2019年06月23日

シュナは5歳


シュナはめでたく5歳になりました。

5年前の夏至の日に兄弟と共に生まれてきた長女シュナはなかなか産声をあげず
様子を見守っていた私たちはどんどん不安になりました。

獣医の先生が、シュナのマッサージを続ける蘇生チームの看護師さんに、
「頑張るよ〜」と声がけしていたのを聞いてただ事ではないのだなと思い、
1分1秒がとてもとても長く感じられましたのを覚えています。

幸い、その後はl重篤な病気もなく無事に5歳を迎える事が出来ました。


E5A62532-CFF9-4353-A98A-D099E618E092.jpeg

シュナという名前はスコットランドのハイランドにある島の名前です。
前年の夏に、ウエスティの歴史を辿る旅に出て、
あのマルコム大佐の荘園を訪れ、当代のマルコムロビンさんにお話をうかがった事がありました。

その後、アンジっ子の誕生時に、マルコム当代に命名をお願いしたところ
シュナという雌犬が犬舎にいたことにちなんでお名前を決めてくれました。
同胎のファーガスも当時マルコム家にいた犬の名前から来ています。


563C86C6-6422-498E-B8E1-2CC947D30D5D.jpeg

生まれてから自分の母アンジ、飼い主らと、家庭でずっと過ごせるラッキーなワンはそういません。
犬舎で生まれたアンジと違い、人間との共棲が上手で飼い主の事を良く見ています。
何かと飼い主に報告に来たり文句を言います。

同時に恵まれているだけ、警戒心が強くなったり、臆病だったり、そんなシュナも
いつのまにか大人になっていました。

CD272AB3-CC26-4CC6-9940-2AED6E8BDDB7.jpeg

シュナがいてくれるおかげで母親のアンジも寂しくなく良い刺激になっています。

先日ある犬種のブリーダーさんにお話しをうかがっていたところ
その犬種は頭がいいので、飼い主が能力を活かしきれるかが問題だと聴きました。
そんな事考えたこともなかったですが、わたしも心して
まだまだ発展中のシュナのポテンシャルを伸ばせる経験をさせてやりたいと思います。


28438C24-2E75-4FC8-8595-41F4778CF3F0.jpeg

オージービーフをトッピング

この半年、飼い主の仕事が多忙過ぎてなかなかかまってやれないのを反省して
今週末はたくさん向き合ってやりたいと思います。



posted by Angie Mom at 15:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg