2012年07月08日

臨時増刊号 ホリステイックのヒント

ー 休刊中につきそ〜っと臨時増刊号 ー 

ウエステイは皮膚トラブルが遺伝的発生しやすい犬種として英ケンネルクラブの注意犬種に入っています。
ウエステイを飼ってお友達になった他のウエステイの飼い主さんからも
アレルギーや皮膚疾患の話は耳にしますし
化学療法(投薬)からシャンプー、食事療法まで腐心されている飼い主さんは多いです。

近年、よく聞くホリステイック/代替療法。
米ウエスブリーダーの達人達のデイスカッショングループでは
疾患に対してホリステイックなアドバイスが多いですが
我々のような素人が普段の生活でそれをどこまで取り入れるべきかは
常々決めかねていました。

日頃、犬の免疫システムを低下させないためにわたしは

1)生食、もしくはヒューマングレードのフードを与えしっかり食べさせる
2)ワクチンの過剰摂取を避ける 
3)抗生剤、ステロイド、ノミ/ダニ駆除目的の滴下剤に代表される化学物質をできる限り使わない
などに留意しています。。

しかしこのホリステイックアプローチをどこまでやってどこから化学療法にするのか、
獣医さんとどのように恊働するか迷う事も多かったです。

先日、ホリステイックとのつき合い方のヒントが最新のホールドッグジャーナルに出ていました。
良い記事でストンと腹に落ちたので備忘録にまとめます。
 
サマリ 

ホリステイックケアは常に試行錯誤のプロセスで
わが犬にとっても飼い主にとってもベストなケアを、予算、ライフスタイル、信条に合わせて行うもの 
飼い主が自分を知り、わが犬を知ることが重要で、その過程では失敗もしながらが学びを重ね、
自分のアプローチを進化、発展させてていくもの。

ホリステイックアプローチ - 10のヒント
by デニーズフレイム

1 口コミや経験者談を参考にする
高いフードを買って犬に合わなかったら? 生食で下痢したら? 誤飲時の救急医療?
ホリステイックアプローチの不安や疑問には、先人の経験談を聞いたりネットを活用する

2 頭上注意! 空からピアノが降ってくる?
外を歩けばものが落ちて頭に当たるかもしれない。 
ホリステイックといえどもリスクは必ず伴います。
しかしだからといって起こるか起こらないかわからないことを恐れて
外に出ない訳にも行きません。
こうなったら、ああなったらどうしよう、ということを恐れ過ぎる事は
リスクを冷静に精査することとは違います。
犬のためになる決断は飼い主は飼い主にも心地よく感じられるはず。

3 何かから始める
代替療法は多岐に渡り、どれから手を付けてよいかわかりません。
ホメオパシー、バッチフラワー、 エッセンシャルオイル、鍼、漢方などなど
リサーチ、獣医や友人に相談もいいですが、まずはどれかから始めてみること
合わない場合もありますが、試行錯誤の過程に学びはあります。

4 日記をつける
記録は普段と変わったところだけでも構いません
走り書きでもよいのです。 お小水の頻度、毛色の変化、一時の外耳炎、睡眠時間
印象レベルのことでもよいから、犬の生活パターンを記録しましょう
季節要因も重要です。

5 出来る限りの予防を 
代替療法は、病気は体内の深いレベルでのバランスが崩れて起こるものと考えます。
インバランスが起こらないためには、
良いフード、良い水、適量の運動、精神的な刺激、そして安全で化学物質フリーの環境
が必要です。 これは人間にも必要な事です。 
6 獣医 
理想は、獣医と飼い主が恊働できることです。
お互いが尊敬を持ち平等な関係性であれば、意見の違いをみとめ合うこともできますが、
獣医がホリステイックを胡散臭い、と思っているとうまくいきません。
飼い主も獣医の専門性に敬意を表し、
近くにホリステイック獣医がいない場合は、獣医に加えて電話コンサルも活用できます。
そして獣医には、治療以外にも代替療法を施していることを伝えましょう。 
そうするには飼い主自身がホリステイックアプローチのリスクと利点を理解しなければいけません。
例えばワクチン投与の頻度を下げたい場合は、ワクチンを打たない時のリスクも認識していることを
最初に伝えましょう。
はっきり言って、本当に悪いのはホリステイックを認めない獣医ではなく、
獣医の指示に従わず基本動作もせずに失敗したことを周りのせいにする他の飼い主なのです。
リサーチをしたりホリステイックケアを心に掛ける努力をする飼い主は多くいません。
獣医もそのことに気づけば態度も変わるでしょう。

7 やらないよりやったほうがいい
ホリステイックケアは、個々の犬に最良のケアを施すことのはずなのに、
効かなければ酷評されるのは皮肉の極地です。
ホリステイックはゼロか100かのオールオアナッシングではなく
できることが限られていても何もしなくてよいことにはなりません。

自身は生食が、自然で、ゴミも出さず、生態系的にもベストだと思い
生食とドライフードだけでなく、火を通した食材と生だけを食べた犬の間にも
明らかな違いを認めますが
だからといって皆が生食をやれる環境にいる訳でもありません。
ワクチンを避けるといっても、レプトスピロシスが蔓延している環境であれば 
副作用があるといっても、犬を守る為に投与しなければいけないかもしれません。

自分のリソースでできることをやればいいし、他人の言う事に惑わされないことです。

8 極端を避ける
動物も人間の体もバランスが大事です。 病気も一日にしてなる訳でないので、免疫や回復するのにも
時間はかかります。
時にはパターンを変える事も必要です。犬は雑食ですからひとつフードなどに偏らない事が大切です。
9 基本に戻る
時々自分が爆走しそうになると
1995年発刊の The Complete Herbal Handbook for the Dog and Cat 
という本を読み返します。
健康ハウツーものの本が溢れている昨今、 
この本は陽の光、新鮮な空気、明るい採光、自由に走れる空間、の大切さを説いています。

10 意思を大切に
ヒーラーの友人は、意思が大事といいます。 
回復を願わぬ飼い主などいないですが、我々は犬の回復を願いながらも同時に
治療がうまくいくかどうか、最悪のシナリオなど、恐れや不信に苛まれてしまいます。

結末を変えることはできないけれど、
必ずうまくいくと心に決めてそれ以外は考えない
ここが一番難しいところです。
P5056015.jpg
posted by Angie Mom at 00:06 | Comment(8) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜

うちも生後2ヶ月で受け入れたのに生後3ヶ月でまさかのアレルギー発生!結局薬では治らず
生食でよくなりました。その頃アンちゃんママさんに出会って本当に参考になりました。今では何の心配もなく最近ついた歯垢は前回同様生骨で取ろうかなみたいな。本当に勉強になりました。またよろしくです!
Posted by RIE at 2012年07月08日 23:32
RIEさん
いえいえ勉強になるのは実践して効果のほどを教えていただく周りの飼い主さんなんです。うまく行かない場合もあるし、みんなで情報共有して我が子を健康に育てたいですね。有難うございます。
Posted by Angiemom at 2012年07月09日 08:02
アンジは幸せだねぇ・・・
Pureであるということは、それはそれは大変な心配りと忍耐を必要とすることが10箇条でよ〜くわかりました。

アンジは幸せだねぇ・・・


スイッチが入ったり入らなかったりする気ままコナンのパパ(Hi)
Posted by コナンパパ at 2012年07月09日 19:57
休刊中で寂しいな〜って思いながら、ダメもとで開いたらうれしい臨時増刊号!!

そして、私の不安だった事も少し納得できました。
ありがとうございました!

アンジちゃんのなでしこジャパン、似合ってるわよ〜(笑)
Posted by のんちゃんママ at 2012年07月10日 09:54
コナンパパ

いやあ、コナンパパママの愛情こそ脱帽です。 コナン君も幸せ〜。
ホリスティックは、便利でも綺麗でもないですし、忍耐が必要ですね。
Posted by angiemom at 2012年07月10日 19:21
のんちゃんママさん

こういう情報は自分も共有したくなっちゃいまして。 日記はちょっとお休みなんです。
Posted by angiemom at 2012年07月10日 19:24
「 臨時増刊号 」ありがとうございます
休刊中と知りながらもちょくちょくのぞいていたのは私だけでは無かった様ですね
読ませていただいて・・・
ちょっと得した気分です(笑)

私は色々な意味で迷った時は自然界ではどうなんだろう? と考えます
家庭犬として暮らしている仔達ではありますが
そう考えると答えへの道が見えて来るのです
健康で快適な暮らしを共に楽しみたいものですね
Posted by Piccolo at 2012年07月14日 13:10
Piccoloさん

来ていただいて有り難うございます。
アンジの日記は休刊ですが、記録しておきたいことは書いておきたくて。

自然界ではどうなんだろう?とはきっと自然でいろんな意味で正しい考え方なのでしょうが、ともすると忘れてしまいます。
Posted by Angiemom at 2012年07月14日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg