2011年09月15日

白犬の足、口周り赤ひげケア 

白犬のケアで厄介なのは、口周りや足回り、涙やけなどの毛の変色です。 
 
生まれた頃は白いのにある時期赤くなり始めるとなかなか元に戻りません。  
一方で 見栄えの事だけで体に負担をかけるケアに飛びついてもいけません。
アンジも7月に少しお口と足周りの毛が変色してしまいました。

果たしてどうしたらまた元の白に回復できるのか。
下にご紹介するのは主に海外で発信されている民間対処法です。
原因も体質も多種多様なのでどれが良いかは一概に言えませんが
いろいろなアドバイスがありました。

複数の情報ソースから抜粋していますので、このすべてを同時に試している訳ではありません
民間対処法ですから科学的に証明されている訳でもありません。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

 
毛の変色の原因 
食物に含まれる鉄分、水、唾液の酸化
細菌とイースト増殖(Ptyrosporin)、外耳炎など 
 
水に関して 
― 水はフィルターして水道水を避ける 
― 水の器は清潔を心がけステンレスが良い 
― 口周りを濡らさない為にできれば給水式ボトル式が良い 
― 水にホワイトサイダービネガーを加えると良い 
 
食物関連 (一部涙やけについて)
― にんじん、ピーマンなど赤いもの、根菜類は避ける 
― 赤い肉も良くないという例も
― 犬によってはwheat (小麦)などの穀物を除去すると着色が改善した例も散見 
― ドライフードの場合、ナチュラルで保存料や化学物質の入っていないもの 
― ドライフードの質にもよるが手作り食にしたら改善した例も 
 
毛の変色対処法 
― 過酸化水素にスターチ(とうもろこし粉)とマグネシウムを溶かし一晩パック
 (過酸化水素は涙やけにはいいが口周りなど直接舐める部分使用は注意)
― ホワイトニングシャンプー  Bio Groom, Chris Christenson など
― Angel’s Eyesというショードッグ用のサプリも効果が報告されているが
成分はマイルドな抗生剤。長期使用は免疫バランスの観点から筆者は疑問。 
Tylanという抗生剤成分は鳥への使用は米FDAが認めているが
犬猫に対しての使用は認められていない。
同プロダクトは100%天然のものも開発されている模様 
http://www.angelseyesnatural.com/details.htm 
― Eye Envyは部分染み抜き剤の位置付け
抗生剤、漂白剤、過酸化水素は含まず、減菌を目的としており
数日から数週間のうちに着色が落ちたら使用を中止すること
ー漂白剤は使用を避けるべき。
一度漂白した後、再着色すると2度目は漂白が効かない 
 
予防法 
― 普段から水や食べ物を食べた後は濡れた毛の水分をふき取ってやる 
― ほうさん水(3パーセント希釈)で拭いてやるとよいという例あり  
― 毎日患部を洗う
― 毎日のブラッシング 
― ビタミンC服用 

言われてみればどの対処法はどれも納得ですが
赤みの原因によってケアも変わってくるでしょう。
まずは、脱色というよりこれ以上赤毛を増やさないというのを目標に
アンジもいくつか試してみたいと思います。
 
 
 

P4290243.jpg

 にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー ブログ村にエントリー中です。クリック歓迎多謝。
posted by Angie Mom at 21:20 | Comment(4) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レディとイヴも口の周りが赤く成っています
あれこれと原因を考えてみてもこれ!と
言う物が思い当たりません

この様な悩みを持っていらっしゃる方は多いのかも知れませんね

アンジママさんの記事参考にさせて頂きます

あっ! あのシャンプーで洗ってみました
確かに白くなりました
もう一つのシャンプー是非教えて下さい!
Posted by Piccolo at 2011年09月16日 18:26
こんばんは〜。
いつも貴重な情報を載せていただいてありがとうございます。

パクは1〜2歳の頃は口周りは赤ひげだらけでしたがいつのまにか白くなり,
その後はほとんど変色はありません。
今回の記事で唾液の成分が変わったのではないかと思いました。

現在のドライフードは化学物質・保存料無添加、レトルトの原料のお肉は抗生物質・合成抗菌剤不使用、
野菜はなるべく無農薬のものを使い、ビール酵母と発酵野菜を混ぜています。
ウエスティは皮膚疾患が多いと聞いていたので食事には気を使ってきました。

それでもマラセチアになったのは、パクがシャンプー嫌いなので私がついつい億劫になってしまいシャンプーを怠ったためで、悪化したのは最初の診断と治療が不適切だったことが原因と考えています。
免疫力も低下していたのかもしれませんね。

アンジちゃんの毛並みはママさんのご努力の甲斐あって、パクに比べてずっと綺麗です。
Posted by パクママ at 2011年09月16日 21:52
Piccoloさん

もうひとつのシャンプーは記事にも書いたChris Christensonのホワイトニングシャンプーです。 何人かのショードッグブリーダーさんが使ってると発信していました。わたしはバイオグルームを入手したばかりなのでまだ買っていません。お口の赤ひげ、薄くなればいいな〜。
Posted by Angie Mom at 2011年09月17日 00:36
パクママさんのケアに脱帽。 犬は基本そんなに洗わなくてもいいはずなのにやはり湿度やら油脂やらあるのでしょうね。 あっ、アンジはブラッシング嫌がるのでほとんどしてません。毛並みは本人の生まれ持った素質とブリーダーさんのコートメンテのおかげでございますぅ・・・。笑
Posted by AngieMom at 2011年09月17日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg