2016年03月14日

快挙! 2016年のクラフツベストインショーはウエスティ

image.jpeg

昨夜から体調不良で眠れぬ夜を過ごしていたわたしは
明け方に今年のクラフツのファイナルをなんとなく見ていました。

誰かがFBで、「ファイナルに進んでおめでとう、マリー!」というポストを上げていて
あれ、ウエスティがグループ戦で選ばれたのかな、凄いな。と思ってました。
グループ戦は、あの千葉インターのエリクソン氏が審査員でした。

最近はファイナル戦でウエスティがショートリストに残るところを見た記憶がないので
興味深く見入っていました。


このウエスティ CH Burneze Geordie Girlはまだ20ヶ月の牝で
構成、年齢、キャラクターとなんとも魅力のある若い女の子。

テリア戦は同じ日でしたので、朝一番から200頭のウエスティの中を勝ち上がり
グループ戦でも他のテリアを圧さえて勝ったのは初めてだそうです。

ファイナル(午後8時前後)の彼女は、疲れていたのでしょうか、笑っていなかった。
でもその表情もウエスティ、面白くないときは面白くない!と
その表情までチャーミングなんです。
自然なトリミングもとっても良い。
ジャッジの専門犬種はコリーですがそのジャッジにも認められる魅力だったのでしょう。

勝利の瞬間はわたしも自分の耳を疑い、思わず歓喜の声を上げ
ベッドの下で寝ていたアンシュナが驚いて飛び起きました。 

ウエステイのクラフツでのベストインショーはこれまで2回。
26年ぶりの快挙です。

1976 CH Dianthus Buttons
1990 CH Olac Moon Pilot
2016 CH Burneze Geordie Girl

テリアでも花形犬種の筈のウエスティは長く低迷していましたし
お膝元のイギリスでも、ブリーダーさんの顔ぶれは変わらないし
内輪で楽しくやってるファンシャーグループかな、
外から私は勝手に感じていました。

しかし今回の勝者を生んだマリーさんは
イギリスで長くウエスティにコミットしていた常連さんです。
謙虚でプロ的でなくコンパニオンドッグとしてのウエスティを
お母さんと二代に渡ってブリードしてきました。

その地味で絶え間ない努力と執着の結果、
新しいプリンセスが生まれたのでしょうか。

新しいスターと新しい時代の幕開けに、わたしも興奮しています。
まだ消化できないので今日はここまで。
世界中のウエスティファンシャーがお祝いしている中
これからゆっくり味わっていきたいと思います。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントは承認制です。 非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。




posted by Angie Mom at 07:07| Comment(0) | 外国のワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers