2016年06月14日

夏場のウエスティコート管理

ウエスティを初めて飼ったのは6月。
夏を迎えて、すっきり短くしてください、とブリーダーさんに連れて行ったら
『ダメ、短くすると犬は暑いんだ』
と言われました。

しかしなんで暑いのか、は説明してくれなかったので
そんなもんかとだけ思っていました。

image.jpeg
From vetwest.com.au


もともと犬の皮膚は被毛に被われているので人間に比べて角質層が五分の一ぐらい薄いそうです。
皮膚のターンオーバーも人間の28日に比べて犬は20日ほど。
つまり犬の肌は普段コートに護られている分
むやみに短くすると日焼けのダメージが人間より出てしまいます。


出典不明なのですが、FBでどなたかが掲載していた記事にこの解説がありました。

image.jpeg


サマーカットにご用心という内容でした。

ウエスティは寒冷地のダブルコートの犬ですから
今や亜熱帯化地域とも言える日本での管理は気をつけなくてはいけません。

上記の図では、左下のコートが推奨で、
コートを軽くするなら、被毛をを取りオーバーコートは残して肌を紫外線から守り、
良くブラッシングすることで空気の通りを良くすることが
暑さ対策になると説明しています。

IMG_3217.jpg
アンダーコート

右下の例は、コートを短くすると、紫外線の直撃を受け、
空気も必ずしもコートの中を通らない図になっています。

ウエスティのコートの長さは標準では2インチ(5センチ)とされています。
高温多湿の日本でサマーカットにする場合は
背中もおなかも丸刈りにはせず、毛で肌を守れる長さを残して日焼けにご注意ください。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。

posted by Angie Mom at 19:29 | Comment(2) | 統計・参考情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも貴重な情報ありがとうございます。
Posted by ファーママ at 2016年06月15日 22:29
ファーママさん

いえいえ、自分が納得したのでシェアさせてもらいました〜。  
Posted by Angie Mom at 2016年06月16日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg