2019年02月24日

アンジ誕生日とヨーロッパ土産

408E830A-C0FA-4D3D-9E47-0851904EF690.jpeg

アンジは今月めでたく11歳になりました。

おかげさまでこの1年大きな病気はなくマイペースの生活が続いています。
コートのためにあまり洗わないようにしていましたところ、背中にポツポツと出来てしまい
背中の毛も薄くなっていましたが、抗生剤服用後は定期シャンプーで治りました。
しかしこれからも二桁クラブは気をつけてやらねばです。


先日の欧州出張土産です。

82016CEF-1959-45AC-91A1-7F1833A1F0F1.jpeg

これはプレイマットといって、ここにおやつやフードを仕込み
ノーズワークで探しながら食べるゲームをしたり、爆食いのペースを抑えるために使います。
うちは前者のおやつ探しに使っています。

24967481-40FA-47E7-ADF6-F92732FC4E1C.jpeg

行きの飛行機の中で、軽く炙られたワッフルが振舞われ、
これが美味しかったんです。
この絵にもあるように

89011849-3CF2-43D0-9BCA-6C35443164D7.jpeg

コーヒーや紅茶の上にワッフルを乗せて

41843F12-0821-4EC3-A454-51E2FD5C1262.jpeg

蒸気で温めて中のキャラメルが程よく柔らかくなると食感がまた美味しいんです。
いつもの英国航空ではなく別便に乗って見つけたスイーツでした。


803C3F81-5624-4FD2-AC03-05AD4FEC090C.jpeg
ロンドンのカントリー系の店で見つけたスカーフ

どちらかというとスコッチテリアでしょうか。
これで残りの冬を温かく乗り切ります。

EE814F31-ED37-4ECB-B30D-0423BE9211B2.jpeg

こちらはスーパーで売っていた犬用のパテ。
原則スーパーで売っているようなフードは健康のために買わない主義ですが
買えば良かったと若干後悔しています。










posted by Angie Mom at 17:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

横浜ショー(小)散歩

昨日は甥っ子ファミリーと横浜でランチアポがあり、その前にパシフィコ横浜で行われていた神奈川インターを覗いてみることにしました。
このショーは毎年出張と重なって、シュナの時も観に行けなかったので一度訪れたいと思っていました。

昨日は長年の懸案だった高速入り口までの裏道を確認することも出来、ショー会場では知り合いや友人も会えました。

BF6B4931-88DA-4C62-997F-1F5F3C5CE18B.jpeg

A3FBDC10-4E39-417E-A430-C896299C5A0F.jpeg

ついぞやご無沙汰していたシーリハムのアビーちゃん家と偶然お会いできました。。アビーちゃんとは週末散歩で時々お会いする仲でした。しかしアビーちゃんの姿はなく昨年秋に病気で亡くなったとのこと、まだ6歳だったのに。アビーちゃんはボール好きのとっても可愛い子でした。アビーちゃんを偲ぶお話をしていたら、アビーちゃんのママが来場しているとの事で会うことが出来ました。

F6EF7175-CF9E-49D9-9164-AE47F6DB432C.jpeg

本当にアビーちゃんに似ています。子供が先に亡くなってしまって若さ故の悲しみもつのります。

6BFD31DB-764D-4784-A7A5-04B0C5285021.jpeg
せめてアビーママと一緒にとお写真を撮らせてもらいました。

その後、甥っ子ファミリーとのランチは、会場から2キロ先のテンダロッサで。 老舗のイタリアンで前菜もパスタも美味しかったです。お店の前に路駐出来ますのでアンシュナには車中で待っていてもらいました。窓から車が見えるので安心でした。

0775F1E5-E2C2-464D-A173-73313C33F467.jpeg
前菜はすごいボリューム

その後は赤レンガ倉庫方面へ散歩に行きました。

91D12398-2608-475E-9927-EFC81E90FDF2.jpeg

56DC0266-BFEC-41FC-A9A7-CE4A10FC9DDE.jpeg

9B91CDC8-912B-4039-855E-4DA900A41DE7.jpeg
Yちゃんはご機嫌でもっと長く散歩したくて、帰り道はクスンでした。
また行こうね。

帰りは高速でなく国道一号線で帰ってきました。 この道は前々から歴史を辿ってアンシュナと少しづつ散歩したいと思っているところです。

色々な事が上手く運んだお出かけは楽しい一日になりました。




posted by Angie Mom at 20:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

愛護精神と誤解のはざま

SNSで世界中の新生仔犬ちゃんの記事を楽しみに見ています。おっきい、ちいさい、かわいい、むっくり、月齢と共にドンドン変わっていく様子、そのワンが青年期に成長していく様子はギャラリーの楽しみです。

先日あるSNSのグループで仔犬ちゃんの成長の様子がアップされていたのですが、当初はかわいいという海外からのコメントが少しずつ批判的になっていきました。 わけが分からなくてコメントを読みすすめると、どうやら仔犬がいつもケージの中にいる写真が疑念を呼んだようです。

「どうしてケージの写真しかない?」
「檻に水飲み器があるから、仔犬は外には出していないようだ、うちはケージのドアは開けっぱなしで自由にさせている」
「運動させていないようだ、このアグレッション(ガウガウ)は普通じゃない」

そこまで推測でもの言わんでも、、、。たまたま撮りやすい写真がケージの中だったのかもしれないし。 しかし海外のコメントは容赦がありません。


そう言えば昔、アンジが夏のキャンプで訓練士さんに泳ぎを教えてもらう様子を記事にしたことがありました。 不測の事態にも泳げるようにと、訓練士さんの指導のもと救命道具なしで短距離を泳がせました。アンジは楽しくはしていませんでしたがこれも学習なので訓練士さんにお任せしていました。

後にその動画をネットにアップした時、海外のウエスティオーナーの人から「犬は楽しんでた?」とコメントをもらいました。いささかムッとして、「あなたの懸念もも分かりますが訓練士の指導の下で学びの一環で行なっています」とコメントを返した覚えがあります。 それだけの事でしたが、ネットに犬の様子を公開する時には動物愛護の観点から一方的に批判を受けるリスクがある事を意識するようになりました。

以前、大好きな写真でウエスティが空を飛んでいるように撮られた写真がありました。 オーナーさんはワンに負担なくお撮りになったと思いますが、今のご時世では「犬は楽しんでた?」と批判されるかもしれません。 今から思えば昔、学ランを着た猫の写真はCGでない限り動物に負担だったと思います。スタジオで強いライトを当てられて商業写真となれば撮影も長時間だったかも知れません。そう思うとスタジオで撮られた動物の写真をわたしはあまり好きになれません。

722603DD-56DD-475B-9B35-46B07A7ADFE9.jpeg
ベルギーのドッグショー会場で

先週、欧州の出張先で犬を見る機会がありました。
ドッグショー会場は日本に比べて静かで、爆ボエしている犬は居ませんでした。
知人宅での犬の暮らしぶりを見てもウエスティが5匹いるのに5ヶ月の仔犬も含めて彼らはワンとも言いません。

FCD503C4-3267-4D2F-83F9-DE12400A86EB.jpeg

友人宅では犬は排泄は広い庭に出てします。英語で排泄を外でするように躾けることをhousebrokenと言います。 居間やダイニングルームではワンが排泄はしないようにハウスからブレイクするのです。友人宅では犬達留守番は4時間以上長くなる事もありません。人間の住まいでも限りなく犬の日常の快適さが尊重されている暮らしぶりでした。


自宅の広い庭で数時間おきに運動、発散。

翻って庭のない拙宅、長いお留守番時間、リードだけの散歩。 公園には「排泄は家で済ませましょう」と注意書きのある処さえあります。
テリア気質だから吠えると言うけれど、本当に犬の気質だけが理由なのでしょうか。友人宅のウエスティ達に比べて、せせこましい環境で刺激に過剰反応している感は否めない我が犬。上を見たらキリがないけれど、例えば友人宅の環境で育ったウエスティが拙宅に来て幸せかしらと複雑な気持ちに。

そんな事を思いながら先のケージの子犬のガウガウ動画を今一度みると、先の批判的なコメントも行き過ぎの動物愛護からだけではないんだと思えてきます。 日本のウエスティも環境は違えど家族として大切にされていますし、環境に恵まれないことと虐待は違います。 しかし我々の日常は正しいと過信せず、外の声にも耳を傾けて犬の幸せを考える事は大事だと思いました。











posted by Angie Mom at 08:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

つかの間のウエスティモーメント

1E42B18E-8ACD-4C06-A5C7-A9BE77FD79FC.jpeg
仕事の前に立ち寄ったのはここアントワープ。
ウエスティ仲間と一年に一度逢える嬉しい機会です。

D163B00B-B7B5-4F76-86BC-1F9646AAF4E2.jpeg

お友達に作ってもらったステンドグラスをお土産に持って行きましたら喜んでいただけました。
このお家のウエスティ君は今でもショーで活躍中で、日本にもたくさん孫がいます。
とても楽しい週末でした。

34CF7FD5-4E35-4C03-B09D-2E6AD76108E0.jpeg

さてさて会議は始まり、夜もホテルの内外でチームディナーがあります。

872E1DF0-096B-402E-B224-F2446CC292F1.jpeg
ベルギーというとムール貝。 バケツに入って出てきます。

87FC52F1-FD16-4393-BE5F-76A00B95AD0C.jpeg5B6B3B48-F795-4CB8-B765-C965668AC2BC.jpeg

ブリュッセルはヨーロッパの中でも食文化が発達している都市です。
日本食も見た目が美しいと言いますが、ベルギーの料理のプレゼンテーションもなかなか綺麗です。

日ごとに寒さが増し、とうとう雪になりました。

A7CF2B30-662F-45CA-AB5A-C8C8977829D3.jpeg
A2C273BF-3140-497B-AB84-31DDE93F4243.jpeg

窓からこのような景色を見ながら、ウエスティ居ないかなと探せど。

FA6D3220-8CC4-4835-B53E-514E615DCDE9.jpeg

東京より格段に寒いです。

E9422D73-5BEC-451B-9BF7-F2B2D08ED85C.jpeg

うちのお嬢さん達は楽しくボーディングしているようです。
帰ったら、早速こちらで習ったトリミングとケアをしてみたいです。







posted by Angie Mom at 08:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers