2013年02月20日

吉報ならず

ご訪問有り難うございます。

大変残念なお知らせになりました。

アンジは5年前の2月10日、アンジ地方晴れ、最高気温11度、最低気温1度の日に誕生しました。
そして5年後の昨日2月19日は雪の降るアンジ地方で
アンジは順調に予定日に至っているように見えましたが
胎盤剥離で急遽帝王切開となり
宿していた仔犬を救う事はできませんでした。

何が起ころうとも自然の摂理と心の準備はしていましたが
月が満ちてはかなく消えた命はとても残念です。 
何よりもアンジに痛い思いをさせて可哀想なことをしました。
これからゆっくり静養させてやりたいと思います。

アンジの交配を決めた理由は三年前に遡ります。

ここからは飼い主の勝手な思い込みなので、聞き流していただきたいのですが
三年前にアンジとわたしはアニマルコミュニケーションを受けました。
その時の記事はこちら

コミュニケーションの結果は、アンジはうちの子になって満足しているとのことだったので
とりあえず安堵しましたが、実はコミュニケーターさんが伝えたアンジの最初の一言は、
当時のブログには書きませんでした。 その一言は、
’あたし、半人前なの’ 
でした。

アンジは1年4ヶ月になるまで犬舎で過ごしています。
犬舎では沢山の仲間がいて、オーナーさんが見つかる子、交配して親になる子などを
ケージの中から見ていた筈です。
アンジは気質が良い犬ですが、
どんどんおうちが決まり犬舎を去っていく子、または仔犬を生んで輝く仲間を見て
自分は半人前だと思っていたというのです。

夢物語なのかもしれませんが、わたしは当時それを聞いて涙が出そうになりました。
そして家庭犬になることでアンジが幸せになり
母親になることでアンジの犬生の充実と自信につながるのなら
母親にしてやりたいと思うきっかけになったのです。

前回の記事でも書いたように
訓練所初めたくさんの方からの祝福を受けた妊娠ではありましたが
胎盤剥離を含む異常分娩のリスクはあらかじめ想定していました。

そしてできる限りの理想の環境でアンジの妊娠を維持したつもりです。
しかし今回は人知の及ばぬところで残念な結果となりました。

術後は蘇生できなかったアンガス(仔犬の名)と対面して今生の分、頭を撫でてやりました。
そしてアンジには、痛い思いをさせてごめんねと頭を撫でてやりました。
アンジは何故かすまなさそうなのと少し安堵した表情が入り混じり
耳を伏せたままわたしをじっと見ていました。

わたしと夫は昨晩この世に生まれてくることのできなかったアンガスの死を悼み
アンガスの事を忘れないように、そして
これからもっとアンジを大切にしよう
と話しました。

ブリーダーさんには今回のような生と死の境界線は身近なのかもしれません。
しかし家庭犬の飼い主にはなかなか重く濃密な体験でした。

わたしたちは今回の辛い経験を通じて
今ある生の素晴らしさを改めて祝そうと思います。
そして皆さんにも皆ワンと今生の縁を今一度祝していただければと思います。

アンジ、はやく良くなっておくれ。

そしてアンガスに献杯。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーーよろしければ足跡クリックをどうぞ!
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)






posted by Angie Mom at 18:00| Comment(13) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変お辛い経験をされたのに、本当にご立派だと思います。
どんなにアンガスちゃんを待っていらっしゃったか…
それでも、冷静に現実を受け止めていらっしゃるご夫婦の姿に、ただただ頭が下がります。

こんなに愛されているアンジちゃんは、きっと今はもう、自分は半人前だなんて思っていないと思います。

パパさんとママさんの愛情を、この数ヶ月でより一層感じたと思います。

…のんちゃんの出産からもう三年近く経ちますが、最近ようやく亡くなった仔犬の事を冷静に受け止められるようになった私が、偉そうな事は言えませんが、アンガスちゃんはその存在が意味があったのだと思います。たとえ誕生しなくても…。
Posted by のんちゃんママ at 2013年02月20日 21:56
悲しく 辛いことでした・・・胸が痛みます(涙)

どうか アンジママさんの心と体が少しでも回復されますように・・・。

アンガスちゃん 安らかに・・・。

アンジちゃんの回復 心から祈っています・・・。

Posted by つむじ at 2013年02月20日 22:18
まずはゆっくりしてくださいね。
アンジちゃんも、パパさんも、ママさんも。
そしてまた元気なアンジちゃんがみられますように!おねがいします。
アンガスちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
Posted by メイママ at 2013年02月20日 23:51
アンジちゃんに、パパさん、ママさんの想いは通じていたことでしょう。
アンジちゃんお大事になさってください。

Posted by みっくんママ at 2013年02月21日 00:39
今回のことは、残念でした。しかし、このことをブログに記されたアンジママさんは勇気のある方だと思います。
また、アンジちゃんの気持ちを知って、心がうずきました。でもそれは3年前の話。今は自信のある一人前だとアンジちゃんは思ってるはずです。
シーザー・ミラン氏は「犬は、過去には生きない」と言いました。また、飼い主の感情には敏感に反応するとも・・・。
一日も早いアンジ家の日常を取り戻してください。
アンジちゃんは、ママから赤いお肉をいっぱいもらってね。
そして私も、アンガスちゃんに献杯!
Posted by みるくまま at 2013年02月21日 23:26
ママさん、パパさんのお気持ちを思うと胸が痛みます。

アンジちゃんの一日も早い回復を祈っています。
Posted by Rosieママ at 2013年02月22日 02:22
とても悲しいです。。。
アンガスちゃん、やすらかに。。。
アンジちゃん、早く回復しますように。。。
Posted by コットンパパ at 2013年02月22日 06:30
アンジママさん 大丈夫ですか?
とてもお辛く悲しいことを 記してくださって感謝します。
どうかゆっくり心と身体を休めてください。

以前アニマルコミュニケーターさんとの記事を拝見した時に
「アンジちゃんはたくさんの事を諦めて大人になった」という言葉に涙しました。
そしてアンジ家の娘になりママさん・パパさんの深い愛情のもと、
幸せいっぱいになっていく姿に胸を打たれました。

でもママさん達はアンジちゃんをもっともっと幸せにしてあげようとなさったのですね。
アンジちゃんはそんなお二人のお気持ちを、こんなにも愛されていることをしっかりと受け止めていると思います。

アンジちゃんが一日もはやく元気になりますように。

そしてアンガスちゃんに献杯。 
どうか安らかに・・・
Posted by パクママ at 2013年02月22日 22:57
辛いですね 残念ですね

どんな形であれ大切な命を失う事は心に重く響きます
でもその一つ一つにきっと意味が有ったのかもしれません
そう思わないと救われません
そしてその意味を私もずっと探しています
もしも神様がお決めになった運命と言うものならなんてむごい事をなさるのかとも思いました
息をひきとる最後の時は「 連れて行かないで!」と叫んでしまいましたもの。。。

そうした数々の場面の中から私たちは学び次へと生かしていかなければ成りません

亡くなってしまった仔犬たちがそこに確かに居た証のためにも。。

アンジちゃんとご家族の心の痛みが癒える事を願っています

アンガスちゃん バロンと仲良くしてあげてくださいね〜 献杯。。。
Posted by Piccolo at 2013年02月23日 13:57
facebookでアンガスちゃんというお名前を拝見し、あれ?産まれたのかな?って思ってこちらの記事を見て愕然となりました。アンガスちゃん、天使になったんですね。。。
アンジちゃん頑張ったね。しばらくはゆっくりと休んで一日も早く体を回復させてね。
パパさんもママさんもお辛い気持ちで一杯でしょう。どうかご自身もいたわって下さいね。
アンガスちゃんのご冥福をお祈りしております。。。
Posted by わんわん at 2013年02月23日 17:27
突然の出来事に、なんて言っていいのか、
言葉を失ってしまいました。
アンジママさん、気丈にもお知らせをして頂き、頭が下がる思いです。

どんなにお辛い事か・・
アンガスちゃんが光を見ることなく、この世を去ってしまい残念でありません。

でも今は、きっと虹の橋のたもとで、大勢のお友達と楽しく過ごしている事でしょう。

アンジちゃんが無事で良かった・・
この先もお二人の愛に包まれて暮らすアンジちゃんは幸せ者です。
Posted by ゆきまるママ at 2013年02月23日 18:36
ただただ、涙があふれました。

アンジ、ワンコは自分でわかっているだろうけど、ゆっくりゆっくり過ごしてね。

ママさん、パパさん。
アンジは健気な子ですね。

アンガス。この世に生きた気さえします。
Posted by lie at 2013年02月24日 14:33
皆様、コメントを有り難うございました。
まだ日が浅いですが、たくさんのご連絡やコメントをひとつひとつ有り難く読ませていただき、飼い主は悲しみと心に受けた衝撃と向き合える勇気をいただいています。
アンジは順調に快復しているようで、もう小走りに走るほどです。 快復が早いのは嬉しいですが、気を抜かず予後の経過に気をつけてやろうと思います。
Posted by Angiemom at 2013年02月24日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers