2020年09月27日

歯石取り

BA8CB372-8321-4D14-89D2-E332FBBF9461.jpeg
お友達と

高原最終日は、月一で通っている温泉エクササイズへ行きました。
最近、脚をひきずるようになったお友達も来ていて、温泉歩行とマッサージで
回復したそうです。
うちはアンジの運動も兼ねて予防的に通っています。

EDEEC65C-0EDD-4FE8-9841-746B7C38D0EB.jpeg

翌日平日の羽田空港。 夕刻とはいえ人がまばらです。
飛行機も減便になっているのでやはり以前の賑わいには戻っていません。


0DECFC8F-E391-4120-B9E9-A68C075C051D.jpeg

焦った顔のシュナ。
この日、初めて無麻酔の歯石除去に行きました。
麻酔をしないのは良いですが、歯医者さんのウイーンという機器で
歯石を取っていくのは2人とも刺激が強すぎました。
嫌がるワンの施術を目の当たりにする飼い主も居たたまれず、心を入れ替えてハミガキをしようと思いました。

52EAFB1A-906F-4CCA-853C-E5201FB9CDF0.jpeg
ウエステイを探せ

アンジの背中にシコリが見つかりました。
とりあえず生検をしてもらうと、悪いものでは無さそうで様子見になっています。

まだ雨が多いですが、天気が回復したら、少しづつ散歩の距離を伸ばして
体力をつけたいと思っています。









posted by Angie Mom at 19:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

高原ドッグライフ


ようやく暑さが和らぎ、久しく忘れていた風の心地良さを感じる季節になりました。
高原を訪れていますが、今週は現地で多彩なドッグライフスタイルを垣間見ています。

ガンドッグオーナーの友人に誘われてお邪魔したのは連休で犬合宿をしている方達の集まり。
熱量と体積が圧巻な大型犬が10頭以上も走り回る様子だけでも凄い光景なのに
親戚再会、群れでの運動、トリミング、飲み会、と延々と続くドッグウイークエンドは
オーナー、ハンドラー、ブリーダーが合流して素敵さ大爆発のドッグワールド。

比べて足下のウエステイ、ちっちゃ。
でも物怖じすることなく平気で混ざってたアンシュナ、良し!


F3DF3CEB-F3F3-444E-998A-650DDEB74822.jpeg


67F29FD7-6ECD-4CEF-946F-D0B62BE57870.jpeg

そこで珍しい犬種を見る機会がありました。
ウエステイと似た大きさの白い犬。こちらはハバニーズという中南米原産の犬です。
日本では珍しく昔テレビで見たことがある位でした。
お顔はウエステイより造作が小さめです。
性格は明るくかわゆし。


E188E05D-1EF3-47D8-AB46-2BEFFC8BC935.jpeg


高原に来るとドッグカフェなど行きません。
観光地化して大混雑しているお店や地域を回避しておりますが、
此処は今週末オープンしたドッグカフェで、知人2人から別々に紹介されて行ってみました。


F3E06DA1-771B-4123-919D-64AFF67B0F93.jpeg

こちらはやはり大型犬を飼う方が高原移住してオープンした素敵な空間でした。

69138622-5759-4873-9B0A-F29978649F76.jpeg


こちらは散歩の途中で出逢ったエール君、イギリス生まれで日本にやって来たゴールデン。
飼い主さんも高原ドッグライフが充実しておられるようでした。

アンシュナも高原ライフスタイル満喫中です。


posted by Angie Mom at 16:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

シュナの大好きおもちゃ


71AB881A-0652-4286-B5E0-FE31642B2E1B.jpeg

シュナがこの世で一番執着しているおもちゃのねずみ。

ECA04B75-4106-49C3-B962-1B663A6EA6D3.jpeg

訓練所に行っている間に、並べて帰宅を待ちます。





帰ってきておもちゃを見つけるシュナ。
たくさんあって戸惑っています。
白いネズミはちょっと違うようです。


posted by Angie Mom at 20:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

ピアノは嫌じゃないらしい

実はアンジを我が家に迎えてから、飼い主はそれまで弾いていたピアノを弾かなくなりました。
ワンを迎えて、散歩や管理で時間と気持ちの余裕が失くなったからでしょうか。

この6ヶ月の在宅勤務でおうち時間が増えたので、またピアノを触る時間も出来ました。
10年のブランクは大きく、昔弾けていた曲はことごとく弾けず、指も動きません。
それでも音色は時を経ても健在で、たとえ一音でも美しさは以前と変わりません。

A896F73A-0B33-4B86-BF37-3E3E29EA8372.jpeg

アンジはわたしがピアノを弾き始めると、やってきて椅子の裏で横になります。

C624B3BA-2427-47A3-A848-FE372EB163C9.jpeg

シュナも必ずピアノの下から覗きにきます。
しかしアンジと違って、何かを言いにきて、去っていきます。

毎日同じ曲を練習するのですが、どうやらふたりともピアノの音色は嫌ではなさそうです。
共棲している以上、迷惑そうでないことが分かってほっとしました。



posted by Angie Mom at 20:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg