2015年07月21日

ウエスティドッグショー審査員の評

IMG_3600a.jpg

これは今年訪れる事が出来た英クラフツドッグショーの各クラス勝者の写真です。
左から牝の一位、牡の一位、そしてパピークラスで一位になった犬。

この今年の世界最高峰ともいえるウエスティは
居並ぶ130頭以上からどうして勝ったのか、、、

一方で日本でのドッグショー。
日本では出陳数も少ないのでたいていあれよあれよといううちに審査が進み
誰が勝ったのか分からないことも。
まだ勝てばよいものの、どうして負けたか分からず狐につままれたままの事もあります。
勝たなかったからこそ、課題を知りたいものですが
日本のドッグショーでは、まるで禅宗のように自分で考えろと言われているかのようで
素人オーナーにはいまひとつ取り組みにくいです。


先日この写真の審査員の方が、この時の審査の評を公開していました。
あの場所に居合わせたものとしても、また後に動画をみる人にとっても
審査員のロジックを教えてもらえるならば
審査員のひとつの見方を学ぶ上でとてもとても参考になります。

その評は下記のとおり:

牝(BOB)(抄訳);

*********
目の前に現れて皆を圧倒しました。なんと素晴らしい牝犬でしょう。美しいタイプ、完璧な構成バランス、麗しい牝らしい頭と本来のウエスティの表情、素晴らしい首と肩、良い脚、ショートバック、首から身体へと自然なつながりと、尾付きの良さと後脚、リングでの歩容は軽やかでメリハリがあった。 最高のコートは白くダブルで正しい長さ。 リングに入場するなり目を奪われ、触診して期待通りの構成かどうかを確認したかった。 美しい牝でチャンピオンでありかつBOBである。 右の牡のと兄弟と聞いて、こんなに素晴らしい犬を二頭も作出したブリーダーの素晴らしい功績を讃えたい。
*********

この牝は二頭目の牡と同胎兄弟だそうです。 兄弟同士で勝ち並ぶのは珍しいのではないでしょうか。

牡の評(抄訳)

*********
犬を審査するということはいつもブリードタイプやスタンダーズへの準拠度、気質、そして動きが犬種スタンダードに限りなくフィットしているかを見極めるもので、どの犬種の審査員にもたやすいものではありません。 しかしこの(牡クラスで)一位の犬はウエストハイランドホワイトテリアの素晴らしいタイプが完全無欠な状態で予想できる限りの、雪のように白くダブルコートで、剛毛、張り付くようでなおかつ正しい長さであり、男らしい頭、素晴らしい色素、よい骨格、ショートバック、詰まった身体、尾付の良さ、正しい脚の長さ、歩容はストライドも広くリングでの王様のような風格であり、立てば最高の犬種の主張を持つチャンピオンである。

*********

三頭共ブリーダーがハンドリングしているせいか、評は犬の構成、コート、歩容に言及されています。

イギリスのウエスティ界は引き続きその血統から良質のウエスティを作出してその一部が欧米へ輸出され
各国のブリーダーの努力によりさらに繁殖されていく様子がうかがわれます。
私たちの愛犬の祖先も同様の経緯を経て、日本にやってきています。

クラフツに限らずイギリスのドッグショーを観ていると
そこには背景にウエスティを愛するコミュニティの存在があります。

一言で言うと、なんといいましょうか、皆が皆の犬を知っていて
みんなで最高のウエスティを育んでいるような感じが伝わって来ます。

ハンドラー、オーナー、犬舎のみならず、血統の情報は常に共有されていて
良質のウエスティを次世代に残して行く
そんな共通の目標を持つ人たちがいるという
ウエスティ犬の後ろにいる人の厚みをとっても羨ましく思いました。

そしていつかこの写真の犬たちの遺伝子が日本にやってくる日を楽しみに。

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ  <-- お読みいただいて有り難うございます。足跡クリックを! コメントは承認制で反映には時間がかかります。メッセージを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。



posted by Angie Mom at 20:44| Comment(0) | 外国のワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers