2019年01月29日

ベルギーパピー祭り

D2C46AA7-1033-497F-A0E8-CA3423948F42.jpeg

恒例の欧州出張に来ています。
仕事の前にちょうど開かれていたインターナショナルドッグショーに行きました。

EEF90214-3CE4-44C8-A0C9-6B7AB24F380B.jpeg

ここは3年前にも同僚に連れて来てもらって2回目です。
フランスとの国境近くにあるフラマン語圏の街です。

ECF77E95-66AA-4AFD-854D-45E9A960EE27.jpeg

この日は17頭のウエスティが出陳されていましたが、友人のウエスティも5頭出陳。
中でも牝パピークラスが5頭も出ていました。

CCAD4228-C1CC-4843-A959-E023C1536FAD.jpeg


海外のドッグショーに行くとまず一番驚くのは、日本に比べて静かなこと。 殺気立っていないんです。
それから出陳者間の和やかな協力体制があること。この日は1000頭以上出ていて、隣国からも出陳されるので決して小さいクラブ展ではありません。

そして審査の時間がとてもとても長い。 個体の犬質だけでなく、その子の月齢と構成それにあったコート作り、歩容、キャラクター、と総合アドバイスがされています。
出陳料ってそのために払うんですね。

60AF7E14-800A-4667-B2F5-2F9334843D44.jpeg

会場では焼きたてのベルギーワッフルを売っていて食べてみました。
ショーの間もチーズやサラミ、手作りキーシュに複数種類のシャンペンをいただいて良い犬も見れて豊かな気持ちに。

47BC31D6-C6BA-471D-829F-87CDE9DE5FAB.jpeg

既にFBで友達の人もいました。そうかリアルで会えるってこういう事なんですね。
何よりも次世代のパピー達が大事に育まれている様子が素晴らしかったです。

テレビで見る携帯翻訳機は、英語は分かるので要らないと思ってましたが、
フランス語、オランダ語、フラマン語で、パドックにいると観戦者から質問を受けるので
次回、こういう機会があったら借りていきたいと思いました。








posted by Angie Mom at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

アンシュナ オーダーメードのウエア

A18ACEF1-E225-43E0-9877-66A7C82629B8.jpeg

親戚さんのマーちゃんは貴重な地元組のお友達。
いつも拙宅まで来て外から呼んでくれます。

お手製の誂えウエアを着ていてとっても可愛いんです。

64C2C00A-F357-4081-900A-D894D4F4FE2E.jpeg
アイリス、マーガレット姉妹

アンシュナはほとんど洋服をもっていません。
冬は防塵用のウエアのみ、夏はいくつかTシャツと機能ウエアばかりで、お洒落着はありません。

そうしたらアンシュナにまでステキなウエア作ってくださいました!
もともとウールの襟巻きから作り直すのです。

972E691E-59C1-49A6-89DB-A7874D3B766D.jpeg

C38E9D08-74DB-4D8E-892C-F8297C1DCB53.jpeg

CBD7B52F-542B-4943-9C5F-C05B2F5DC24E.jpeg

204C0E64-C181-479B-A5E8-3CCE7DE820E6.jpeg

早速、着てお散歩に行きました。
すると各方面から、 「可愛い〜、ぬいぐるみが歩いている見たい〜。」

ジャックラッセルの年配のおばさま飼い主さん達は、「イギリスの犬だから、タータンよね」
(スコットランドと言いたいのをぐっと抑えて)作り笑い。 間違ってないし、ウエスティと分かっておられる。

ウエアを作ってもらったと言ったら
瞬時に、縫製や、襟の飾りや、お腹の方のフリースを目視チェック、『これは素人ではないわね。」
流石、そうなんです。 まー家は素人ではないんです。

マーちゃん家、ありがとうございました。
アンシュナにはとても可愛いワードローブとなり
2月生まれのアンジの嬉しい誕生日プレゼントになりました。 シュナはラッキー。
大切に使わせていただきます。







posted by Angie Mom at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

新春クラブ活動

アンジとシュナが所属しているクラブで新年会がありました。

03A6C280-BD9D-4DAE-BE50-49877F3E2B28.jpeg

寒い季節なので、屋内ドッグランのある場所で集合です。
訓練士さんアジリティの設備の準備をしてくれました。

E300759F-521B-4EBD-B022-D6A308ABE1A2.jpeg

みなワンそれぞれ見様見真似でやってみます。
アンシュナもアジリティは体験しているので、上手く誘導すればできます。が、2匹一度に付いてきちゃうと難しい。

2F9E27C4-EDE3-40EE-BB7B-00DB38A197F9.jpeg

なんとなくわらわらと集合写真。
犬種は違えど、ショードッグだったり、救助犬だったり、他のブリードクラブ所属の方や
久しぶりのかたともお会いできました。



これはアンジが若かりし時のアジリティならぬ輪っか飛びです。
今でもですが、アンジは飛ぶ前にウンショと構えるんです。 真面目なんです。
パパが気分を盛り上げてその気にさせてます。




こちらは今週のシュナ。
素晴らしいアジリティ設備のところに行ったようです。
訓練士さんに誘導してもらって
最後まで一緒懸命走ってる姿に微笑んでしまいます。
今年はアジリティをやってみようかな。



posted by Angie Mom at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

新年散歩で逢えた幸運

A15A5EFF-D314-4753-972C-79C8922D5D15.jpeg
平成最後の仕事はウエスティ洗い お疲れ様でした。

喪中の為、新年の挨拶はご遠慮させていただいています。
年始は何もしない毎日でゆっくりしました。
喪中でお飾りも賀状もしませんでしたが、御節とお雑煮はいただきました。

6965BB7B-E5E6-4F18-94FE-759B0DE1617E.jpeg

拙宅の正月のお花は必ず水仙です。
派手さはないけれど春の花らしく強い香りでその存在感で満たされるからです。

今年の抱負としてはこれまで手をつけていなかった身の周りの事に取り組み、決めて処す。
生来のストイック気味なアプローチを変えてみる

そしてウエスティの翼を少し広げたい。
ウエスティの翼とは、昨年出来なかった学びだったりチャレンジだったり楽しみだったりに携わる時間を増やしたい
と言う意味です。

8C7D81B4-E057-4B63-AD0F-10BBAEC19001.jpeg

新年の散歩は飼い主の実家近くの公園で、チャーリー君とリズちゃんに会えました。
二桁クラブの二人は地元では有名で、アンシュナが散歩していると
チャーリー君? と声をかけられることも何度かありました。

「ウエスティに逢えて新年から幸先がイイ!」、と飼い主さん。

今年のウエスティ運を予感させるような嬉しい逢瀬でした。
今年もよろしくお願いします。




posted by Angie Mom at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers