2017年06月18日

ドッグショーに出るなら

39137856_Unknown.JPG


シュナは今月3歳を迎えます。
2歳から3際は身体的にも精神的にも大人の階段を上った1年でした。
この間、シュナはドッグショーにチャレンジしました。

飼い主が犬と一緒に何かをしたかったのに加えて
愛犬はどういうウエスティなのかという本質を分かりたい思いからでした。

そしてそれはなかなか分かりませんでした。

余談ですがわたしは外国に長く居住していたので
欧米人を見てその人がどんな人かをある程度見分けることが出来ます。
各国の人を数多く見ているので識別のヒントを持っているのです。

ところがウエスティは、日本のドッグショーででなかなかお目にかかれません。
比べようにも出陳数が少なくてひとり旅だったり
たまに相手がいてもタイプも全く違ったり。
また日本のショーでは出陳者が評をもらう文化も機会もないので
愛犬の本質を見知るヒントが見つかりにくいのです。

ショー参戦中、犬のプロ、セミプロの方々からはアドバイスをいただきましたが
どちらかと言うと勝つための戦術だったり、犬の欠点の隠し方だったり、精神論だったりで
探していた答を見つけるには至らず
禅問答のように自分で考えるしかない孤独な時間でもありました。

ところが一方で参考になった経験もありました。
それはブリード専門ジャッジによる審査と短評でした。

2016年のFCI千葉インター。
その前年に訪れた英クラフツで観たウエスティブリード戦の審査員が来日するとのことで
勇気を奮ってシュナを出陳する事に。

この審査員は、その1ヶ月後2016年クラフツでテリアグループ戦の担当でもあり
ベストインショーに輝くウエスティのデボンをグループ一席に選出し
ファイナルに送り出す立役者となります。

IMG_2954.JPG
1歳半当時 まだ身体が細い、、

生憎出張と重なりショーは観に行けず、結果を聞くに留まりました。
果たしてどんな評価だったのか、
当時のシュナの課題は心にかかっていましたが、誰に訊いてもよく分かりませんでした。

その後、春と秋にもショーに出ましたが
リング内で評価やアドバイスを訊ねられる空気ではありませんでした。

外国ではドッグショーの後、審査員が短評を公開したり出陳者にアドバイスをしたりして
犬種の発展を支えています。

後から知ったのですが
日本のドッグショーでも、犬の短評が記録され入手も出来るとのことで
早速取り寄せてみました。

IMG_3826.JPG

そこには当時のジャッジ達によるシュナの評価が記されていました。
興味深かったのは、グッドタイプとかグッドムーブメントとか
勝てたときの短評はたいがい良いことばかりで実は余り参考になりません。

ところがウエスティを専門としているブリードジャッジの短評は違いました。
ベストオブブリード勝者でも、全体評、良いところ、課題、がきちっと書いてありました。
この短評こそが、私の求めていた問いへの答えでした。

チャンピオンだから、あの犬舎だから、良い犬なのではなく
スタンダードに照らして客観的にウエスティを評価出来る人のコメントは何物にも代え難く
この短評はどんな良い色のリボンや盾よりも私にとって宝物となっています。

そしてこの短評こそが、ドッグショーが繁殖と表裏一体で
繁殖者はケンネルブラインドにならないよう犬のクオリティをチェックするために
ドッグショーがあるのだと腑に落ちました。
次世代の繁殖には、交配相手を選ぶ上で、
愛犬と相手の犬の特徴をよく理解しておく必要があるからです。

今春はウエスティのパピーも周りで生まれていて、この秋はショーシーンも賑やかになるかも知れません。
ドッグショーに出るならブリード専門ジャッジを選べ! そして短評で学べ!
これがわたしの拙い経験から申し上げられる、今後のドッグショー参加者へのメッセージです。

Unknown.JPG



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただきましたか? 左ボタンのクリック、有り難うございます。
posted by Angie Mom at 21:46| Comment(2) | ドッグショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
表彰されるシュナちゃん、とても素晴らしく見えますが
当時はまだ細かったのですか。
ショードッグのオーナーさんでも愛犬の評価を知る機会はそれほど多くはないのですね。
私たちもただ「カッコいいね〜」とか「綺麗だね〜」と憧れの目で見るだけでなく
ブリード専門ジャッジの評価や解説を聞きながら
見比べてみたいです。
実物のシュナちゃんにも会ってみたいです&#9825;
Posted by フィオナ at 2017年06月20日 23:24


>フィオナさん
>
ショーはさまざまな楽しみに方があって、わたしは華やかな部分は苦手でしたが出陳のため犬を作って管理する努力を皆さんされているのは頭が下がりました。 勝ち負けとは別に、自分の子を分かるには第三者の評価の場は必要ですが、 ショーには変数がたくさんあるので、やはりブリードジャッジの評価が一番信頼出来ると思います。フィオナ家も楽しみですね〜。
Posted by Angie Mom at 2017年06月24日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers