2014年04月13日

春の健康診断と抗体検査

samp22029036f7079999.jpg

ご来訪有り難うございます。

アンジは今日春の健康診断に行きました。

するとアンジ、初めて8キロ越え!
食欲があり、運動もいつも通りですが、抱くとズッシリ、貫禄も出て来ました。

病院ではフィラリア検査と年一回の健康診断に加え、
今日はワクチンの抗体検査をしてもらいました。

わたしは犬へのワクチンの過剰な投与は避けたいという考えを持っています。
そして自分の犬を取り巻く環境で感染予防に必要なワクチンを
出来れば混合でなく、一種ごとに打つことで
犬の身体への負担を少なくしたいという理想を持っています。

それはこれまで、混合ワクチンの過剰投与によって自己免疫不全や神経障害などの
健康被害を受けた犬の飼い主さんの体験を聞いたり
ワクチンでも混合にすることのリスクに関するリサーチや文献を読んで
ワクチンは必要なれども過剰投与には気をつけたいという意識が高まったからです。

狂犬病ワクチンが、病気の感染から人間を守る為のものとして法令に定められているのに対して
それ以外の犬ワクチンこそ、犬の健康を守る為にあるものです。
従って後者については、ワクチンの抗体レベルを調べて
補うべき抗体があればそのワクチンを打つのが理想と考えます。

それによりワクチン投与の証明書を求められる場合は
抗体検査の結果を代わりに提出します。

過剰ワクチンによる健康被害を憂慮する外国では
このような考え方で抗体検査をする飼い主さんは多いですが
日本では抗体検査にかかる料金が犬ワクチン投与を上回るので
経済合理性から、飼い主さんはワクチンを定期的に打ったほうが安くつき
老犬や病気を持つ犬以外には、抗体検査は浸透していないようです。

一般的に犬の健康に影響する外部要因の大きいものは
フードとワクチン、そして滴下型のノミ/ダニ駆除剤の使用です。

これまでアンジがアレルギーもなく健康で過ごせたのは
(生まれ持った個体差もあるかもしれませんが)

良質蛋白質を多く含むフードを摂り、
過剰なワクチン投与に気をつけ
化学物質の使用を避ける

この三本柱で今年もナチュラルウエスティとして健やかに過ごさせたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- 足跡クリックをお願いします!
posted by Angie Mom at 20:15| Comment(2) | ナチュラルウエスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祝8キロ!
小柄なアンジちゃんが、大きくなりましたね。
みるくも今年8キロ台になりましたよ〜。みるくは体が大きいので妥当な体重かなとも思いますが、後ろ足を悪くしたのでこれ以上体重が増えないようにと思っています。
ワクチン投与に関しては飼い主の意識、知識にが必要ですが、当方1年空けて今春受けました。
Posted by みるくまま at 2014年04月15日 22:57
みるくママさん

みるくちゃんはアンジより大きかったでしたっけ!?
ママさんの手作り食と八瀬のかわで鍛えた太ももに違いない、、、
足怪我をしましたか?
Posted by angiemom at 2014年04月20日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers