2014年09月10日

WEEK 10 FAREWELL

IMG_2630.jpg
10週目

IMG_1690.jpg
残り3兄弟最後の夜

IMG_1693.jpg
遊び納め


毎日繰り広げられたわんわんパーティも最後です。

そして翌日は別れの日。

IMG_2642.jpg
長男の出発

長男ファーガスは飛行機に乗りました。
車の練習とCDで空港と飛行機の音の練習は役立ったかな。


IMG_1721.jpg
次男の出発

次男はとっても大きな群れ(家族)の一員になりました。
家族5人でお迎えにみえ
新パパさんがアンガスのクレートをこのように大事に抱えていってくださいました。

アンジは静かに仔犬達の入っていくクレートや入れ物の匂いをチェックして
最後は階段の上から仔犬を見送りました。


IMG_1724.jpg
サークル撤収 


仔犬が旅立ち、わたしは淋しさよりも安堵感で胸がいっぱいです。

誕生後は命が失われないように、そして安定後は健康に育つように
世話人がパピーという時限性のある育成期に注ぐ資源と努力には限りがありません。
パピー達が健康に育ってくれたことで
達成感と言うよりよりも、出来るだけの事はやったと自分に言い聞かせています。


IMG_1728.jpg
左からファーガス、ロビン、アンガスJR、シュナのフードボール

英ケンネルクラブによると、2歳以下の純血種犬の死因の第一位は
殺処分というショッキングな調査結果がありました。
たとえ健康に育っても問題行動があって人間とうまく共棲できない犬が命を落としていく現実でした。

そのような不幸な犬生を減らす為に、英ケンネルクラブはブリーダーおよび
仔犬の飼い主向けに仔犬の社会化プログラムを公開しています。

IMG_1730.jpg


このトレーニングは何が特別なことが出来るようになるのではなく
人間の生活における普通の事に慣れ
新しい事にも取り組める基礎能力の発達を促してやるものです。

目が開き耳が聞こえるようになる三週目前後から始まります。

プログラムを実践して気がついたのは
仔犬の学習能力が一番発達する1−2ヶ月目は
ワクチン未接種で外界の経験を得る機会が限られたり
新しいおうちへ行く環境変化の時期と重なってしまう難しさを
乗り切る事が大事ということでした。

IMG_1731.jpg

この大切な時期に仔犬の世話する人はブリーダーであれ新しいオーナーであれ
双方が協力して能動的かつ継続的に社会化トレーニングをしておくと、
仔犬の耐性や柔軟性が発達してその後の人間との共棲がしやすくなるのは想像できます。

アンジパピーもこの社会化トレーニングを実践しました。
その成果は今後パピーの新しいご家族からおうかがいすることになりましょうが
効果の有るものだとわたしは感じています。

IMG_1726.jpg
2ヶ月毎日測った体重

飼い主の方はというと、この3ヶ月間ほどは寝食を削り、仕事以外は
仔犬のサークル外の世界とは遊離して世話に没頭しました。

仔犬が生まれて
周りの人がその愛らしい姿に魅了されていくのを目の当たりにしながらも
わたしは目の前のことに追われて仔犬を愛る余裕はなかったと思います。

IMG_1725.jpg
(泊り込みで二時間おきの哺乳をお助けくださり深謝します)

そんな飼い主はたくさんの方々に支えられました。
どの方も皆、’アンジのお産だから’ とお力を貸してくださいました。

アンジ父方、母方および交配いただいたブリーダーさんはもとより
深夜のお産に合わせてくださった動物病院の院長先生とスタッフのみなさん
育児をサポートしてくれたウエスティのお友達
メールやブログ、メッセージで励ましてくれたお友達
パピートレ担当の訓練士さん
仔犬を命名してくれたアンディーマルコム氏
助言をくれた英ウエスティクラブ
健康管理とフードでお世話になったドッグワンさん
そして毎朝アンジに、’頑張れ〜’と声をかけてくれたラジオ体操の常連さん

たくさんの方がアンジのお産と子育てをお見守りくださいました。

わたしたちとって今回の繁殖は素晴らしい経験となりましたが
沢山の方とのご親交を深めるきっかけをいただいたことは
人生の財産になりました。

アンジよ、このご親交はすべてあなたが紡いでくれたご縁です。

こんな素晴らしい仲間との時間を私たちに与えてくれて有り難う。
そして周りのたくさんの人にも幸せを分けてくれて有難う。
昨年のアンガスと今年のビーンも会えて有難う。

これからは家族にシュナを加えて、新しい日常を始めていきましょう。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメント反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えください。



posted by Angie Mom at 08:43| Comment(12) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンジの後ろ姿をみて、涙がにじんでしまいました。
感動をありがとうございました。
Posted by lie at 2014年09月10日 15:57
みんな、旅立って行ったのですね。
きっと新しい家族に大切にされて幸せになるでしょうね。なんだか、涙目になってしまいました。
シュナちゃんと新しい生活が楽しみですね。暫くはやっぱり大変ですが・・・

我が家はいつか里親になりたいと思っています。やっぱりウエスティの。
子犬から育てるには体力的に厳しく、犬には長生きして欲しいけどミント並みに16年生きたら私は介護が必要になるかも。犬をおいて死ねません。子供なし、夫婦共稼ぎではご縁が薄いかもしれませんが頑張ってみたいと思います。
これからも、アンジちゃんとシュナちゃんの様子を楽しみにしています。
Posted by ミント at 2014年09月10日 21:10
アンジマムさん。
パピーたちは新しい家族のもとに巣立ったのですね。
私も胸がいっぱいになりました。
大きな愛情と強い使命感と責任感で本当によくなさったと思います。お疲れ様でした。
これからはアンジとシュナちゃんの母娘のかかわり方、また楽しみに拝見します。
Posted by アンディのママ at 2014年09月10日 21:44
本当に本当にお疲れ様でした。
私にとってもアンジちゃんのお産はものすごく勉強になりました。
いろいろ考える所があり、シーズンを迎えましたが、今回は姫の交配は見送る事に決めました。
Posted by のん姫ママ at 2014年09月11日 07:02
感動をありがとうございました。
階段から見下ろすアンジちゃんの顔は忘れられません。

社会化トレーニング完璧ですね。
ファーの物怖じしない逞しい性格はアンジママさんをはじめたくさんの方々のお力添えの賜物だと思います。

飛行機が完璧でした。
排泄のタイミングもつかみ育てやすい良い仔です。
何より可愛くて愛おしい存在で癒されています。
しかし、甘やかしてはいけないと心を鬼にすべき時期でもあります。
まだまだ飼い主は勉強しなくては!!
ファーが幸せな一生をおくれるように!
お世話になった方々への恩返しのためにも!

これからもアンジママのブログ楽しみにしてます。
Posted by ファーママ at 2014年09月11日 20:32
アンジママさん大変お疲れ様でした。
そして感動をありがとうございました。

寂しいですが、アンジちゃんとシュナちゃんの物語の始まりですね。

また、訪問させていただきます。
Posted by ゆきまるママ at 2014年09月11日 22:29
lieさん

読んでいただいて有難うございました。
アンジの心は読めないけれどこれからまた新しい生活に慣れて行くのだと思います。
アミも復調基調とのこと、過ごしやすくなってもっと元気になってね。
Posted by angiemom at 2014年09月12日 18:48
ミントさん
一緒に見守って下さって有難うございました。 仔犬が旅立った後は泣いてません! 笑
子供がいてもあてにならないし成犬の里親になる選択肢も有りますし、きっと出逢いは有りますよ〜。
Posted by angiemom at 2014年09月12日 19:24
アンディのママさん

コメント有り難うございます。 素晴らしい経験でしたが責任の重さもひしひしと感じました。 これもアンジのことだから出来たのだと思います。 アンジもどんどん変わりつつあるのでこれからが楽しみです。
Posted by angiemom at 2014年09月12日 22:37
のん姫ママさん

夢中でしたが、支えてもらったのでなんとか孫育てを終えました。  環境と準備を万全にして臨んでくださいね。
Posted by angiemom at 2014年09月12日 22:42
ファーママさん

コメント有り難うございます。自分で繁殖しておきながら、何故か天からの授かりものを一時お借りしてお届けしたような気がしています。
アンジは大分落ち着きました。
社会化トレの効果があったのでしたら実践した甲斐がありました。本人にとっても良い事と思います。これからどうぞ末永くファー君と楽しい時間を重ねてくださいませ。
Posted by angiemom at 2014年09月12日 22:52
ゆきまるママさん

有り難うございます。 
新しい物語はもう大分意外な展開を見せています。どうぞお楽しみに??
Posted by angiemom at 2014年09月12日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers