2019年05月26日

アジリティー犬とセラピー犬

0FFF7277-D5A3-4CD5-94C0-C15D3F8FEE8D.jpeg

この日はパパとアジリティー練習に行きました。
コングを持ってこいしながら60秒以内にアジリティーを2回回るというもの。

95E31FD6-2974-453E-9F15-1588BA6C617C.jpeg

パパの指示で飛びます。


6B57BE9A-1B56-4CBD-80D9-856EDDC3EF2E.jpeg

これ、どうなってるか分かる?

AA969162-479E-47F3-BF5F-1E094A139B2A.jpeg

なんか得意な気がした。
帰ってからシャンプーされました。

11F2FD74-2D7E-4A48-A6A0-D6E5100E8495.jpeg

次の日は大雨。
リクエストを受けてアンジはセラピー犬として出動してきました。
アンジを見てたくさんの人が笑顔になってました。
アンジはちょっと疲れたかな。
夜にようやく雨が上がって、車の中でホッと一息。
翌日、アンちゃん来なくて寂しいね、って言われたそうです。
良かったね、アンジ。








posted by Angie Mom at 20:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

時が矢のように過ぎていく

C6832DD5-F404-4D63-8511-E000BFEBD7DB.jpeg

飼い主はこのところ長時間労働で体調不良を未病で抑えるので精いっぱいですが
精神的には元気で取り組んでいます。

53809853-1C62-4CEE-BD67-24CDE67266D6.jpeg

会議途中、窓から外を見ると、この日は信任状捧呈式で某国より着任した大使が皇居に向かうため
東京駅からの馬車列が見られました。  出張中の外人達と見られて良かったね!

44AF229C-4310-49C0-BD95-2F11329DFED9.jpeg

しかし時には同僚と意見が合わずストレスも。
そこでずっと行きたいと思っていたトルコ至宝展へ昼休みに走り、しばし至宝を堪能し気分転換。

DB2B5ECC-0102-4ABB-A66C-41C5E4F1FAC7.jpeg

母の風邪が3週間以上抜けず、時候が良いのに遊びに行けなくて本人不機嫌なので
家から薔薇を持って見舞いに行きました。


AEC85C20-D16D-4884-AE8E-CCAB1686EFF5.jpeg

すると母はイソイソと花瓶を出して、薔薇を生けました。 お花の力です。


4E7C4B5E-E711-4569-B347-A31E1EA7EB40.jpeg

トリミングのお勉強にも行きました。
スタンダードスタイルはお顔が見えにくくなるのでどうしましょうと問うたら
「ウエスティはそもそも顔が見えるもんじゃない」と先生のお言葉。

この顔で如何でしょうと訊いたら
「ヨーロッパらしいトリミングでいいんじゃないですか」

ようやく自分の中でこうあるべきというイメージが出来てきたような気がします。
イメージだけ。
トリミングは個犬に依って、頻度も形もやり方も違うというのも当たり前といえば当たり前の話。
わたしはプラッキングで毛が切れないようにするのが課題。
わたしの手捌きは早すぎるそうな。
トリミングに王道、時短なし、、ですね。

テレビのニュースでやっていた中国でのクローン犬のニュースに驚愕し憤りを覚えています。
クローンでペットはもちろん、
かつての名犬ムーンパイロットやデボンのクローンが作られるように今後なるのでしょうか。
人間の欲を満たすためにクローンの実施が他の犬に強いる犠牲を思うと胸が痛みます。
犬質向上を目的とするブリーディングにとっても最大の脅威かつ挑戦になるのでしょう。










posted by Angie Mom at 08:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

保護犬ウエスティ フィービの場合

3C688CA6-74D9-467D-9CC8-05B0FDC5AB8C.jpeg
フィービとハリー  copyrights Jacquline Ferris-Woods

敬愛しているジャックリーンさんはイギリスでウエスティに特化したリホーミング活動を続けている人です。
実は今年お会いする機会があったんですが当日大雪で交通麻痺となり中止になりました。

さて今日のお話、写真右のハリー君はブリーダーさんちからウエールズボーダーのお家に行きました。
3年の幸せな日々が過ぎ、ハリーのパパママは、ハリーのために2匹目のウエスティを飼うことに。
色々考えてウエスティリホーミング団体から同年代の女の子を迎える事にしました。

ちょうどジャクリーンさんのリホーミング団体にフィービという女の子がいました。
飼い主さん抜き差しならぬ状況でリホーミング団体に託されていました。 

先住犬ハリーやご家族との相性も良さそうだったのでフィービはハリーのお家にいく事になりました。
案の定、フィービは先住犬ハリーと仲良くなりいろんな意味で似た者同士でした。飼い主さんがたまたまワクチンの記録を見ていたら、2人は同い年だけでなく誕生日も同じでした。ジャクリーンさんが血統書を調べたらハリーとフィービは同胎の兄弟である事が後から分かったのです。
3年の月日を経ての再会でした。

そうやってこの写真を見ると2人は確かに似ています。
ウエスティのフェアリーテール、
ジャクリーンさんも、この話を聞いた誰もが微笑んで喜んだに違いありません。

(コメントをいただいていた皆さん、気づくのが遅くなりすみません)





posted by Angie Mom at 19:16 | Comment(0) | レスキュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

連休後半

10連休後半は、思いがけない来客もあり楽しい展開になりました。

5BFBB4C0-0F0A-485E-A275-B0EF09CB1433.jpeg

毎日の山散歩で犬達は匂い取りなどしません。
表情明るく、アラートで、周りを良く見て、飼い主の事も良く見て歩いています。
飼い主に怒られないスペースで自由自在を満喫する散歩。

F5E1633A-AEFF-4D8B-B4FD-7E2EF2E8E83C.jpeg

こちらは山荘近くで見つけた、犬のリハビリ用の温泉足湯施設です。
後脚麻痺のワンちゃんが掛け湯と歩行訓練をしていました。
この日は見学だけでしたが、姿勢や歩行チェックもしてくれるとの事で
次回はアンシュナもトライしたいです。

37187EBB-AE69-464F-B37E-2D05BFC766FE.jpeg

翌日はゴルフのショートコースに初めて犬と一緒に行きました。

せっかく東京を脱出してるのに、山荘でお留守番させたら可哀相となかなか行けないゴルフでしたが
ここなら一緒に廻れます。 昔、スコットランドのセントアンドリュースで、美しいレトリーバーとゆったりコースを歩いている地元の人を見たことがありその記憶から憧れがありました。
この日も複数のプレーヤーがワンと回っていました。

0FC9AF3D-4D9F-4A1A-88E4-CBBA4985C130.jpeg

日頃の訓練の成果で、グリーン横でちゃんと待っていられて感心なアンシュナ。
ワンの運動にもなって良いかなと思いましたが、途中から心配事が、、、。

それは芝の除草剤の事です。
ゴルフ場は自然がいっぱい思われがちですが、農薬で管理されている人工の自然です。
人間はもちろん体高の低い犬をこの環境に置くのは単発でも心配。

という事で、連れてきておきながら途中から服を着せ、プレー後は脚裏をしっかり洗い、
帰宅してからワンの全身シャンプーをしました。
やっぱり犬にもそぐわない場所があるんですね。

E2D39CA2-56DD-407D-9FFE-7F8ABB2A2796.jpeg

連休最終日は下山して東京に戻り、地元の公園へ。
東京は新緑が進んでいました。好きな季節の始まりです。

この連休は、親戚や古くからの友人、そして犬友さんと楽しい時間を共有しました。
明日からみんな日常に戻ります。


















posted by Angie Mom at 21:12 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

10連休開始

飼い主の仕事は多忙が続き、連日、全速力ダッシュで連休になだれ込みましたが
気持ちは祝賀モード。

連休は、普段時間を割いてやれないアンシュナのコートワークやドッグカフェランチや東京脱出が
一挙に出来て飼い主も嬉し。 つまるところ犬と一緒にゆっくりするのが一番です。


C908408D-7BE9-4692-9135-EFE2BF5E16A8.jpeg

珍しく犬同伴ランチに行きました。
ここは幹線道路沿いで、家から近く、美味しいんです。
通る人におとなしいと褒められたアンシュナ。


34D74B9B-B1F1-45FE-BEA8-46C40741D961.jpeg
早く早く!

山の家は2年ぶりに来ました。
開放感いっぱいで犬の動きが違います。

シュナは呼び戻しが効く忠犬に成長しています。
ノロノロアンジはリードがついていた方が安心するようですが、
都会での執拗な匂い取りなく歩いてくれます。

犬の表情と動きがこんなに違うなんて、
「ウエスティらしいなぁ。もっと連れてきてやらなくちゃいかんな」とパパ。


FE9E33E7-A51B-441E-8709-604DA223FEAE.jpeg
毎朝の散歩

標高の高いここはまだ桜と水仙と菜の花が咲いています。

不思議に散歩しても脚がほとんど汚れません。
旅の途中で休憩したコンビニの10分で脚はグレイになったのに、、。
やはり体高の低い犬に排気ガスは大敵ですね。

B6E5FF33-E80E-42EF-A020-CF18F802F5F5.jpeg

朝、飼い主が起きるのをじっと待っているアンジ。


854E79CC-6173-4C37-8229-2492DB00C72D.jpeg

下山して雨の中、ショッピング。
ドッくんという一歳の男の子と会いました。お散歩デビューだそうです。

山の家はYちゃんファミリーが遊びに来て、何をしてもカワイイと言われるアンシュナ。
非日常の高原ライフを過ごしています。







posted by Angie Mom at 03:38 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers