2019年11月11日

シンガポールへ


さて一年ぶりにシンガポールへの出張でした。

64486F82-74E1-434A-81F4-492493D2632A.jpeg
ホテル窓からの眺め  あのラッフルズホテル

朝から深夜まで会議が続くので自由時間がない中、
シンガポールと聞くといくつかやりたいことがあります。

シンガポールでこそ購入出来る地元ブランドの麻生地の服や
英系のスーパーでゲットする日用品が決まっているので
昼休みや、夕食前のスキマ時間をぬってダッシュ。

EE452C49-0C71-4F70-BFC5-BA05066364FF.jpeg

そしてシンガポールといえば、チリ、ペッパークラブ
刺身やゆでガニあっさり系の日本のカニと違って
胡椒や唐辛子の利いたカニは珍しく、美味しいです。


C610F3EF-84B7-43D3-BED2-27FDF0F5036D.jpeg

同じくシンガポールにいくと行くのがトルコ料理レストランです。
シンガポールにはイスラム系の料理も多くあり、
中でもわたしは世界で一番好きなホットデザート、クヌフェが食べられます。
味はチーズ系のカリカリ系の生地に蜜がかかっていて香ばしく美味しいです。
日本では食べられません。

03F89515-C733-4DE9-83BF-016B5E40D493.jpeg
ラッフルズホテル正面

こちらの有名なホテルにはロングバーというなバーがあり
シンガポールスリングが有名な飲み物です。

8E02EFE5-41ED-494D-B068-9AC2DFB1B828.jpeg

夕食の後、最後の晩に一杯いただきました。
横には落花生が麻袋に詰められてテーブルにおいてあり、テーブルの下の床には、落花生の殻が無造作に捨てられています。これがこのバーの特徴のようです。


4DCEB616-17D7-44A1-9A2B-F24DC7AE0E49.jpeg

ウエスティ仲間、タイレオルナママさんに作っていただいたステンドグラス。
とっても気に入っています。
ヨーロッパのウエス友達にもお土産として持っていき喜ばれました。
数少ない、わたしのウエスティコレクションです。






posted by Angie Mom at 20:07 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今から20数年前の話ですが、大阪で元恩師に連れていっていただいたお店で、床が落花生の殻でふかふかになっていたことがあり驚きましたが、あれはラッフルズホテルのバーをなぞらえていたのですね!
腑に落ちました、ありがとうございます。
Posted by 涼麻父 at 2019年12月13日 01:47


>涼麻父さん

遅くなりました! すみません。
そうなんですね〜。 わたしも最初はなんでこんなに散らかってるの?と思ってしまいました。シンガポールスタイルなんですね〜。
Posted by Angie Mom at 2019年12月22日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
PitaPata Dog tickers
FEC6F0A2-75DF-4269-A476-BCAE8FCBFF1E.jpeg