2014年02月27日

行方不明の犬を見つける方法

IMG_0586.jpg

外国ではオフリードの犬も多く、
それだけに犬が行方不明になってしまうこともよくあるそうです。
野原で穴に落ちて、別の散歩者によって見つかった話も聞きますが
森の中などではぐれてしまう場合もあります。

森の中で愛犬が行方不明になって探しまわり12日。

迷子になった猟犬が必ず戻ってくるという猟師さんのヒントに従って、
飼い主さんは次のことを実行しました。

  • 飼い主のニオイのついた服を犬が最後に姿を見た場所に持って行く
  • もし犬がクレートトレーニング出来ている場合は、クレートに服とお気に入りのおもちゃを入れておく
  • クレートには理由を説明して『動かさないで』というメモをつけておく
  • クレートの横には水をボールに入れておいておく
  • 食べ物は他の動物を招き寄せるかもしれないのでおかない

半信半疑で次の日にクレートに戻ってみると
愛犬はちゃんと座って待っていて、
その飼い主さんは大変驚いたそうです。

普通、犬が行方不明になると、
我々飼い主は大声で探したり、ポスターやビラを作ったり、保健所を探したり
もしくは予防策として
マイクロチップを挿入したり、犬が脱走しないようにリードや柵を整えるのですが
事故が起こったあとは、探すしかありません。

犬だって遊んだあとは一人で不安になりおうちに帰りたいに違いない。

そんな犬のための道しるべを作ってやるという発想、
妙に納得しました。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  


コメントは承認後表示されるようになっています

posted by Angie Mom at 21:28| Comment(4) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、確かに妙に納得しました。

Mayはクレート訓練は成功していて
「クレートの中は安全圏」とインプットされていました。
だから、「あたしにかまわないでね」って、嫌なことがあったり、嫌な人がいると、自分から進んでクレートに入っていたんです。

が、ある時を境に、自分からは入らなくなってしまいました。
もちろん、私が促せば入りますが、、

このお話を読ませていただいて、
もう一度、クレート訓練をしようかなと思いました。
Posted by メイママ at 2014年02月28日 23:13
Mayママさーん

ちょっとした事故で迷子になったらどうしようと思っていました。 誰かに捕まる経験も不安だろうし。
飼い主の匂いがキーポイントですね〜。
Posted by Angiemom at 2014年03月02日 15:05
飼い主の匂いですね♪

元来、この子たちは自分の身が安全か危険か,
わかるはずなんですよね。

やっぱり、クレート訓練することにします!
Posted by Mayママ at 2014年03月02日 22:42
MAYママさん

迷子になるとお水もそう飲めないだろうからマイボールのお水、でもフードは我慢してもらうそうです。 犬の立場と感覚を尊重するやり方が成功するっていいですね。
Posted by angiemom at 2014年03月05日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers