2017年03月06日

春のお出かけ

IMG_2783.JPG

出る出るっていうから出したのに、閉めると入る入るっていうひとたち。

週末アンシュナは久しぶりに同窓会に行きました。

IMG_1505.JPG
みんな2世代で旧知の仲

砂浜の運動で体力を測ります。
たまに会う人は、客観的に意見をくれるので参考になります。
非日常でとても楽しかった。

IMG_1508.JPG

ジュニア達は遊びます。 シニアはまったり。

そして

IMG_2789.JPG

キッシュとオリーブとバゲットと生ハムサラダとフルーツヨーグルトとコーヒーを持って
この春初のピクニックにも行きました。
パパはアンジとテントで昼寝。シュナは獲物探し。

IMG_2832.JPG

これまで遥から眺めるばかりで行ったことのない土手を上がてみたら、向こうは大きな川でした。

おまけ

IMG_2752.JPG
2017年 ウエストミンスター

写真お借りしました。
今週は英クラフツもあります。
今年のウエスティブリード戦のジャッジはウエスティ界には関わりの薄い方とのことで
トップスターを輩出した昨年から比べて、勝敗の行方が分かりません。
出陳犬全員にエールを送ります。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。





続きを読む
posted by Angie Mom at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

週末はケネルワーク

IMG_2748.JPG
誕生日前に届いたブーケ 週末でないと楽しめないものね。パパ有難う。

ケネルワークとは、ブリーダーが、犬舎(ケネル)の毎日のメンテナンスと
犬達の管理、世話をすることです。
犬は運動、給餌、テリアの場合はコート管理、健康管理を仕事として行います。

アンジ家も仕事や私事で週中は超多忙でしたので、
ブリーダーではないけれどこの週末はしっかりケネルワークをする事に。

まずは出張中、犬の口腔ケアが出来なかったのでスケーラーを使って歯石取り。
アンジは一所懸命ガマンして偉かった。シュナはイヤイヤ〜。
時間かかりますがうまく取れると快感、口臭も無くなります。

IMG_2744.JPG

連日、ドッグラン、オープンスペース、自然路の散歩で、さまざまな運動とゲーム、オフリード。

IMG_2741.JPG
散歩大好き〜 ボールも鳩も追っかけます。

運動後はヘトヘトなるも、自宅に戻りアンジのプラッキング。
ちょっとナイフワークするだけで薄汚れていたコートが綺麗になっていくのは嬉しいものです。

IMG_2729.JPG

一方シュナは先週トリミングに行って
ガッツリフラットワーク(胸の部分を地肌が見えるほど短くプラッキング)しました。

そして、犬の朝ごはん用のトッピング作り。
昨年11月から増進していたシュナ食欲に陰りが見えるので作り置きしておきます。
加えてディハイドレーターで大好きなササミジャーキーも作りました。好評なhigh value treats
(高価値おやつ)です。

犬のべディング類、合羽、飼い主の散歩用服も大洗濯。
週末終わり、飼い主ヘトヘト、犬もぐったり。

さあ、来週は仕事は引き続き3末前の雪崩状態、私事も大切な御用がありますので
体力が持ち、事故なく、病にならず過ごせますように。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。




続きを読む
posted by Angie Mom at 21:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

欧州土産

IMG_2707.JPG

あっと言う間にアンシュナの生活も二年半になりました。(先月の写真です)
母親と暮らす娘はいつまでも子供ですが、同時に群れの意識が強くなり
一人の時、アンジと居る時、飼い主も一緒の時で、
行動と反応が違うのも自然と言えば自然。

飼い主の出張で、家族にベルギーのチョコレートを買うでもなく
イギリスで紅茶を買う気力もなかった飼い主ですが
アンシュナの土産だけは買いました。

IMG_2689.JPG

そして久しぶりにウエスティの本も買いました。
一冊はイギリスのブリーダーさんが書いた本、
もう一冊は1976年にウエスティをクラフツベストインショーにしたハンドラーさんが書いたもので、
アンシュナのお友達のペディグリーに出てくる先祖も出ています。

最初の本には、理想的な飼い主という章があったので見てみると
ウエスティは刺激や運動が必須で一日ほっておいてはいけない、とありました。汗汗
アンシュナは長時間のお留守番犬で申し訳ない。せめて一日二回の散歩だけは死守するよ。

写真のボールはちょっと小さめでくわえやすいものです。
逆にぬいぐるみは大きくて簡単には音が出ません。 音が出た時に達成感があるかなと思って。
これに加えて、アンジとお揃いのタータンチェックコートも買いました。 (写真なし)


IMG_2711.JPG

今週末はべったりと2ワンと過ごしました。
おうちトリミングして、がっつり歯磨きして、おしりを絞って、ベッド類や合羽も洗いました。

散歩では公園の土手を砂埃を上げて駆け上り下りする筋トレして
ニオニオも沢山して能を刺激して
久しぶりの公園でケアンのももちゃんと会って
大きな川を見おろす神社にも行って
アンシュナも楽しかったといいな。


IMG_2713.JPG

今年は飼い主を取り巻く仕事と生活環境に変化がありちとアップアップです。
誰もみんなそういう年回りがありますよね。

これまでアンシュナはわたしが世話して守るものとの意識を持ってましたが
最近はわたしが助けられていると思います。

引き続き謙虚に、真面目に、
アンシュナ、パパ、家族一丸となって今年を乗り切ろう!


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。



続きを読む
posted by Angie Mom at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ウエスティウイークエンド

IMG_2534.JPG

誰かに似てますね。 
このストップ、マズルの太さ。目は少し大きく描かれていてかわいい表情です。
誰を見てる視線でしょうか。


IMG_2535.JPG

飛行機の乗り継ぎで待ち時間に免税ショップをみていたら
こんなかわいいバッグがありました。若い女性が持つと似合うかな。
機内免税ショップでもウエスティ時計がありました。

毎年この時期の欧州出張に出ています。
今年はわたしの方位のめぐりがよくないとのことで、気をつけていても小さなアクシデントが続きます。

そんなときの旅は仕事とはいえちょっと不安ですが
お守りをいただいたり、お祓いもしてもらったので
あとは気をつけて行ってきます。

仕事の前のウエスティウイークエンドは何が待っているのかな。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。









posted by Angie Mom at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

アンジと夜散歩 エンパワーメントの試み

IMG_1381.JPG

来月9歳になるアンジとの毎日の散歩は体力維持を目的としていますが
本人にとってはニオイ取りの楽しい時間にもなっています。
しかしこれが高じると自分ペースでしか歩かなくなり
それにつきあっていると、「老犬ですか」、と聞かれたりするほど歩みが鈍いので
なんとか楽しい運動の機会にもしたいと思っていました。

そんな時に読んだこの記事

古く犬の訓練は叱りながら服従を基本としてなされてきましたが、段々褒めてしつける手法に
変わってきました。
一方で犬が置かれる環境は、昔は緩くて田舎では朝晩は放し飼いで自由だったり
純血種においては、狩りや害獣駆除などの作業をしていたのが
現在犬は失業し、生活は窮屈になり、外界から隔離され、外出する時間も限られ
朝起きてから夜寝るまで飼い主の期待通りに動き、排泄の場所も決められ、オフリードはなく
ほかの犬との遊ぶ機会もない。自由時間は人間が決めるスタンダードでのよい行動を期待される
というもの。

現在の犬は、世の中の何事が起きても自分でコントロールできるものは何もなくなっています。

ドクターフリードマンは、犬が自分の行動を自ら選ぶ裁量(エンパワーメントされる)が
健全な行動学の礎であると説いています。
多くの問題行動の原因は選択の自由がないことに起因するので
押さえつけることなく選択の自由を与えることの大切さが見直されている
と言う内容でした。

我が身に振り返って考えると、アンジはとても従順で落ち着いて、まさに自由のない犬です。
アンジにとってのリード散歩は、飼い主に引き回されついていく
ニオイ取りだけがささやかな楽しみです。

そこで自由や選択など、ない事に慣れているアンジに、エンパワーメントを試みようと
ある晩、丑三つ刻の誰もいない公園でアンジのリードを放してみることにしました。
通常アンジは散歩の途中にリードが外れると、飼い主を凝視したまま立ち止まります。
次のコマンドを待つのです。

しかし今回、リードが外れるのでなく、積極的に放してやると
自分で行動を選べる事に気がついて、その表情は緊まり、目は輝き、頭がフル回転して
匂いたい、でも飼い主についてもいかなければいけない、
もしくは、ついていっていれば、したい事も出来るかも?
どうしよう、と考えているようでした。

遅れれば走って追いつき、選択出来る自由さに
耳と鼻はフル回転、歩様のキレもあり、自分の裁量を楽しんでいました。
それはあきらかに、引かれるだけのリード散歩とは違って
心身共に良い刺激となり、飼い主とも向き合えて、エンパワーメント、成功です。
(しかしこれはアンジの場合の試みですで、すべての愛犬の
エンパワーメントがオフリードではありませんので悪しからず。)

アンジ地方ではアンジのようにCD3(家庭犬訓練試験 III)を取得済みでも
オフリード散歩は出来ません。
一方でドッグランは擬似スペースですからそこで放しても匂い取りをするだけで
それはアンジにとっての選択が拡がる訳ではありません。

この限られた環境で、犬にどうやってエンパワーメントの機会と喜びを与えるのか
飼い主の工夫は続きます。

次回はシュナの散歩。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ <-- 左ボタンをクリック、有り難う! 
コメントを非表示にされたい方はその旨お書き添えくださいね。




posted by Angie Mom at 08:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers