2018年07月18日

昨夜



読み人知らずの詩


昨夜ベッドのそばに来て
様子をのぞいたら
ママは泣いていて
眠れない様子だったね。

涙をぬぐってたから
そっと鼻を鳴らして言ったよ。
僕だよ、僕はここにいるよ、
元気だよ、ママを置き去りにしていないよ。

朝ごはんの時も横で
ママがお茶を入れているのを見ていたよ
たくさんのことを考えてたね
その手が僕に届いていたよ。

今日はお買い物の店でも一緒だったよ。
腕が疲れていたようだから
荷物を持ってあげたかったよ。
もっと手伝いたかったです。

今日は僕のお墓に来てくれて
とっても優しくしてくれたけど
ちゃんと言っておくけれど
僕はそこにはいません。

毎日一緒におうちに帰るし
ドアの鍵を開けるときは
僕は前足をママの手にそっと添えて
微笑んで、僕だよって言ってるよ。

ママはとっても疲れて
ソファーに沈み込んでたけど
僕はここにいるって
一生懸命伝えようとしていたよ。

僕は毎日こんなに近くにいられる。
確実に一緒にいて
旅立ってなんかいない。

今日、ママはとっても静かに座っていて
そして、やっと、笑った
わかったんだね。
夜の静けさに包まれて、僕が横にいたことを。

一日の終わりには
僕は微笑んで、ママがあくびするのを見て
「おやすみなさい、神のご加護がありますように。
またあした」
って言っているよ。

そしていつか、、その溝を飛び越え
ママの気持ちに整理がつけられそうになったら
急いでママに告げにいく。
その時僕たちは同じ方向を向いて一緒に並びたつんだ。

僕はたくさんたくさんママに外の世界を見せたい。
ママにもっともっと外に出て経験してもらいたい。

だから辛抱強く、ママの人生を歩んでいってください。
僕はおうちでママを待っているから。


LAST NIGHT


I stood by your bed last night,
I came to have a peep.
I could see that you were crying,
You found it hard to sleep.

I whined to you softly
as you brushed away a tear,
"It's me, I haven't left you,
I'm well, I'm fine, I'm here."

I was close to you at breakfast,
I watched you pour the tea,
You were thinking of the many times,
your hands reached down to me.

I was with you at the shops today,
Your arms were getting sore.
I longed to take your parcels,
I wish I could do more.

I was with you at my grave today,
You tend it with such care.
I want to re-assure you,
that I'm not lying there.

I walked with you towards the house,
as you fumbled for your key.
I gently put my paw on you,
I smiled and said " it's me."

You looked so very tired,
and sank into a chair.
I tried so hard to let you know,
that I was standing there.

It's possible for me,
to be so near you everyday.
To say to you with certainty,
"I never went away."

You sat there very quietly,
then smiled, I think you knew...
In the stillness of that evening,
I was very close to you.

The day is over...
I smile and watch you yawning
and say "good-night, God bless,
I'll see you in the morning."

And when the time is right for you
to cross the brief divide,
I'll rush across to greet you
and we'll stand, side by side.

I have so many things to show you,
there is so much for you to see.
Be patient, live your journey out...
then come home to be with me.



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。
posted by Angie Mom at 22:12 | Comment(0) | ウエルネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg