2013年02月11日

昨日のアンジ

IMG_7670.jpg
妊婦(未確認)は体温高くて暑いんです


昨日はアンジの5歳の誕生日でした。
本来ならケーキでお祝いとしたいところですが
身重の可能性もあり(未確定)
昨日はぽかぽか陽気の公園で散歩するに止まりました。

IMG_7681.jpg
背中もどっかり


毛が伸びて、もこもこなのか
お腹が大きくてもこもこなのか
いずれにしても、女らしい体の丸みは気のせいでしょうか。

毛が伸びてパパはつんつんとコートをハンドストリップしそうでした。

アンジは食欲もあり、腹部に張りもありますが、実はそんなに大きくなってはいません。
本人は若干大儀そうでゆっくりと散歩しました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後のスケジュール  

第九週目 57日目

巣作りが始まる。
1日3〜5回検温開始
57日  3回
58日  4回
59日  5回 (夜間1回)
60日  毎時、夜は4時間ごと

ワセリンをつけて直腸検温する

P2057600.jpg

飼い主は出張後、ようやく時差ボケが治りました。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーーよろしければ足跡クリックをどうぞ!
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)
posted by Angie Mom at 21:21| Comment(10) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

アンジパパの出産準備

ご訪問有り難うございます。
アンジはもし懐妊していれば、そろそろ妊娠後期に入ります。
あと10日ほどでいよいよレントゲンをかけて最終確認をする予定にしています。

さて妊娠の場合にはいくつか必要なものがあるのですが
その中でも最初に必要なものがあります。


”とうさんが〜、夜なべ〜をして、さんば〜こ作ってくれた〜 ♫〜”

IMG_7637.jpg
産箱

産箱は出産にも使いますが、その後のパピーのおうちにもなります。
ドアが開閉するようにしてもらいました。


IMG_7644.jpg

内側には5センチほど板の出っ張りがあります。
これは母犬が仔犬の上に乗ってしまっても仔犬が自力で這い出せる
避難場所になっています。
電車のホームの下にある避難場所のようなものです。

犬の出産後の事故は決して稀ではないとのことで
このような工夫が施されています。

IMG_7643.jpg
入ってみました。

今回は床の部分はタイルカーペットを敷く仕様にして
軽量化を図っています。

しかし!産箱のドアを開けて出口のスロープは
いまひとつでこぼこで歩きにくそうです。

IMG_7648.jpg

そこでソファー用の厚手のファブリックを張ってみました。
これでなんとなく家具調に。

IMG_7649.jpg

3日ほど夜遅く帰ってから家でトンカンやっていたアンジパパ。
すべてリクエストどおりではないですが、有り難う!
アンジ、使ってくれるかな〜?


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーーよろしければ足跡クリックをどうぞ!
(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)




posted by Angie Mom at 18:19| Comment(8) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

出産準備 スケジュール編

IMG_7624.jpg



ご来訪いただき有り難うございます。


アンジは妊娠の兆候があり、飼い主もにわかに準備が必要になりました。

妊娠中のケアについては、獣医、ブリーダーさん、先輩経験者、有識者のアドバイスに加え

ネットで充実している外国の文献も読めます。

しかし諸説ある場合や解釈の違いもあるので、試行錯誤しながらも
最終的には常識的な判断を飼い主がしなければいけません。


以下は備忘録ですので適宜スルーしてください。
何よりも現在のアンジは、食欲旺盛で普段しない誤飲もするほどお腹が空くようです。
ときどきつわりらしき、ゲホとむせています。
お腹は乳腺が発達しています。
おりものはアンジはすぐなめとってしまうのであまり確認できていません。><
実はここが疑似妊娠かどうかの微妙な点で
すべては予定日前のレントゲン検査で確認することになります。


第5週目 28日から35日


胎児は既に犬の形をして、足、ひげ、爪が生る。

雌雄に別れ、目は開いたり閉じたりと動く。

(親犬の体内では目は開いた形で出来た後、生後10日まで閉じている)

この時期になると胎児は形成期の問題には耐性ができる。


注意事項:

食事の量を少し増やし、少しづつ仔犬用のフードに変えて行く。

朝晩の食事に加え、ランチのヘルシーなスナックと、マルチビタミン、日に卵を半分やる。


第6週目 36日から42日


仔犬は自然な皮膚の色となり、母犬の乳腺は黒く大きく発達。お腹が膨らんでくる。


注意事項:

コテージチーズと卵はやること。マルチビタミンは続けカルシウムはやってはいけない。

フード量を増やす

産箱を作り静かな場所に置いて慣らせそこで寝ることに慣らせる。

産箱を(賑やかな)台所などに移動するのは小型犬の場合は生後3週間半後。

産箱は母親がストレッチできる大きさでドアがついていること。

飛び入り/出る時に仔犬をつぶさないように。

また母親犬に潰されても仔犬が自力で動けるスペースを確保するガードレールをつける。

理想はドアが外せると良い。



第7週目 42日から49日


仔犬は形成整い成長。 母犬のお腹の毛は剃らなければ自然に抜け始める。

 

注意事項:

フードは栄養分のバランスの点から手作りは避ける。 

母犬が食べなくなったら、牛の心臓、レバー、鳥の心臓、などをドッグフードにトップアップする。

激しい遊びやジャンプは止めさせる。 48日から50日を過ぎると仔犬用のフードを止め、

これまでのフードに戻すが、カルシウムの過剰摂取はこの時期、母体に蓄積されるので避ける。

 


第8週目 49日から57日 

 

この時期、お腹のパピーが動くのを外から見ることができる。

この時期から出産は可能となるがあと1週間キープ出来ると仔犬はより健康になる。  

激しい遊びは避ける。

45日を過ぎると乳腺からお乳が出始める犬もいる。


注意事項:

54日から58日の間にレントゲンで、仔犬の数とサイズを確認する。

連携する獣医師に予定日を伝えておく。

お産に必要な道具を用意する。

カルシウム、仔犬用フード、生骨、サーデイーン、コテージチーズ、カルシウム剤はこの週に与えてはいけない。 

この時期ドライフードを食べなくなったら、ウエットフードの缶詰で補完する。

 

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーーよろしければ足跡クリックをどうぞ。

(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)
posted by Angie Mom at 22:42| Comment(4) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

アンジ天使のメッセージ

IMG_7614.jpg

ご来訪有り難うございます。

アンジ、Angieという名前はギリシャ語で天使(神のメッセンジャー)という意味で
飼い主はアンジとの生活で日々いろいろなものをもらっています。

その名に相応しくアンジに天使の羽が生えました!


IMG_7617.jpg


アンジはもしかしたらかわいいパピーをも連れて来るかもしれません...。
予定日前のレントゲン検査まで確定はしませんが
食欲と体重は増え、妊娠の兆候があります。

すべては神のみぞ知る。

もし偽妊娠だったら....
アンコ、その時はダイエットと運動開始するよ〜。

飼い主もアンジの周りの人も楽しみにしていますが、
期待はせず、希望は捨てず
わくわくしながら過ごしています。

アンジ天使は果たしてどんなメッセージをくれるのでしょうか。

パパとわたしはとりあえず出産の準備を進めることにしています。



IMG_7622.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ーーよろしければ足跡クリックをどうぞ。

(現在の設定でコメント反映に時間がかかるようになっています)


posted by Angie Mom at 21:07| Comment(18) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

入ってるかな〜?

P5206101.jpg

ブリーダーさんから、子供を取りなさいと勧められて早2年。
犬生はお産を経てより充実するとは聞いてもピンと来なかったのですが
いろいろと考えた結果、先月アンジを交配しました。

まだ時期早尚で懐妊したかどうかはわかりません。
犬印の人間用妊婦帯もあるぐらいですから、犬は安産のシンボルとされていますが
決してそうではないそうです。

交配しても妊娠に至らないこともありますし
妊娠しても正常に生育しない場合、または分娩できないなど
死産もあれば、生まれてから消える命のことも聞き及びます。

いずれにしても今飼い主が出来る事は
アンジの体調管理に加え、仮の出産スケジュール作りや
パピーの生育度に合わせた環境整備の予定を立てることで

もし懐妊しているとすると
スピード感を持って向こう6ヶ月の準備が必要となり
周りの方に助けていただきながら進めることにしています。

ウエスのバイブルと言われる(わたしが勝手に呼んでいます)
Westies From Head to Tail のブリーデイング章によれば

チャンピオンの雄犬にもなると子供が100匹以上に及びますが、
雌犬が生む子供は一生のうち多くても15匹程度にとどまります。
そして子供は父親を問わず、見た目は母親に似ずとも
子供同士は皆似ている、とありました。

そういえば、アンジの姉妹のテイファちゃんとアンジはそっくりです。

訓練所やお友達も、

『アンジママになるの〜』
『楽しみですね』
『アンちゃん、ポンポン入ってるかな〜』
『アンジ、顔が優しくなった気がする』

など、仔犬が生まれるかも知れないことを
周りも楽しみにしてくださるようで嬉しいです。

我々も、毎日、
『アンジ、赤ちゃん入っているかな〜』


***********

以下は飼い主用の備忘録ですので適宜スルーしてください。 (は確認または運用済み事項)

臨月には
  • 交配日から56日を過ぎたら犬を独りにしてはいけない。短時間外出するときは連れて行く事 
  • 検温を開始する事
  • 最後の2週間、カルシウムや高カロリーのフードは避ける事。カルシウムサプリも止める事 
  • 通常の高品質フードか、ヨーグルト、コテージチーズ、生食の場合は鳥の骨はやってよいが最後の10日間はカルシウムを避けること 
  • カルシウムは仔犬の出産後、または陣痛が来たら子宮収縮促進のためにやってもかまわない 


第一週目

  • 受精:軽度のつわりや性格の変化あり。 出血による陰部の炎症に注意。 犬によってはピンク色のおりものがある。
  • 通常通りのフード 
  • 追加で混ぜてやるのにいいのはグリーントライプを25%ほどの量で 
  • 運動は通常どおり 
  • 獣医の指示なしに投薬はしてはいけない 
  • ノミ/ダニ駆除剤や防虫剤は避ける 
  • ワクチンも避ける事 


第二週目

  • 受精卵は4細胞から64細胞に分裂
  • この時期に胎児は子宮に入る
  • ケアは前週と同じ。


第三週目

  • 18日から20日目に胎児は子宮に着床する
  • ケアは引き続き同じ

第四週目 19日ー27日

  • 獣医の触診で27日から31日の間で妊娠判定可能
  • 胎児は5-10ミリから14-16ミリに成長。顔ができあがり目や背骨ができる
  • この時期が胎児にとって健全な生育するかどうかの臨界点
  • 食事ももっとも気をつけ、農薬や環境化学物質などから守る 
  • 母犬のおりものは透明、無臭。 乳が張り始める 

*注意*
犬種を問わずこの時期アジリテイーなど激しい運動は避けるか量を減らす。 
一日おきにコテージチーズカップ4分の1とスクランブルエッグをやるか、フードにスプーン一杯ほど混ぜるとよい。
マルチビタミンの投与を始める。カルシウムは副甲状腺の働きが低下するので避ける。
  

 P5266137.jpg

 二週目 ーロング散歩しました。 お産に備えるためにも良いそうです。


 


Angiebw.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <ー ご来訪およびいつもclickいただいている皆様有り難うございました。

 



posted by Angie Mom at 19:52| Comment(7) | マザーフッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers