2011年11月08日

カイカイ克服 ハニー君8歳の場合

オランダ在住のハニー君8歳の例をご紹介します。 
  
ハニー君は9ヶ月を過ぎる頃からカイカイが始まり
体を掻きむしるようになりました。 
 
獣医に連れて行くと案の定、ウエステイはアレルギーが多いからと
ステロイド処方を提案されました。 
 
まだ子犬なのにこれから一生ステロイドを打ち続けるのはかわいそうと
飼い主のベリンダさんの研究が始まりました。 
 
食べ物が重要と判断したベリンダさんは生食を与えてみることを決意。
アレルゲンのない新しいたんぱく源は、地元の肉やでやぎ肉ををみつけ、
肉はあぶってブラウンライスと共に与えると
ハニー君は大喜びだったそうです。 
 
www.belindaloo.com/Honey.html 
生食に至った記事もこのページの後半に出ています。
 
ハニー君はそれまでのドライフードから食事を変えることで
アレルギーは85%は治まりました。
しかしあと15%の症状が改善しないので
ベリンダさんはホメオパシー獣医の門を叩きました。

ホメオパシー治療に頼るのはかなりの冒険だったと回顧しています。
ホメオパシー獣医は、ハネー君の残りのカイカイの原因はワクチンと診断。 
 
数日、歯茎に処方レメデイーを垂らしただけで、カイカイは劇的に止まりました。 
 
その経験からハニー君は毎日生食を食すようになり
狂犬病を含めて一度もワクチンを打っていません。
 
その代わり毎年血液検査をして、狂犬病に対する抗体が充分かの確認は続けて
現在まで抗体を維持しているそうです。

ベリンダさんは言います。 
『わたしの犬は健康で、生食を食べ、病気もせず、検査以外には獣医にも行かず、
アメリカとオランダを長期フライトで行き来しています。』

法律もありますから容易にワクチンを止めましょうと行っている訳ではありません。
しかしこの経験談は、
犬の健康には、食事やワクチンが少なからず影響していることを示唆しています。

欧米では狂犬病ワクチンは毎年でなく2年から3年に1回に改正されている国が多くあります。

飼い主は法令遵守のため、そして犬の体を守るためにとワクチンを打ちますが
量や頻度のオーバーワクチンによる健康被害のリスクも認識することは大切ですし

アレルギー発症予備軍かもしれないわが犬のために
いろいろなお話を聞いて気をつけたいと思います。



P4290243.jpg 
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー ブログ村にエントリーしています。クリック歓迎です。


 
 
posted by Angie Mom at 22:01 | Comment(8) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても参考になる記事をありがとうございました。
ワクチンが原因になる事もあるのですね。
日本にも宇都宮にホメオバシーのクリニックがあるようですが、獣医に通っても良くならないペット達で大盛況のようです。
Posted by ゆきまるママ at 2011年11月08日 23:50
ゆきまるママさん

食事とワクチンは
二大因子のようです。 敏感なわんには注意したいですね。 宇都宮ですか。向学のために一度うかがって見たいです。
Posted by Angiemom at 2011年11月09日 19:39
いつも参考になる記事をありがとうございます。
私もパクの体質改善と元気で長生きして欲しいとの願いから
生食を取り入れようと思い 馬肉と鹿肉を今日注文しました。
少しあぶるのも美味しそうですね。パクの反応が楽しみです〜♪

Posted by パクママ at 2011年11月09日 21:17
パクママさん

馬肉と鹿肉、おいしそう!!
パクちゃんは免疫力アップですね。私もローカルな肉屋で調達しようと調査中です。
Posted by Angiemom at 2011年11月10日 17:55
宇都宮の「ドッグピット」さんと言う所です。http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=406
ホメオバシーというか、アニマルホリスティックケアのようです。ゆきまるが痒みを繰り返すようなら1度相談したいと思っていました。
宜しかったらご覧ください。
Posted by ゆきまるママ at 2011年11月10日 23:09
ゆきまるママさん

ありがとうございます。患者さんのコメントがいいですね。機会が会ったらおうかがいしたいと思います。。ゆきまる君も選択肢があるっていいですね。
Posted by アンジママ at 2011年11月11日 08:19
狂犬病と混合ワクチンについては
私も毎年の接種に疑問をもっていますが
狂犬病ワクチンが法律できめられている中
これらの接種証明証がランや宿泊施設・カフェ等で効力を発揮している現状です
また家はショーに行きますので接種は必要です
何時もこのジレンマとの戦いの中で
接種を受けています
難しいですね
Posted by Piccolo at 2011年11月12日 07:32
Piccoloさん

こういう時代ですから飼い主もアンテナを高くしてわが犬の健康を守りたいですね。  健康なわんならまだしも、アレルギー体質や敏感なわんにはケアも慎重にしなければと思います。 抗体があれば、感染したり、感染させたりしないのが正しいとすれば、検査の結果、ワクチン免除されるべきですね。
Posted by angiemom at 2011年11月12日 19:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg