2014年09月02日

WEEK 9 夏の終わり

IMG_1653.jpg
9週目

パピー達の旅立ちの日が近づくにくれて
周りの方から淋しくなりますね、と言われるようになりました。

4匹から3匹になっても仔犬達はパワーアップしながら
激しく遊び合うようになりました。

家に帰ってくるとパピーパーティーの後のサークルは無惨な姿になっています。
パピーパーティーはこんな感じ



一方で一匹少なくなっただけで仔犬のそれぞれの識別はし易くなりました。
誰がトイレをして誰と遊んでいるかが分かるようになりました。

IMG_1656.jpg

仔犬達にはワクチンを9週目に打つことに決めました。
仔犬達が生まれた病院の院長先生やスタッフの方は
とても丁寧に仔犬達を診察してくださり、最後に
「ここまで順調に大きくなりました。 これからは事故に気をつけて下さい。」
と言われました。

誤飲、段差から落ちる、など、行動範囲が広がると共に
目を離さなくても事故につながる危険性が出て来ます。
実際うちでもヒヤッとする瞬間を既に経験しました。

IMG_1642.jpg
母の指導の時間 仔犬をひっくり返します。


残暑がようやく和らいだ日のある朝
外は雨が降っていてアンジの散歩に行けなかったので
出勤前にしばし時間が有りました。

窓際でアンジを撫でながら
『アンジ、夏がようやく終わったね。 この4ヶ月本当に頑張ったね。
お母さんも一緒に頑張ったよ。 アンジは偉かったよ。』
と語りかけたら、胸が詰まって涙が溢れました。

するとサークルから私たちを見ていた仔犬が静寂を破るようにギャン吠えしました。
わたしは振り向いて、

『あんた達にはそれぞれ新しい家族が待っているから
早くここを出て行って、どんどん大きくなって
新しいお家で自分のポジションを築いて行きなさい!』

仔犬達はキョトンとした顔で静かになりました。

パピー達よ、これが君たちへのはなむけの言葉です。
君たちの未来に幸あれ!


第九週目

1。これから4週間もパピーにとって重要な時期であるため、これまでのパピープランで定めたタスクを少なくとも3回繰り返す事。多頭の場合は個別に合わせて指導する。 すべての経験が成功体験にならなければいけない。
人に会えばおやつをやり、新しい体験をすれば褒めておやつを挙げる。
2。知育おもちゃを与える。問題解決と抑制可能なフラストと取り組めるようにする。 新しいおうちでも、トンネル、階段、上ることを経験する。
3。一人でいることを経験させる。クレートトレーニングをする。飼い主が見える位置から始める。
4。音の訓練CDを引き続き聞かせる。
5。親しみ易くワクチンを打っている犬と会わせる。
6。あなたの後を追わせる。できたらおやつをあげる。
7。あなたの周りで静かにリラックスすることを教える。グルーミング、ハンドリングは遊びやゲームでないことを教える



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメント反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えください。



posted by Angie Mom at 12:46| Comment(0) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers