2011年11月26日

マイクロチップ考 アゲイン

マイクロチップについては、犬の識別に効果的とされていますが、
マイクロチップ先進国である米国では健康被害の恐れがあると懸念する向きもあります。

カナダの9歳のフレンチブルドッグがマイクロチップ挿入箇所に悪性の腫瘍を発症。 
この犬は2003年にマイクロチップを挿入していました。

マイクロチップ挿入の健康に及ぼす影響についてのリサーチはここ10年ほど行われていますが
異物挿入箇所の炎症や傷が腫瘍の原因になることは
ネズミの実験でも100年ほど前から報告されています。

このフレンチブルは狂犬病のワクチンも受けていたので、
腫瘍の原因が、ワクチンとマイクロチップのどちらに起因するかはわかりませんが
どちらも腫瘍の発症に悪影響を及ぼすという論文が報告されています。 

Fibrosarcoma with Typical Features of Postinjection Sarcoma at Site of Microchip Implant in a Dog: Histologic and Immunohistochemical Study 
M. Vascellari, E. Melchiotti and F. Mutinelli
2006 American College of Veterinary Pathologists 

 


最近の海外ウエステイ・ブリーダー・オーナーさんの間での
この話題に関してのやりとりをご紹介します;
 
スーザンさん:『うちの犬はマイクロチップの代わりに入れ墨にしています』 
ジェーンさん:『うちも犬の内股に登録番号を入れ墨しています。』

アメリカでは80年代から90年代、地元のドッグショー会場に
タトウークリニックなるものが出店していて
そこで犬の番号を入れ墨してもらえましたが、
マイクロチップが普及するとクリニックはなくなっていきました。
ジェーンさんは病院で歯石を取るときの麻酔時に登録番号を入れ墨するそうです。

とここまで書いてJKCのサイトを見たら、
日本にもありました、タトウー登録! 

http://www.jkc.or.jp/modules/registration/index.php?content_id=38 
JKCでは基本は耳にするようです。

マイクロチップを入れたからといってすべてが解決される訳でもなく
速やかに犬が識別される訳でもありません。

ベリンダさん:『先日ゴールデンリトリーバーが迷い込んできた時、
首輪に名前のタグもなく、チップスキャナーのある病院も休みだったので、
識別できる団体に確認するのに時間がかかりました。 
もともと連絡先を書いたIDタグがついていればいいのに、
チップが入っているからIDタグをつけていないというのは良くない』 
クリステイ−ンさん:『マイクロチップのリーダーは標準化されていないから、
先日製造元が違ってスキャナーで読めなかったです』 
 
それ以外にも、チップを入れたのに読み取れない、
体内で紛失してしまったという例が多数報告されています。

ではマイクロチップ以外の方法はというと
タトウー以外には、指紋ならぬ鼻紋を取っておくのも一案ですが
犬の盗難時に、耳や鼻をそがれる危害が及ぶかもしれません。

一方でマイクロチップをつけているからと、地元の花火大会に犬を連れて行き、
犬は大きな音に驚いていなくなって行方不明になるような例はいただけません。

ジェーンさん 『自分の犬にはチップは挿入しません。 
チップが体内で移動してしまうのは怖いことです。
チップを入れている犬は、挿入箇所が腫れていないか、
犬の体を触診してチェックする必要があります。
チップを入れて心配になれば、病院で摘出してもらえます。』 

マイクロチップであれ他の方法であれ、
迷い犬であれ、盗難リスクがあっても
『まずは首輪にIDタグをつけておくのがベスト。
そして犬は逃げるリスクのあるイベントには連れて行かず
車の中に置き去りにもしないこと。
売る目的でウエステイを狙い車から盗む輩もいます。
玄関や門扉をきちっと閉めて、家においておくのが一番。』

.....と、マイクロチップから始まった話題は
飼い主の犬の管理が重要という結論に落ち着きました。

PB123415a.jpg
 
アンジも外出の際はIDタグ付きの首輪を必ずしています。



P4290243.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー ブログ村にエントリーしています。クリック歓迎です。


posted by Angie Mom at 12:40 | Comment(8) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
マイクロチップ・・考えされられます。
メアリ−はマイクロチップを入れていません。理由は、体内でどうなの?
??があって。
アンジちゃんのように、
IDタグ付き首輪がいいですね。
Posted by みっくんママ at 2011年11月26日 23:43
 うちの犬は、マイクロチップを入れていません。理由は、全国統一規格ではないから。
 まさか障害が出ていたとは!情報を有り難うございます。
Posted by 二代目もウエスティ at 2011年11月27日 03:12
みっくんママさん

マイクロチップの法制化の動きもありますが、選択制にして欲しいと思います。 マイクロチップのおかげで飼い主の元に戻った犬もいますし、レスキュードッグに施す意義もありましょう。 でもまずはIDタグから...。
Posted by AngieMom at 2011年11月27日 12:57
二代目もウエステイーさん

標準化の問題は日本でもあると聞くので、運用上早く統一してほしいです。 発症率やリスクの統計はありませんが、チップを入れる場合はアフターケアをすることが大事のようです。
Posted by Angiemom at 2011年11月27日 13:15
マイクロチップをいれれば、安心で安全なんだと、漠然と思い込んでいました。

言われてみれば当然、そういうことも起こりうるんですよね。

子供のころに飼い犬が行方不明になり、結局二度と会えなかったつらい経験があり、チップを入れればいいのかと考えていましたが、
必要ないかもしれませんね。

Posted by のん at 2011年11月28日 11:43
のんちゃんママさん

マイクロチップの効果に頼らない管理も必要だなと心した次第です。 記事のオーナーさん達は犬の健康にフォーカスする人達なのでこういう考え方なんですね。
Posted by angiemom at 2011年11月28日 18:22
マイクロチップに関しては積極的に成れない私です
体に異物を入れる事に対する不安が一番ですが読み込む機械が無いと識別できない事も
理由の一つです
迷子札をつけていても外されてしまったら
それまでですし
何が一番良い方法なのか考えてみれば・・
迷子にしない事ですね
しかし災害等を考えるとマイクロチップの
必要性もあり! と思います
何は一番良い策なのか悩む所ですね

Posted by Piccolo at 2011年11月29日 19:35
Piccoloさん

どれも万全ではないですから。
マイクロチップも一つの手段ではあると思いますが、盗られる時は、何をしても盗られるでしょう。
迷い犬なら迷い札で早期に連絡が取れるはず。
犬の識別が必要なら、わたしはまずはタトウーかなと思い始めています。
Posted by Angiemom at 2011年12月04日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg