2018年06月11日

無麻酔歯石除去を体験

何を隠そう我が家では毎日ワンの歯磨きをしていません。
せいぜい数日にいっぺんとなっていますが、ワンの場合は2、3日ですぐ歯石になってしまうとか。

そもそも野生動物は生食を食べていれば虫歯になどならないはずですが
加工食品であるカリカリを食べていると歯石がつくのだそうです。

アンシュナの歯石は飼い主が時々スケーラーで取っていますが素人では取りきれなかったり
獣医さんに診てもらっても、炎症を起こしている訳でもないので特に歯石除去を勧められません。

アンジも10歳でこれまでのように麻酔をかけての歯石除去はしたくなく
たとえ麻酔をして歯石を取ってもまた溜まるので
一度無麻酔で取ってもらえないかと思っていました。

となりの区に無麻酔歯石除去をしていただける獣医さんの病院がありましたので体験してみることに。

さて先生との問診が終わり、お預けすることとなりましたら、次の同意書に署名を求められました。

416E9D07-763B-440A-8447-0223C8E035AC.jpeg

気になったのは、「歯石除去は歯周ポケットをケアしなければ、あくまでも美容です」というくだり。

言っている意味は分かりますが、歯石を取ることは美容だけでなく口腔衛生にも良いと思うんですがと物申してみる、、。

処置は20分ほどで午後に迎えに行きました。

EC155569-DB52-4A6B-A8E0-F80A62ED26B7.jpeg
このボードは体重計。

帰りの車中もそれほどストレスであったように見えないアンジ。

5D53734E-AEF4-48C4-95E3-0D19AD33FD3F.jpeg


先生によると、アンジが大人しく歯石はとても綺麗に取れたとのこと。日頃からハンドリングされることに慣れているとこのような時に助かります。
若干の出血もあったので抗生剤の処方もありました。こういう処置はやはり獣医の先生の方が良いかと思います。
アンジは以前、歯茎の炎症があったので、念のため服用しました。
アンジぐらいの軽度の歯石除去であれば、
歯はピカピカ、口臭もなくなったので、本来の目標だった口腔衛生は向上したと思います。

6C8074A3-0EDC-4D70-A36D-236C0147BB92.jpeg

今後はここから維持するために欲しいと思っている歯ブラシがあるのですが
まだゲットできていません。それまで、指サックやコットンパッドで頑張ります。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ! コメント非表示ご希望の方はその旨お書き添えください。

2018年04月22日

オリジンとアカナドッグフード 米で集団訴訟

オリジンもアカナもハイクオリティドッグフードとしてアンシュナもローテーションで食べています。
お値段も安くないですが、健康へのこだわりで選んでいました。

ところが先月、アメリカでこの2つのドッグフードに、
重金属汚染があるのにそれを開示しなかったとして消費者から集団提訴されたニュースがありました。
フード会社が重金属汚染を開示しなかった怠慢を問題としています。

39B8A1F5-8E1D-443F-A656-B79C65F5F100.png

これまでフード選びは、ホール肉やタンパク質の割合、添加物がないなど、成分表でチェックしていましたが開示されていない汚染に関しては調べようもないのが消費者です。
今回はある団体が実験をして出た結果であるそうで、上の表を見るとオリジンの場合は鉛とヒ素の含有量が多いようです。しかしフード会社は米FDAが定める基準内と反論しています。

あるかないか分からない健康被害のリスクからどうしたら身を守れるか、、、

なるべくアンテナを張ってリコールやニュースに気をつけてと思いますが
ネット情報の真偽も定かではありません。ましてや日本語での情報はもっと限られます。


とどのつまり、我々には偏らず色々なフードを摂る事で見えぬリスクを低減させておくことしか出来ないのかもしれません。
フードは当面の間ローテーションして、一方でデトックス方法を考えようと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ お読みいただきありがとうポチ!

2018年01月17日

4年の歳月 Getting Old

今から4年前、アンジが5歳の時に地元の公園で走る動画が出てきました。



爆走、勢いがあります。


そして先週、9歳のアンジに同じ場所で走ってもらいました。



4年の間、(飼い主と共に)少しづつ歳を重ねるアンジは動きも少しゆっくりになりましたが
まだ元気でいてくれて飼い主は幸せです。

今は飼い主と同世代ぐらいかもしれないけれど、これからはゆっくりゆっくり
飼い主を追い越して行かないでね。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!


posted by Angie Mom at 20:28| Comment(0) | ウエルネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ストラバイト収束 ー 終息記

アンジはこの夏、何度か粗相をしました。
粗相といっても自分の特定のベッドにおしっこをしてしまうのです。
避妊手術後に尿道疾患で知らずとおもらしをすることもあると聞いていましたので
原因を探るべくアンジを病院に連れて行きました。


灯りを落とした診察室で膀胱を超音波検査で見せてもらった時
キラキラ光るものが見えました。
そういえばおうちのトイレトレーにも時々銀色の粒子のようなものが
あったのを思い出しました。

そして尿検査の結果
 ー 尿にストラバイトが出ている
 ー 若干の細菌炎症も見受けられる
 ー 尿のPHが9を越えてアルカリになっていた

そこでまずストラバイトの原因となる炎症を抗生剤の投与で消炎することに。
同時に尿のPHバランスを戻すために療法食も薦められました。

ストラバイトに関しては、巷をネット検索しても同様の対処方が出ています。
友人の経験談などを参考にしながら次を試みました。
  加水(フードに御湯を加える等)して排泄を促す
  サプリメント(クランベリー)と強めのプロバイオティクスを摂取させる
  毎日一定の時間(朝一番)の尿のPHを測る

先の北米出張で購入したサプリを早速使ってみました。

080BE0DC-2DB8-4201-A9C3-B857EB3AB96D.jpeg

同時にリトマス試験紙で毎朝一番の尿を測定しました。

F98D082F-5AAD-47F5-9FD0-B721EA6702CF.jpeg

抗生剤が効いたのか、尿のPHバランスは家では6−7で安定していました。

そして1ヶ月後の今日、再び検尿結果は
ストラバイト  クリア
細菌      クリア
PH       5.5
と正常の範囲に戻っていました。
ストラバイトが出来る原発(尿路炎症)を治療する方針が正しかったようです。

今回ストラバイト関連の管理で一番参考になったのはたまたま知り合いが書いていた記事でした。
病院にはそれとなく療法食を避けたい旨をお伝えして
今回は普通食で様子を見る事で治癒に至りました。

先月北米のペットストアを覗いてサプリメントが充実しているのに驚きました。
もっとも北米は人間もサプリメントを多用する国です。
知人の話によると北米のペット医療費は日本より高いので
人もペットも日頃からサプリなどの予防的に健康管理をする人が多いとか。

予防的管理だけでは処置できない病気や炎症は、病院にお世話にならなければいけませんが
アンジのような例もあるとどなたかの参考になれば幸いです。

5ACE86A4-EF69-4158-AB71-192C59C74EAE.jpeg
わたしは元気です

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!

posted by Angie Mom at 12:12| Comment(0) | ウエルネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

アンジ回復

image.jpeg
夜中のオリンピック観戦

短い夏休みは、山の家で
連日の温泉、夜中のオリンピック観戦、散歩、アンジの静養で終わりました。


image.jpeg
シュナとアンジ ボサです

アンジの術後の投薬が終わりました。
発症、検査、手術、退院、養生を経て、ようやく以前の生活に戻れそうです。
この間、シュナも不調のアンジに付き合わせてつまらなかったと思います。
あまり面倒もみてやれませんでした。


image.jpeg


アンジは病気の発症から数日にして口周りが真っ赤にやけましたが
少しづつ改善の気配が見えます。

朝晩の散歩強化と、公園での階段の上り下りのリハビリで
術後頼りなかった脚の筋肉も硬くなり
上れなくなっていたソファにもあがれるようになりました。
ドッグウオークの下りも踏ん張れるようになったと聞きました。
頭蓋骨にも脂肪がついてゴツゴツしなくなりました。

病気を経て甘やかしたせいか、アンジはちょっと頑固になりました。
短頭種系のわんに吠えかかる、留守番に文句を言う、など
以前には見られなかった反応があります。
これも一時的なことなのかもしれません。
何れにしてもこの秋は、2人と健康で楽しく過ごしたいと思います。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- お読みいただき左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。







続きを読む
posted by Angie Mom at 20:28| Comment(0) | ウエルネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers