2018年02月18日

出張のお土産

EC17876A-EFDB-4003-B9EE-2C4368F4EE14.jpeg
出張みやげの数々

2EF30DAA-173C-4688-929C-9F733346E147.jpeg
こちらはタペストリー。 ショー会場で成り行きで買ってしまいまして。

D0D440DA-3729-4C61-965D-EE2E9D38B440.jpeg
こちらはソルトアンドペッパーシェイカー。 他犬種もいっぱいありました。

489E34D8-0F99-4B26-B42B-B5E81E96B509.jpeg
前から欲しかった犬の知育おもちゃ
この輪の中におやつを隠して、嗅覚で探させます。

0C0AD43C-A903-4745-A5EE-2E5EA629E062.jpeg

その他にも、薦められた犬のコート用のサプリや、チョークブラシ
犬と関係ないものとしては、飼い主はハーブ用の三日月型包丁などを買いました。

おまけ

1F6D8C1A-1F6C-428F-9AA8-BEF039ED347A.jpeg

ロンドン パディントン駅のパディントンベア

あとロンドンのデパートハロッズは、昨年の犬の生体販売にかかる法律の改正により
生体販売を止めていました。イギリスは動物愛護に向けて確実に前進していました。



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!

2017年12月30日

年末の旅

68CCD6C2-DD0B-4035-9436-A232E67D156F.jpeg

一年最後の数日は毎年アンシュナを置いて旅に出ています。
旅先で風景画の巨匠ターナーの美術展を訪れる事が出来ました。 一連の絵を鑑賞したあと、高台の美術館から見下ろす風景も曇りでターナーチックに思えます。

F90EEFB6-7A1D-476C-9728-A1141C34E705.jpeg

街では正月のお飾りを売っていました。
東京では見ることのないお飾りで珍しかったです。

717658C4-0725-4FB0-B1C6-13BD8E252133.jpeg

二日目の夜は下関にふく料理を食べに。50年営業している料亭でいただいたふくは
身が厚くて普段食べ慣れているのと違います。

2EE56BB8-EE9D-4F94-BF39-152FFA886DB5.jpeg

滅多にいただきませんが白子も美味でコレステロールのことなど忘れてしまう美味しさ。

5A8C454B-7DD4-4A50-A5D5-0F077F5DFE59.jpeg

3日目は昨年行けなかった山口の角島へ。昨年末は雨でした。
これは150億円かけて作った橋で、沖縄の古宇利島の橋を思い出させます。 走行無料。

9831393B-EA04-47DE-88A5-42BFB50F3766.jpeg

山口と言えば瓦そばもしっかり食べました。

718361A3-5A4F-423F-AA74-CA8D729238E5.jpeg
アンシュナも明日はおうちにかえり皆でお正月を迎えます。

今年、飼い主は用心の年でした。

気をつけていても例年にない事件やアクシデントに数多く見舞われました。
仕事は激務となり、叶わない事、親族の不幸や自らの怪我もありました。
幸い落ち込むこともなく平常心で受け入れる事が出来たのは
今思えばアンシュナとの日常に支えられていたからのような気がします。

長い留守番も、怠慢マンネリの散歩も、歯磨き忘れもありましたが
アンジは安定の歳を重ね、シュナは心身共に充実期となりました。
ふたりとも元気で大過なく過ごす事が出来、飼主との絆も深まった一年でした。

来年はどんな年になるのかわかりませんが、
一日一日を大事にまた日常を積み重ねていきたいと思います。
今年も拙いアンシュナブログを読んでいただきありがとうございました。
皆さまもご家族と愛犬と良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへポチ!




posted by Angie Mom at 21:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アメリカのペットストア事情

先の出張の帰りにアメリカに立ち寄り、30年来の友人に会いに行きました。

8125D7FD-EC4D-4E65-B6BE-DF5671B11E1F.jpeg

ニューヨーク州の隣のニュージャージー州に居を構えて早20年ぐらいでしょうか。
彼女もイギリスで長く暮らしたのでお家の内装はイギリス的なテーストになっています。

2B563E9C-9443-44D2-AC2F-2AD0456AD7B3.jpeg
ジョージ(手前)とメリーは同胎兄弟です。

最近犬を飼ったと聞いていましたがやはりイギリス犬種でした。

9年ぶりに自宅にお邪魔しただけでなく、週末にはハンプトンズにある別荘に連れて行ってくれました。

88169522-ADE4-4E95-BFB3-7FD1A334D8E5.jpeg


ハンプトンはニューヨークシティー近郊の富裕層の別荘地として有名な場所で
わたしも大昔に行ったことがありました。

6356374E-C65F-4296-A89D-C1E47109F081.jpeg


どの家も高いヘッジに囲まれて数億から十数億する広大な敷地です。 
小説の華麗なるギャツビーの舞台にもなったところ。
素敵なところでしたが、このような浮世離れした別世界を見るにつけ、
アメリカの富の偏在を見せつけられているようで少々複雑な思いがしました。


470FE68C-9917-46FB-8635-D16CFE02A7C5.jpeg

ここは有名なクーパーズビーチ。 
平日の昼間であまり人はいませんでしたが美しい砂浜が続いていました。
こんなところをノーリード愛犬と散歩出来たらどんなに良いでしょう。

F0A362FC-3A88-4DA8-9AF6-0F36B3EC1CAA.jpeg

プール付きの別荘は5ベッドルームある大きなおうちでした。

さてニュージャージー州に戻って、彼女が地元のペットストアに連れて行ってくれました。
大きなモールの一角にホームセンターのような店があります。


13E1B97D-84DB-4306-A27B-BEC6133CB7BB.jpeg

お店には2か所の生体取り扱いセクションがありました。
ひとつは保護犬を陳列して里親を募集するセクションです。

56713F1C-FABB-4235-BE0E-96063C58C75C.jpeg


ここで保護犬が引き取り手を待っています。 いくつかのワンがon hold 予約済みでした。

79006B64-A85A-44E1-AA63-E5C27404A10C.jpeg

話には聞いていましたが、このような大手のペットストアで保護犬にかなりのスペースを割いていて驚きました。
お店には犬を飼いたいという人が子供らと熱心に見に来ていました。

そして店の一番奥に入っていくともう一つの生体販売セクションがあります。

EA1D87BA-EAEB-4525-8EBC-217816C7A58C.jpeg


こちらは通常の子犬の生体販売になっています。なんだかこちらの方が、無機質なインテリアで
寒々しく感じました。

幸いウエスティ はいませんでしたが、良い感じのスコッチのパピーがいました。


A67838E8-BF8F-4FB4-919D-9FC8106761DA.jpeg

どの国でも、このようなショーケースの中にいる犬達は可哀想に思えてなりません。
できるだけ短い時間でよい家庭に引き取られることを願わざるを得ません。

少なくともお客さんは自分の考えに合わせて保護犬か子犬かを選ぶことが出来ますし
店としてはペットフードやグッズの販売につながるので成り立つビジネスのようです。

スペースの問題はあるにせよ日本の大型流通店でもこういった取組が進んで欲しいと思います。

DAD27A46-8272-487A-A3D1-387CCA4174BD.jpeg
帰りに古巣のニューヨークシティにも寄りました。
ここでも会いたい人に逢えて良い休暇になりました。





posted by Angie Mom at 12:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

トロントのペットショップ事情

IMG_4796.PNG

トロントは何回か来ていますが、出張中の小さな楽しみは
滞在先のワンやペットショップ事情を垣間見ることです。

上の写真は、トロント市内のある一画にあるペットショップマップ。
こんなに密度高くショップがあるのは、それなりの数のペットがいるからと思われます。

仕事中はほとんど外出の時間がありませんが
それでも仕事先から1キロ以内のショップを覗いて見ました。

LRG_DSC00081.jpeg

ここはファッショナブルなアイテムが中心

LRG_DSC00066.jpeg

ここではとても質の高いハーネスを売っていて欲しかったけど試着がベターと思い断念。
生食やヘルシーなおやつも売っています。

LRG_DSC00064.jpeg

ここはフード中心に安く買える良心的なところでした。

LRG_DSC00061.jpeg

ここは小型犬に服着せる類のお店です。

LRG_DSC00110.jpeg

総じて、フードや生食、自家製おやつ、サプリメントが充実していて
リードやアクセサリーなどはそれほどおしゃれではありませんでした。
フードの価格は日本より安かったです。
お陰で普段手が出ないフードやサプリも試せます。

あと面白かったのは、お店の名前が必ずペットやpawポーなどのワードが
入っていた事です。 これは検索する方からするととてもイメージが湧きやすいネーミング。
日本も、ワンとか入っている場合がありますね。
束の間の楽しい息抜きでした。










posted by Angie Mom at 07:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

お母さんは仕事に行ってしまいました。

40483632_Unknown.JPG

毎日雨でつまんないですね。
お母さんは出張に行ってしまいました。
アンシュナはお留守番です。

IMG_4777.JPG

今度は旅程が長いので成田空港で出発前にで最後の日本食を食べておきました。

IMG_4783.JPG

行き先はトロントですが、悪名高きシカゴ乗り換え。
なんとか入国出来たものの
この日は悪天候で、クルーが到着せず、遅延に遅延を重ね、日付けが変わる前にキャンセルとなってしまい、

IMG_4785.JPG

トムハンクスの映画、ターミナルを自前で経験することとなりました。

夜中はエアラインラウンジも閉まりますし、朝5時にはセキュリティのおじさんが
ベッドを撤収にやってきます。

夜中ですが体内時計は昼間なのでわたしはずっと起きていました。
同じ会議に出席する他国の方々と一緒に濃密な時間を過ごし
とても親しくなりました。


LRG_DSC00039.jpeg

44時間かかって到着して達成感です。
周りの搭乗者とも身の上話をしながら過ごして半分は楽しかったです。 休暇からの帰国、親戚の葬式、ビジネス出張、多くの人が初めての体験でした。翌日は、ボストン経由、ニューヨーク経由、インディアナポリス経由、と迂回して旅立った人、我慢強くスタンバイで乗った人、みんな無事にトロントに着けたかな。 トロントは暖かく快晴で迎えてくれました。


LRG_DSC00080.jpeg

6年ぶりのCNタワー

LRG_DSC00091.jpeg
旅は続きます。





posted by Angie Mom at 21:11| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PitaPata Dog tickers