2015年03月30日

クラフツ観戦記 II クラフツのウエスティ

IMG_3527.JPG

クラフツドッグショーのウエスティブリード戦、日本との違いは

ドッグショーが静か(犬の鳴き声が聞こえない)
構成は変わらないが日本の犬より幅がある (運動の違い、食べ物?)
トリミングが違う (日本のように精緻でなく自然)
忍者にならなくてよい(オーナーがショー観戦時に隠れなくてよい)

どうやら日本とは違う文化や習慣がありそうです。

IMG_3213.JPG

たくさんのウエスティを5時間半に渡って見るのも楽しいですが、
周りから聞こえてくるファンシャーのおしゃべりも面白い。

「XX犬舎は嫌いだ、あの人はノットナーイス』
同じ人を指して別の人が
『XXさんとは是非お話してね、いい人だから』

IMG_3510.JPG

観戦中、背広を着て審査員バッグを持った男性と隣り合わせになりました。
男性は後ろにいる人と肩越しに話をしていましたが、急に私の方を向いて

「今、どのクラス?」
わたし(びびりながら)「リミットクラスです」

IMG_3487.JPG

牡のチャンピオンクラスの審査に移ると、その男性がわたしに言いました。
「このクラスはね、あそこの女性か、ふたつ左の男性が勝つよ』

IMG_3507.JPG

そして結果は、その女性が勝ち、二つ左の男性が次席でした。
「どうして?」とは思いましたが理由は聞けませんでした。
結果が発表されるとその男性は席を立ちリングを後にしました。

IMG_3301.JPG

後に隣り合わせになったフランスのブリーダーさん、出陳犬を指差して
「僕のところは今回は勝てないんだ」
わたし 「どうして? わたし日本人あるよ。わからなーい。 教えてあるよ。」
(内情が聞きたかったので外国人ちっくに)
仏ブ 「政治的な理由さ」
もっと聞きたかったけど向こうの英語が上手くなくて分かりませんでした。残念。

IMG_3570.JPG

こちらは10歳の女の子が見事なハンドリングで入賞していました。
どうです、このスタッキング。

140頭もいると途中で集中力も切れ、どれもかっこいい〜、になります。
頭の作り方もそれぞれです。

ショーの勝ち負けの予想より、ウエスが歩いてくるとシャッターを切らずに入られません。
壮観、感激、眼福でございました。

以下、出陳犬の表情をご覧ください。
わんは皆、高揚して歩いているのが分かるでしょうか。

IMG_3536.JPG

IMG_3473.JPG

IMG_3468.JPG

IMG_3430.JPG

IMG_3374.JPG

IMG_3344.JPG

IMG_3185.JPG

日本では、このショーをクラフツと呼ぶ人とクラフトと呼ぶ人に別れます。
現在の英語の発音はクラフツになっています。

もともとはクラフトという人が作ったドッグショーで、「クラフト氏の(ドッグショー)」でしたが
1974年から 's が取れて新ブランドネームはクラフツになりました。
恐らく昔からこのショーを知る人は名残でクラフトと呼び、間違いでもありません。

IMG_3218.JPG

世界のウエスティファンシャーが集結し、熱気と興奮に包まれながら
皆さんとてもオープンで、ウエス事情が体感出来る、クラフツはそういうドッグショーです。
またいつか、いつか機会があったら訪れたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

posted by Angie Mom at 18:03| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フロアがグリーンなのがとてもいいと思います。
日本ではいかがでしょうか?
「自然」という響きがとても魅力的です!
Posted by Mayママ at 2015年03月30日 23:12
Mayママさん

本当ですね〜。日本はまた違った熱気がありますね。
緑のカーペットは良いですね。
クラフツのワントイレは藁が敷いてある広いテントで感動しました。
Posted by angiemom at 2015年04月01日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers