2016年02月14日

旅の思い出

image.jpeg

ベルギーで食べたものの中で一番おいしかったのがこれ。
同僚が連れて行ってくれたローカルレストランでしたが、四カ国語に堪能な同僚が
言葉に苦して喉を指し、ベルギーとフランスでしか食べられないといったこの料理。

image.jpeg

下から二番目の料理だったのでとりあえず写真に収めてあとから調べることに。
これは子牛の胸腺だそうです。
白子に少し弾力を加えたような小麦粉をつけて焼いた料理でした。
また食べたいです。

image.jpeg

ベルギーのお土産。
右のフィギャーは古道具屋さんで7ユーロ(1000円)
左はリネンでできた小物入れ。刺繍がしてあります。 


image.jpeg

ベルギーの知人が最近飼ったイングリッシュコッカーのホボ君。


帰りのロンドンでセントジェームスパークを散歩するスコッチテリア二匹。

image.jpeg

ロンドンにて友人から再会を祝して花束をいただきました。

image.jpeg

その頃、東京では、、、

おやつの量を増やせ〜、とダイイン(die-in) 抗議中なワン達ではありません。
ゴロンと待てを皆でやっている図。。
右下はトレ仲間のアンディ君。上アンジ。

アンシュナ 無事におうちに帰って来ました。
旅は帰るところがあるから楽しい。偉大なる日常に感謝。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントは承認制です。 非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

posted by Angie Mom at 21:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers