2019年03月24日

四世代総トリミング

B45D4177-0D1A-4B2F-AF59-EEBFFF8B15E7.jpeg

今日はトリミングセミナーでした。

ここから備忘録。
課題は、お胸の胸骨から、前脚の肘指一本下までの三角形の処理。
長いところと、取るところの位置の見極め。
脇のブレンドとスカートへの馴染ませ方と取り方。
必要なトリミングの頻度は、その子が持っているコートの良さで決まる。



B0F64B40-8E21-4A1B-87B5-F8AA59E3FEBF.jpeg

今日の新人は、2018年10月生まれ組
左はアンジのひ孫さん、 右は孫に当たります。 

海外のパピーは生後2ヶ月からパピー毛ストリッピングを始める仔もいて、パピー期に手が入って毛ぶきがよいです。
それはちょうどブリーダーから家庭に迎える頃と重なり、日本では4ヶ月ごろからどうしようと考える。
わたしがそうでした。
でももう一度パピーから育てるとしたら、2ヶ月から少しづつ始めたいです。

パピ僧たち、初めてのプラッキングに二人とも過剰に暴れてみる、でもそのうちに、大げさだったかなと静まり慣れてくる。
人に触られて、ハンドリングされることに慣れる、あるいは他のワン見て落ち着く。
飼い主だけではなかなか御せないトリミングも、こういう経験を重ねてウエスティの大人への階段を登れます。
この二人は確実にこの日、階段を何弾段階も登ってました。


B06ED9EE-2F70-4057-A7A6-3DE06357F341.jpeg

取り敢えず並べる人だけで撮ってみる。
たまたまこの日お集いの方は四世代総トリミングでした。

トリミング習いたい人は多いと思います。
単発でみんなで出来るセミナーがアレンジ出来たら、綺麗なウエスティが増えるかな〜。















posted by Angie Mom at 19:17| Comment(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

4世代ウエス集合

25A44731-34DF-4608-9690-CB53E0BBB873.jpeg
3世代綺麗どころ

週末は遠出をして大きな公園に行きました。 栃木の壬生わんぱく公園です。
この日親戚さん達との再会3世代。

そこに加えて4世代めのニューフェイスがこの日お目見え。

3BE07216-C470-4CA2-B044-DB482CC9D592.jpeg
4世代目 手前の6ヶ月ウエスちゃん

しっかりしてものおじしない女の子。ちゃんと5キロ台に育っています。
同血統の構成ですと、月齢と体重が同じぐらいで体重増加です。
お子を見つめる優しいオーナーさんの眼差し。

わたし達もすっかり子育てを忘れていて久々の仔犬ちゃんに和みました。

82298977-8EA0-45FE-AD74-5B636CF6D342.jpeg

公園内はこの大きな汽車が走り、何度も園内で遭遇して、わんも警戒マックスでした。
犬も乗せてくれればいいのに。

37E36513-D375-4AC0-AD4B-809AF1F237CD.jpeg
アンシュナ

園内はどこもインスタ映えしそうな綺麗な芝生や景観で
都内と違ってゆったりした空間でした。

C2E48A5A-AC13-4693-AF0C-35F815172C51.jpeg

これが精一杯マックスの写真です。
仔犬ちゃんはフレームアウトしています。
明るくてカメラの液晶もよく確認出来ずブラインドで撮っていました。
みんな立派なウエスティに育っていて、それまでの成長過程の個体差を振り返るのも面白いんです。

おもちゃで遊んで、散歩して、色々な人に話しかけられたりお話が弾んだりで
あまり写真撮ってる暇ありませんでした。
とてもとても楽しい時間でした。 また会いましょう!







posted by Angie Mom at 22:07| Comment(0) | ルーツ&リレーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

セントパトリックスデーパレード 2019

BD924434-CB4B-42D5-8D52-8A3674F9BA19.jpeg

今年も行ってきました。 セントパトリックスデーパレード。

毎年楽しみにしているのですが昨年、一昨年と荒天で行けず、
今年は暖かくて気持ち良かったです。

B28EB2B6-5F11-4898-90E2-85557338040D.jpeg

この羽はお友達に借りました。 ウエスティにとても良く似合います。
サイズもちょうどよくかわいい。

F618078E-27A7-40CD-AACD-695B332BF04F.jpeg

セントパトリックスデーパレードは全世界で催され日本の各地でも祝されるアイルランドの聖人のお祭りです。
この日は緑のものを身につけて集います。
うちは他の大都市よりゆったりしている千葉に参加、開催場所が公園なのでワンにストレスにならないのが良い。

良くウエスティというとイギリスと連想されがちですが、地域的にはスコットランド原産です。
文化圏もイングランドとはちょっと違うケルト文化。 外国ではこのパレードにウエスティは参加しています。

日本では参加犬はアイリッシュセッター、アイリッシュウルフハウンドなどに当初限られていましたが
主催者のご理解をいただいてウエスティもこのパレードに特別参加させてもらえるようになりました。


A9FA6A05-8643-441B-AD1F-3942B798A592.jpeg

セントパトリックスさん、快くお写真を撮らせてくれました。


A259C1A4-CFEC-4F10-843B-6FFA38AFC4C6.jpeg

これまでパレードご一緒して本当の羽が生えてお空に昇ったお友達も偲びました。

来年もまた行きます。
ご一緒してくださったお友達、ありがとう!

1466B9EB-AE43-4E68-A542-F75092922B93.jpeg









posted by Angie Mom at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

ヨーロッパに持っていったもの

前記事ではヨーロッパ土産を紹介しました。
順番が逆になりましたが今日はヨーロッパへのお土産として持っていったもののご紹介。

これまでウエスティ関連の友人には日本のウエスティグッズを持っていった年もあります。
また最近海外での日本酒ブームでSAKEも考えましたが先方の嗜好によっては外れる場合もあります。
以前日本をよく知るヨーロッパ人の同僚にヨーロッパへの土産アイデアを訊ねたら、「シャンペンがいいよ」

「ヨーロッパのシャンペンを日本から持っていくの?」
実はヨーロッパのシャンペンは日本の方が安く買えるそうで
昨年、Pol Rogerを持っていったら、先方の御主人の目の奥が光り
再会を祝すのにも相応しく喜ばれました。

そして今年は、日本のものを持参。

2046E8A3-3A61-4FE1-B8DE-65FBC091B603.jpeg

日本のジンです。
実はこれまで日本のジンは意識して飲んだことがなく、前月に連れていってもらったバーでご紹介いただきました。
昨年、国際コンクールで優勝しているもので製造は広島の造り酒屋です。
日本のジンといえばサントリーのROKU も有名ですが、話題性と希少性からこちらを選びました。

すると友人はジンの収集家だったようで、最初興味深そうに、すぐに喜んでもらえました。


8B31A4BE-B2D3-410C-82FA-BE02023E1F7C.jpeg

こちらはやはり日本で友人に作ってもらったステンドグラスです。
とっても素敵な作品です。

643BCA52-02B9-4527-B3D0-76BEF17FBDA4.jpeg

ウエスが紡ぐ友情の印。
窓辺に飾って貰えると嬉しいです。


D9C52807-5FDC-4C4E-8EE6-FD09DCFD0773.jpeg

これは自分のもの。土産ではありません。
このスカーフは何年か前にオークションで入札しました。 もともとはイギリスのメーカーで元値も手頃だったものです。
ずっと使わずにきましたが、「今使わずにいつ使う?」

余談ですが先日飼い主の誕生日に友がくれた言葉。

Carpe diem

ラテン語で、「その日を摘め」
若干健康不安のある友人は、この言葉をわたしに贈ってくれました。

家族、友人、アンシュナとの時間も Carpe diem!!

春はもうそこまで来ています。






posted by Angie Mom at 08:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers