、
咥えたり襲ったりする危険もあります。
それでなくてもシュナは昔から、小動物の縫いぐるみでキャッチごっこをしたりさせています。

3CBAA10A-AA8E-47AC-A2CE-B168168D583A.jpeg

わたしの緊張とは裏腹にフェレットはアンジの懐に入り、飼い主さんも楽しそうにみています。

結局事なきを得ましたが、
その後シュナの興奮はしばらく続き落ち着きませんでした。

飼い主さんには申し訳ないのですが、野生を軽視してはいけません。
こちらも例え貰い事故でも後悔することになります。

次回は大声で「来ないでください!」と叫ぼうと心に決めました。

42C59D3F-E14F-4A6C-9224-92670DC013EF.jpeg



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。</





posted by Angie Mom at 08:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

拝啓 シーザーのウエスティ殿

513B389F-A7A6-486E-86D0-39C435A7BF13.jpeg

最近はシーザーのコマーシャルを見かけなくなったけれど
ウエスティオーナーは、時々シーザーの犬だ! と言われる事があります。

このシーザードッグフードのテレビコマーシャルは、米、英、欧州大陸、中国、日本と国別のバージョンがあります。
シーザーは確固たる自社のブランドイメージを持っていてそれに合致する犬を選んでいます。
愛らしくてコンパクトでプレイフルで。
スタンダードからは遠くないけれどショータイプではない。

FB上の米国の友人が先日、次期シーザーCM作成に協力を依頼されていました。
それも出演依頼があったのは、米ウエスティクラブにではなく米ウエスティレスキュークラブだったそうです。素晴らしい。

その人は3匹ほどウエスティを連れて撮影に臨みその中にはショードッグもいましたが
結局、レスキュー君が起用となりました。
友人はシーザーのイメージ犬を心得ていたのでそのようにトリミングして
撮影は無事終了となりました。
放映が楽しみです。


一方でイギリスのは3年前のシーザーハロウィンのコマーシャル。
ここに出ているデニス君、当時10歳も保護犬でジャックリーンさんのところの犬です。
ちょうどシーザーのウエスティイメージに合致するのでキャスティングされたそうです。

https://vimeo.com/149137245?fbclid=IwAR2KHWL13FpxK6El8E8d_6CEoMSIJwhe0ivDqxH65WQxQOBCE8v_LLUM2c8

ところがジャックリーンさんはシーザー缶を食べさせない主義だったので
最後の食事シーンではシーザー缶の代わりにスタッフのサンドイッチとチキンを食べたという秘話もありました。


そしてシーザーのCMといえば、とあるグルーマーさんの悲痛な投稿

拝啓、 シーザーウエスティ殿と始まります。

アメリカのトリマーを代表してこの手紙を書いています。
貴社の商品はトリミングのお客さんにも好まれていますが1つ困ったことがあります。
商品のウエスティ の写真は美しくイメージ加工されていて、
貴社のマーケティング術にはまったウエスティのオーナーさんが、皆貴社の写真を持参して
自らのウエスティをこのようにトリミングしてくれ、とリクエストするのです。

でも彼らのウエスティはコートも構成も違ってトリミングしても
シーザーウエスティのようにならないので落胆します。
でも我々トリマーの技術を持ってしてもフォードエスコートをフェラーリには変えられないんです。

どうか、実現不可能なウエスティのイメージをマーケティングに使うのは止めてください。
その代わり、ショートカットのシーズーや足や顔を刈り込んだトイプーのようなトリマーが容易に作れるイメージに変えていただくのはどうでしょうか。

追伸、貴社のマーケティングはとても成功している証左ですが、シーザーウエスティのようにとご用命いただくオーナーさんは、御社のフードを食べると写真のウエスティになれると信じているようです。

エミリーループより



愛らしいシーザーウエスティのイメージがトリマーさんまで苦労の原因になっているとは思いもよりませんでした。
このシーザーウエスティの写真は世界中でマーケティング大成功ですね。




にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。</




posted by Angie Mom at 19:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg