2019年03月04日

ヨーロッパに持っていったもの

前記事ではヨーロッパ土産を紹介しました。
順番が逆になりましたが今日はヨーロッパへのお土産として持っていったもののご紹介。

これまでウエスティ関連の友人には日本のウエスティグッズを持っていった年もあります。
また最近海外での日本酒ブームでSAKEも考えましたが先方の嗜好によっては外れる場合もあります。
以前日本をよく知るヨーロッパ人の同僚にヨーロッパへの土産アイデアを訊ねたら、「シャンペンがいいよ」

「ヨーロッパのシャンペンを日本から持っていくの?」
実はヨーロッパのシャンペンは日本の方が安く買えるそうで
昨年、Pol Rogerを持っていったら、先方の御主人の目の奥が光り
再会を祝すのにも相応しく喜ばれました。

そして今年は、日本のものを持参。

2046E8A3-3A61-4FE1-B8DE-65FBC091B603.jpeg

日本のジンです。
実はこれまで日本のジンは意識して飲んだことがなく、前月に連れていってもらったバーでご紹介いただきました。
昨年、国際コンクールで優勝しているもので製造は広島の造り酒屋です。
日本のジンといえばサントリーのROKU も有名ですが、話題性と希少性からこちらを選びました。

すると友人はジンの収集家だったようで、最初興味深そうに、すぐに喜んでもらえました。


8B31A4BE-B2D3-410C-82FA-BE02023E1F7C.jpeg

こちらはやはり日本で友人に作ってもらったステンドグラスです。
とっても素敵な作品です。

643BCA52-02B9-4527-B3D0-76BEF17FBDA4.jpeg

ウエスが紡ぐ友情の印。
窓辺に飾って貰えると嬉しいです。


D9C52807-5FDC-4C4E-8EE6-FD09DCFD0773.jpeg

これは自分のもの。土産ではありません。
このスカーフは何年か前にオークションで入札しました。 もともとはイギリスのメーカーで元値も手頃だったものです。
ずっと使わずにきましたが、「今使わずにいつ使う?」

余談ですが先日飼い主の誕生日に友がくれた言葉。

Carpe diem

ラテン語で、「その日を摘め」
若干健康不安のある友人は、この言葉をわたしに贈ってくれました。

家族、友人、アンシュナとの時間も Carpe diem!!

春はもうそこまで来ています。






posted by Angie Mom at 08:45 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg